ライン

発表文献

ライン

研究発表一覧

著書


著者氏名; “著書名(題名,ページ)”, 出版社, 出版社所在地, 発行年月
鈴森康一;“ロボット機構学”,コロナ社,東京,2004.4
アクチュエータシステム技術企画委員会編(鈴森 康一 他15名);“アクチュエータ工学”,養賢堂,東京,2004.12
日本機械学会・日本産業技術教育学会編(鈴森康一 他10名);“こんなものまでつくれるの?”,技報堂出版,東京,2006.10
鈴森康一他45名;“マイクロマシン技術”,シーエムシー出版,東京,2007.2
(社)日本ロボット学会監修・オーム社編(鈴森康一,神田岳文,脇元修一 他);“ロボット研究者からのメッセージ”,オーム社,東京,2007.7
鈴森康一 他;“最新 機械機器要素技術(2.9.5 ラバーアクチュエータ,pp.195-198)”,(有)エヌジーティー,東京,2008.6
日本機械学会編(企画・編集:鈴森康一 他11名,執筆者:鈴森康一 他60名);“機械工学便覧 応用システム編 γ7 メカトロニクス・ロボティクス(6・2・2 マイクロメカトロニクス機器,pp.γ7-208~211)”,社団法人 日本機械学会,東京,2008.11
Naomi Kato, Yoshito Ando, Ariyoshi Tomokazu, Hiroyoshi Suzuki, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda and Satoshi Endo;“Bio-mechanisms of Swimming and Flying”, Elastic Pectoral Fin Actuators for Biomimetic Underwater Vehicles, Springer, London, pp271-282, 2008.1
Satoshi Tadokoro, Fumitoshi Matsuno, Hajime Asama, Masahiko Onosato, Koichi Osuka, Tomoharu Doi, Hiroaki Nakanishi, Itsuki Noda, Koichi Suzumori, Toshi Takamori, Takashi Tsubouchi, Yasuyoshi Yokokohji and Mika Murata;“An Overview of the DDT Project”, Rescue Robotics -DDT Project on Robots and Systems for Urban Search and Rescue, Springer, London, pp.17-31, 2009.4
Koichi Osuka, Tomoharu Doi, Satoshi Tadokoro, Naoji Shiroma, Takashi Tsubouchi, Hideyuki Tsukagoshi, Shigeo Hirose, Fumitoshi Matsuno, Takumi Hashizume, Masamitsu Kurisu, Hiroyuki Kuwahara, Toshi Takamori, Yasuyoshi Yokokohji, Shugen Ma, Tatsuo Arai and Koichi Suzumori;“In-Rubble Robot System for USAR Under Debris”, Rescue Robotics -DDT Project on Robots and Systems for Urban Search and Rescue, Springer, London, pp.71-103, 2009.4
Springer(Editors : Toshiro Higuchi, Koichi Suzumori, Satoshi Tadokoro);“Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs”, Springer, London, 2010.1
Koichi SUZUMORI and Shuichi WAKIMOTO;“Intelligent Actuators for Mechatronics with Multi-Degrees of Freedom -Making Mechatronic Systems Simple, Smart and Reliable-”, Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, Springer, London, pp.165-176, 2010.1
Takefumi KANDA;“Micro Actuator System for Narrow Spaces Under Specific Environment”, Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, Springer, London, pp.375-385, 2010.1
一般社団法人 日本ロボット学会編(鈴森康一 他72名);“ロボットテクノロジー(4編7章 マイクロアクチュエータ,pp. 194-197)”,株式会社オーム社,東京,2011.8.30
岡山大学アクチュエータ研究センター編(鈴森康一,神田岳文,脇元修一 他26名);“Actuator アクチュエータが未来を創る(第1章 アクチュエータとは何か? pp. 1~11 ,第2章 2.1.1 セラミックス pp. 13~21,2.1.3 形状記憶合金 pp.25~29,第3章 3.1 固体アクチュエータ pp.93~99,3.2 流体アクチュエータ pp. 100~106,第4章 4.2 先端科学機器 pp.129~134,第5章 5.5 内視鏡誘導アクチュエータ pp.212~215,第6章 6.2 アクチュエータの将来展望 pp.228~236)”,産業図書株式会社,東京,2011.11.15
鈴森康一,神田岳文 他80名(監修 樋口俊郎,大岡昌博);“アクチュエータ 研究開発の最前線(第1編・第4章 空気圧アクチュエータ pp. 53-60,第2編・第3章・第1節 多自由度メカトロニクス用インテリジェントアクチュエータの研究 pp.267-272,第2編・第5章・第3節 円筒型マイクロ超音波モータとその特殊環境応用 pp.474-477)”,株式会社エヌ・ティー・エス,東京,2011.8.8
鈴森康一 他87名 (一般社団法人 日本機会学会編);“機械実用便覧(第12章 12・4 電子回路,12・5 アクチュエータ,12・6 センサ,pp. 983-1008),一般社団法人 日本機械学会,東京,2011.12.15
鈴森康一;“ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか”,講談社ブルーバックス,東京,2012.4.20
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori;“Intelligent Pneumatic Actuators(IPA) and its application”, Lap Lambert Academic Publishing, Germany Saarbrücken, July.2012
鈴森康一 他93名;“新製品開発における軽薄短小化への新技術(第1章 「モバイル・電子機器用電子部品」の軽薄短小化技術 第15節 小型/マイクロアクチュエータの研究開発動向と応用技術 pp.108~113)”,株式会社 技術情報協会,東京,2012.10.31
神田岳文,脇元修一 他77名;“パワーアシスト・ロボットに関する材料、電子機器、制御と実用化、その最新技術(第2章第11節 空気圧ソフトアクチュエータの医療応用 pp.183-191,第4章第1節 極低温環境用超音波モータの開発、ロボット分野への応用 pp. 262-268)”,株式会社技術情報協会,東京,2015.4.10.
脇元修一 他51名;“ソフトアクチュエータの材料・構成・応用技術(第2部第6章第1節 空気圧ソフトアクチュエータの医療検査機器への応用 pp.1211-218)”,S&T出版株式会社,東京,2016.11.8

掲載論文


著者氏名; “題名”, 掲載雑誌名,巻数, 号数, ページ数(pp. 1- 2), 発行年月.
Takefumi Kanda, Yutaka Kobayashi, Minoru Kuribayashi Kurosawa and Toshiro Higuchi;“Vibration Velocity Limitation of Transducer Using Titanium-Based Hydrothermal Lead Zirconate Titanate Thick Film”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.42, No.5B, pp.3014-3019, May 2003
Koichi SUZUMORI, Masanori TAKATA, Shuichi WAKIMOTO;“Development of Joints for Power Microrobot for Searching inside Debris”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.15, No.5, pp.555-560, (2003-10).
鈴森康一,吉川雅博;“自己保持形マイクロリニア電磁ソレノイドの設計”,日本機械学会論文集(C編),69巻,688号,pp.276-281, (2003-12).
Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Masanori Takata, and Jun Nakajima;“In-Pipe Inspection Micro Robot Adaptable to Changes in Pipe Diameter”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.15, No.6, pp.609-615, (2003-12).
Koichi Suzumori, Takashi Nagata, Takefumi Kanda, Kazuo Uzuka, and Isao Enomoto;“Development of Electromagnetic Nutation Motor (Electromagnetic Investigation)”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.16, No.3, pp.327-332, (2004-6)
Jumpei OCHI, Koichi SUZUMORI, Junichi TANAKA, Takefumi KANDA, Development of Active Links for Physical Man-Machine Interaction, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.17, No.3, pp.293-301, (2005-6)
脇元修一, 鈴森康一, 神田岳文;“インテリジェントMcKibben型アクチュエータの開発(第1報;柔軟変位センサの内臓による位置サーボ系の実現)”,日本機械学会論文集(C 編),Vol.71,No.709,pp.88-94,2005-9)
鈴森康一,古澤宏明,神田岳文,山田嘉昭,永田卓志;“電磁アクチュエータ一体型マイクロリニアポンプ”,電気学会論文誌E センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol.125,No.12,pp461-466,(2005-12)
鈴森康一,永田卓志,神田岳文,阪田祐作,武藤明徳;“触媒粒子攪拌機構によるマイクロリアクタ内化学反応促進”,電気学会論文誌E センサ・マイクロマシン準部門誌,Vol.125,No.12,pp467-471,(2005-12)
Takefumi Kanda, Akira Makino, Tomohisa Ono, Koichi Suzumori, Takeshi Morita, Minoru Kuribayashi Kurosawa;“A micro ultrasonic motor using a micro-machined cylindrical bulk PZT Transducer”,Sensors and Actuators A,Vol.127,pp.131-138,(2006-2)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文;“生物を模索した水陸両用柔軟索状ロボット”,日本機械学会論文集(C編),Vol.72,No.714,pp.171-177,(2006-2)
越智淳平,鈴森康一,神田岳文;“フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の開発”,日本ロボット学会誌,Vol.24,No.2,pp.102-108,(2006-3)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一;“ニューテーションモータの開発(第1報 空圧ニューテーションモータの動作原理と基本特性)”,日本機械学会論文集(C 編),Vol.72,No.716,pp.180-185,(2006-4)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一;“ニューテーションモータの開発(第2報 OF式かさ歯車対とダイヤフラム方式による実用化モデルの開発)”,日本機械学会論文集(C編),Vol.72,No.716,pp.186-192,(2006-4)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,永田卓志;“ニューテーションモータの開発(第3報 OF1式かさ歯車対と電磁石を使用した電磁ニューテーションモータの開発)”,日本機械論文集
Takefumi Kanda, Akira Makino, Yoshitaka Oomori, Koichi SUZUMORI;“A Cylindrical Micro-Ultrasonic Motor Using Micromachined Bulk Piezoelectric Vibrator with Glass Case”,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.45,No.5B,pp.4764-4769,(2006-5)
久禮健司,神田岳文,鈴森康一,脇元修一;“ペーストインジェクションを用いたインテリジェントFMAの開発(第1報,導電性ペーストによる柔軟変位センサの作製とFMAへの応用)”,日本機会学会論文集(C編), Vol.72, No.720,pp.172-178,(2006-8)
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,阪田祐作,武藤明徳;“螺旋状層流界面形成マイクロロータリーリアクタの開発”,電気学会論文誌 E (センサ・マイクロマシン準部門誌),Vol.127,No.2,pp.47-52,(2007-2)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,永田卓志;“ニューテーションモータの開発(第3報,OF1式かさ歯車対と電磁石を使用した電磁ニューテーションモータの開発)”,日本機械学会論文集(C編),Vol.73,No.728,pp.232-239,(2007-4)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一;“ニューテーションモータの開発(第4報,OFW式かさ歯車対とてこの原理による小型,高トルク空圧ニューテーションモータの開発)”,日本機械学会論文集(C編),Vol.73,No.730,pp.125-131,(2007-6)
有吉友和,加藤直三,鈴木博善,安藤義人,鈴森康一,神田岳文,遠藤聡;“ 生物模倣型水中ロボットのための弾性体胸鰭アクチュエータ”, 日本船舶海洋工学会論文集, 5号, pp.15-25,(2007-6)
盛真唯子,鈴森康一,田中淳一,神田岳文;“小型超高圧油圧アクチュエータを用いたレスキューロボットの開発とその可能性検証試験”,日本ロボット学会誌,Vol.25,No.5,pp.111-119,(2007-7)
西岡靖貴,鈴森康一,田中淳一,佐々木篤志,遠山宗雄,河野一俊;“マイクロ光エンコーダ内蔵小型空圧シリンダの開発と位置/力制御系への適用”,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol. 39,No.2,pp. 34-39,(2008-3)
Yasutaka NISHIOKA, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA and Shuichi WAKIMOTO;“Pneumatic Valve Operated by Multiplex Pneumatic Transmission”, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 2, No.2, pp. 222-229, (2008-4).
Kenji Kure, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto;“Flexible displacement sensor using injected conductive paste”, Sensors and Actuators A, Vol. 143, pp.272-278, (2008-5).
Hiroyoshi Suzuki, Naomi Kato, Koichi Suzumori;“Load characteristics of mechanical pectoral fin”, Experiments in Fluids, Vol. 44, No. 5, pp. 759-771, (2008-5).
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto;“Development of an Intelligent Pneumatic Cylinder for Distributed Physical Human-Machine Interaction”, Advanced Robotics 23, Vol. 23, No.1-2, pp. 203-225, (2009-1).
Kazuo Uzuka, Isao Enomoto, and Koichi Suzumori;“Comparative Assessment of Several Nutation Motor Types”, IEEE/ASME TRANSACTIONS ON MECHATRONICS, Vol. 14, No.1, pp. 82-92, (2009-2).
Hiroaki Furusawa, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Akinori Muto, and Yusaku Sakata;“Realizing Spiral Laminar Flow Interfaces with Improved Micro Rotary Reactor”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.21, No.2, pp.179-185, (2009-4).
Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada, Ken-Ichiro Sotowa;“Droplet generation using a torsional Langevin-type transducer and a micropore plate”, Sensors and Actuators A: Physical, Vol. 155, pp. 168-174, (2009-10).
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Flow control valve for pneumatic actuators using particle excitation by PZT vibrator”, Sensors and Actuators A: Physical, Vol. 155, pp. 285-289, (2009-11).
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto;“Development of an Intelligent Chair Tool System Applying New Intelligent Pneumatic Actuators”, Advanced Robotics 24, Vol. 24, No.10, pp. 1503-1528, 2010
Shinji ODA, Koichi SUZUMORI, Kazuo UZUKA and Isao ENOMOTO;“Development of nutation motors (improvement of pneumatic nutation motor by optimizing diaphragm design)”, Journal of Mechanical Science and Technology, Vol. 24, No. 1, pp. 25-28, 2010.1
Yuki UOHASHI, Koichi SUZUMORI and Hironari TANIGUCHI;“Fabrication and evaluation of various types of micro one-way valves through micro rubber molding process”, Journal of Mechanical Science and Technology, Vol. 24, No. 1, pp. 219-222, 2010.1
Mayuko Mori, Koichi Suzumori, Masayuki Takahashi and Takashi Hosoya;“Very High Force Hydraulic McKibben Artificial Muscle with a p-Phenylene-2,6-benzobisoxazole Cord Sleeve”, Advanced Robotics 24, Vol. 24, No. 12, pp. 233-254, 2010.1
門脇信傑,鈴森康一,武藤明徳;“化学プロセスにおける可変長スラグ流生成用三方弁の開発”,日本機械学会論文集,Vol. 76,No. 763,pp. 734-740,2010.3.25
Koichi Suzumori and Fumitaka Saito;“Micro Rubber Structures for Passive Walking”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 22, No. 2, pp. 167-172, 2010.4
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,神田岳文,高橋正幸,細谷高司,竹松愛実;“水圧マッキベン型人工筋を用いた不定形重量物用ハンドの開発”,フルードパワーシステム,Vol. 41,No. 3,pp. 59-66,2010.5.15
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori and Suichi Wakimoto;“Development of an Intelligent Chair Tool System Applying New Intelligent Pneumatic Actuators”, Advanced Robotics 24, Vol.24, No.10, pp.1503-1528, 2010.7
Ahmad `Athif Mohd Faudzi and Koichi Suzumori;“Programmable System on Chip Distributed Communication and Control Approach for Human Adaptive Mechanical System”, Journal of Computer Science 6, Vol. 6, No.8, pp. 852-861, 2010.7
Takuya Harada, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, and Kazutaka Higaki;“Emulsion Generating Microchannel Device Oscillated by 2.25 MHz Ultrasonic Vibrator”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 49, No.7, pp. 07HE13-1~07HE13-6, 2010.7
斉藤文孝,鈴森康一;“マイクロ受動脚による低摩擦ラバー構造体の実現”,日本ロボット学会誌,Vol. 28,No. 8,pp. 953-960,2010.10.15
Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto;“Multiplex pneumatic control method for multi-drive system”, Sensors and Actuators A : Physical, Vol. 164, No. 12, pp. 88-94, 2010.10.16
古澤宏明,魚橋悠紀,鈴森康一;“マイクロラバーファブリケーションによるマイクロチェックバルブの開発とマイクロリニアポンプの特性向上”,日本機械学会論文集(C編),Vol. 77,No.775,pp. 660-670,2011.3
門脇信傑,鈴森康一,武藤明徳;“化学プロセスにおけるスラグ流アクティブ分離システムの開発”,日本機械学会論文集(C編),Vol. 77,No.775,pp.1109-1118,2011.3
鈴森康一;“新しいアクチュエータへの期待”,日本機械学会論文集(C編),Vol. 77,No.778,pp. 2412-2419,2011.6
Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori and Keiko Ogura;“Miniature Pneumatic Curling Rubber Actuator Generating Bidirectional Motion with One Air-Supply Tube”, Advanced Robotics 25, Vol. 25, No.9-10, pp. 1311-1330, 2011.6
Shuichi Wakimoto, Issei Kumagai and Koichi Suzumori;“Development of Variable Stiffness Colonoscope Consisting of Pneumatic Drive Devices”, International Journal of Automation Technology, Vol. 5, No.4, pp. 551-558, 2011.7
Takefumi Kanda, Takuya Harada, Yoshiyuki Tominaga, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki, Yuta Yoshizawa;“Design and Evaluation of Emulsion Generation Device Using Ultrasonic Vibration and Microchannel”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 50, No. 7, pp. 07HE24-1 - 07HE24-6, 2011.7
Kazuhiro Iwata, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto;“Development of Contraction and Extension Artificial Muscles with Different Braid Angles and Their Application to Stiffness Changeable Bending Rubber Mechanism by Their Combination”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 23, No. 4, pp. 582-588, 2011.8
Jun-ya Nagase, Shuichi Wakimoto, Toshiyuki Satoh, Norihiko Saga and Koichi Suzumori;“Design of a variable-stiffness robotic hand using pneumatic soft rubber actuators”, Smart Materials and Structures, Vol. 20, No.10, 105015 pp. 1-9, 2011.8
脇元修一,尾崎健,鈴森康一;“大腸内視鏡挿入支援を目指したラバーチューブアクチュエータの設計と基礎駆動特性”,日本ロボット学会誌,Vol. 29,No.7,pp. 619-625,2011.9
永瀬純也,脇元修一,嵯峨宣彦,鈴森康一;“空気圧剛性可変フィンガを有するバルーン型腱駆動ロボットハンドの開発”,設計工学 (公益社団法人 日本設計工学会誌) ,Vol. 46,No.9,pp. 517-523,2011.9
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Design and evaluation of orifice arrangement for particle-excitation flow control valve”, Sensors and Actuators A: Physical, Vol. A 171, No.2, pp. 283-291,2011.11
Daisuke YAMAGUCHI, Takefumi KANDA and Koichi SUZUMORI;“Bolt-Clamped Langevin-type Transducer for Ultrasonic Motor used at Ultralow Temperature”, Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing, Vol. 6, No.1, pp. 104-112, 2012.2
永瀬純也,佐藤俊之,嵯峨宣彦,鈴森康一;“空気圧バルーン型腱駆動アクチュエータのモデル予測制御”,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol. 43,No.2,pp. 8-16,2012.3
Masaki MIYAKE, Koichi SUZUMORI, Kazuo Uzuka;“Design and Evaluation of Electromagnetic Wobble Motor”, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.24, No.3, pp.480-486, 2012.6
Kazuhiro IWATA, Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO;“A Method of Designing and Fabricating Mckibben Muscles Driven by 7 MPa Hydraulics”, International Journal of Automation Technology, Vol.6, No.4, pp.482-487, 2012.7.5
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, Dai Takeda;“An Ultrasonic Motor for Use at Ultralow Temperature Using Lead Magnesium Niobate-Lead Titanate Single Crystal”, Japanese Journal of Applied Physics, Vol.51, No.7, pp.07GE09-1 – 07GE09-6, 2012.7.20
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“An ultrasonic motor for cryogenic temperature using bolt-clamped Langevin-type transducer”, Sensors and Actuators A: Physical, Vol.184, pp.134-140, 2012.9
Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Toru Kishi,Yoshiaki Yamada, Norihisa Seno;“Evaluation of generated micro droplets using micropore plates oscillated by ultrasonic torsional transducers” Sensors and Actuators A: Physical, Vol.185, pp.92-100, 2012.10
永瀬純也,佐藤俊之,脇元修一,嵯峨宣彦,鈴森康一;“柔軟ゴムデバイスを用いた空気圧剛性可変フィンガの予測機能制御”,計測自動制御学会論文集,Vol. 48,No.8,pp. 470-478,2012.8
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型空気流量制御弁の非線形性補償による流量制御”,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol. 43,No.5,pp. 117-121,2012.9
眞鍋諒一、鈴森康一、脇元修一;“マイクロ吸盤の集積による吸着性柔軟ロボットスキン”,日本ロボット学会誌,Vol.31,No.1,pp.98-106,2013.1.15.
Daisuke Yamaguchi , Takefumi Kanda , Koichi Suzumori , Kazuya Fujisawa , Kiyonori Takegoshi , and Takashi Mizuno;“Ultrasonic Motor Using Two Sector-Shaped Piezoelectric Transducers for Sample Spinning in High Magnetic Field”,Journal of Robotics and Mechatronics,Vol. 25,No.2,pp.384-391,2013.4.
Jun-ya NAGASE, Koichi SUZUMORI and Norihiko SAGA;“Development of Worm-Rack Driven Cylindrical Crawler Unit”,Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,Vol. 7,No. 3,pp. 422-431,2013.5.
Dai Takeda, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, and Yuya Noguchi;“An Ultrasonic Motor Using a Titanium Transducer for a Cryogenic Environment”,Japanese Journal of Applied Physics,Vol. 52,No.7,pp. 07HE13-1 – 07HE13-6,2013.7.22.
Daisuke Yamaguchi, Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Light–Driven Actuator Using Hydrothermally Deposited PLZT Film”,IEEJ Transactions on Sensors and Micromachines,Vol. 133,No.8,pp.330-336,2013.8.1.
Ahmad ‘Athif Mohd Faudzi, Khairuddin Osman, Mohd Fua’ad Rahmat, Koichi Suzumori, Nu’man Din Mustafa and Muhammad Asyraf Aznan;“Real-time position control of intelligent pneumatic actuator (IPA) system using optical encoder and pressure sensor”,Sensor Review,Vol. 33,No.4,pp.341 -351,2013.8
Jun-ya Nagase, Toshiyuki Satoh, Norihiko Saga and Suzumori koichi;“Predictive Functional Control of Tendon-driven Actuator using Pneumatic Balloon”,Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,Vol.7,No.4,pp.752 -762,2013.11
Koichi Suzumori, Akira Wada, Shuichi Wakimoto;“New mobile pressure control system for pneumatic actuators, using reversible chemical reactions of water”,Sensors and Actuators A: Physical,Vol. A201,pp.148 -153,2013.10.
川島敏弘,Aihui Wang,脇元修一,鄧明聡;“ロバスト右既約分解およびSVR推定を併用した大湾曲ラバーアクチュエータのセンサレス非線形制御”,電気学会論文誌C,Vol.133,No.10,pp. 1924-1929,2013.10.1.
Hiroki Matsuoka,Koichi Suzumori;“Gas/Liquid Phase Change Actuator for Use in Extreme Temperature Environments”,International Journal of Automation Technology,Vol. 8,No.2,pp. 140-146,2014.3.5.
Mohamed Najib Ribuan,Koichi Suzumori,Shuichi Wakimoto;“New Pneumatic Rubber Leg Mechanism for Omnidirectional Locomotion”,International Journal of Automation Technology,Vol. 8,No.2,pp. 222-230,2014.3.5.
澁谷光一,鷲見和幸,渡邊敏充,脇元修一,鈴森康一,岡久雄;“腹臥位用遠隔圧迫枕の開発と有用性評価”,日本診療放射線技師会誌,Vol. 61,No.738,pp. 21-25,2014.4.
Ili Najaa Aimi Mohd Nordin, A. A. M. Faudzi, M. R. M. Razif, E. Natarajan, S. Wakimoto, K. Suzumori;“Simulations of Two Patterns Fiber Weaves Reinforced in Rubber Actuator”,Jurnal Teknologi,Vol. 69,No.3,pp.133 -138,2014.7.
A. Wang, M. Deng, S. Wakimoto, and T. Kawashima;“Characteristics Analysis and Modeling of a Miniature Pneumatic Curling Rubber Actuator”,International Journal of Innovative Computing, Information and Control,Vol. 10,No.3,pp.1029 -1039,2014.6.
門脇信傑,鈴森康一,川上佳朗,阪田祐作;“スライド式三方弁を用いたマイクロビーカ化学合成プロセス”,化学工学論文集,Vol. 40,No.1,pp. 38-42,2014.
廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型流量制御弁を用いた空気圧シリンダの速度制御”,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol. 46,No.2,pp. 7-13,2015.3.15.
Masahiro Nakazono, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori, Yuya Noguchi;“A study on temperature dependence of an ultrasonic motor for cryogenic environment”,Japanese Journal of Applied Physics,Vol. 54,No.7S1,pp.07HE15-1- 07HE15-5,2015.6.22.
Hiroki Matsuoka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Development of a gas/liquid phase change actuator for high temperatures”,ROBOMECH Journal,Vol.3,No.1,2016.1.16(Online).
宮川豊美,脇元修一;“湾曲型空圧アクチュエータを用いた手指拘縮予防支援装置の開発”,設計工学,Vol.51,No.5,pp.344-356,2015.5.5.
Takefumi Kanda, Masaki Yabumoto, and Koichi Suzumori;“A piezoelectric polymer cavitation sensor installed in an emulsion generation microchannel device and an evaluation of cavitation state”,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.55,No.7S1,pp.07KE07-1 - 07KE07-6,2016.6.1.
Shuichi Wakimoto, Hidehiro Kametani;“Characteristics of a Pneumatic Bellows Actuator for Colonoscopy”,nternational Journal of Automation Technology,Vol.10,No.4,pp. 479-486,2016.7
Mohamed Najib Ribuan, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Omnidirectional Soft Robot Platform with Flexible Actuators for Medical Assistive Device”,International Journal of Automation Technology,Vol.10,No.4,pp. 494-502,2016.7
Akira Wada, Hidehiro Kametani, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto;“Development of a Hose-Free FMA Driven by a Built-In Gas/Liquid Chemical Reactor”,International Journal of Automation Technology,Vol.10,No.4,pp. 511-516,2016.7
Hiroki Matsuoka, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Pierre Lambert;“Development of a Rubber Soft Actuator Driven with Gas/Liquid Phase Change”,International Journal of Automation Technology,Vol.10,No.4,pp. 517-524,2016.7
Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Development of Novel Particle Excitation Flow Control Valve for Stable Flow Characteristics”,International Journal of Automation Technology,Vol.10,No.4,pp. 540-548,2016.7
Kenichi Onishi,Takefumi Kanda,Naoya Ogawa,Koichi Suzumori;“超音波振動を用いた液滴操作デバイスにおける液滴操作条件の検討”,電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌),Vol.136, No.8,pp.348-356,2016.8.1
Shuichi Wakimoto,Junpei Misumi,Koichi Suzumori;“New concept and fundamental experiments of a smart pneumatic artificial muscle with a conductive fiber”,Sensors and Actuators : A. Physical,Vol.A250,pp.48-54,2016.9.5
Shunichi Kurumaya,Koichi Suzumori,Hiroyuki Nabae,Shuichi Wakimoto;”Musculoskeletal lower-limb robot driven by multifilament muscles”, ROBOMECH Journal, Vol.3, No.18, pp.(2016)3:18(1)-(15), 2016.9.13
Toru Kishi,Yusuke Kiyama,Takefumi Kanda,Koichi Suzumori ,Norihisa Seno;“Microdroplet generation using an ultrasonic torsional transducer which has a micropore with a tapered nozzle”,Archive of Applied Mechanics,Vol.86,pp.1751-1762,2016.10
浮田貴宏,鈴森康一,難波江裕之,神田岳文,大藤翔輝;“微粒子励振型流量制御弁による油圧制御”,日本フルードパワーシステム学会論文集,Vol.47,No.6,pp.39-46,2016.11.15

講演会発表


発表者氏名; “題名”, 講演会名, 講演番号, 講演会開催地, ページ数(pp. 1- 2), 開催期間, 発表年月日.
2002年
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,ニューテーションモータの開発(第1報 空圧ニューテーションモータの開発と基本特性),第2回機素潤滑設計部門講演会講演論文集,pp.159-162, (2002-4).
脇元修一,高田昌憲,鈴森康一,管径適応型管内移動ロボットの研究(第1報;2次元モデルの試作と実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会’02論文集,2P1-F09, (2002-6).
橋本竜弥,鈴森康一,宇塚和夫,榎本勇生,ニューテーションモータの開発(第2報:ニューテーションモータを用いたパラレル機構),ロボティクス・メカトロニクス講演会’02論文集,2P1-H05,(2002-6).
竹中渉,鈴森康一,自転車用空圧トランスミッションの開発(第1報;試作と走行試験),ロボティクス・メカトロニクス講演会’02論文集,2P2-H11, (2002-6).
Takefumi Kanda, Minoru Kuribayashi Kurosawa, Yutaka Kobayashi, Tatsuya Igi, Misato Sasaki and Toshiro Higuchi, Hydrothermally deposited PZT thin film transducers for sensors and actuators, Proc. of International Conferences on Modern Materials and Technologies (CIMTEC 2002), K-9, L05, pp. 973-980, (2002-7)
Koichi SUZUMORI, Tatsuya HASHIMOTO, Kazuo UDUKA, Isao ENOMOTO, Pneumatic Direct-drive Stepping Motor for Robots, Proc. IEEE/RSJ Int’l Conf. on Intelligent Robots and Systems, (Oct., 2002).
Misato Sasaki, Takefumi Kanda, Minoru Kuribayashi Kurosawa, Toshiro Higuchi, Hydrothermally deposited PZT thin film vibration probe sensor, Proc. of IEEE Ultrasonic Symp. 2002, pp. 449-452, 2002.10.9
鈴森康一,三木勝正,内視鏡誘導薄肉ラバーアクチュエータの研究(流体パルス駆動方式の基礎実験),日本ロボット学会創立20周年記念学術講演会,2L19, (2002-10)
高田昌憲,脇元修一,鈴森康一, 管径適応型管内移動ロボットの研究(第2報;カメラ姿勢保持と分岐管ステアリング), 日本ロボット学会創立20周年記念学術講演会, p.201, (2002-10)
橋本竜弥,越智淳平,鈴森康一,神田岳文,アクティブマウスを用いたフィジカルマンマシンインタラクション(第1報:アクティブマウスの試作と力学シミュレーション), 日本ロボット学会創立20周年記念学術講演会, p.250, (2002-10)
吉川雅博,鈴森康一, カメラレンズ駆動マイクロラバーアクチュエータの研究(第1報:第1次試作と実験日本ロボット学会創立20周年記念学術講演会, pp.201-202, (2002-10)
2003年
鈴森康一,神田岳文,狭窄部移動マイクロパワーロボットの開発,文部科学省大都市大地震軽減化特別プロジェクト被害者救助等の災害対応戦略の最適化 レスキューロボット等次世代防災基盤技術の開発 平成14年度公開 シンポジウム論文集, pp.33-37,(2003-1)
鈴森康一,神田岳文,橋本竜弥,越智淳平,マイクロアクチュエータ集積によるフィジカルマンマシンインタラクション,第3回機素潤滑設計部門講演会講演論文集,pp.155-158, (2003-4)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,永田卓志,ニューテーションモータの開発(第3報電磁ニューテーションモータの開発と基本特性),第3回機素潤滑設計部門講演会講演論文集,pp.159-160, (2003-4)
神田岳文,小野智久,鈴森康一,森田剛,黒澤実,微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ,ロボティクス・メカトロニクス講演会2003講演論文集, (2003-5)
永田卓志,鈴森康一,神田岳文,宇塚和夫,榎本勇生,ニューテーションモータの開発(第4報;電磁ニューテーションモータの電磁場解析と制御),ロボティクス・メカトロニクス講演会2003講演論文集, (2003-5)
越智淳平,橋本竜弥,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 (第1報;アクティブ四面体の試作とリアルタイムフィジカルインタラクションの実現),ロボティクス・メカトロ ニクス講演会2003講演論文集,(2003-5)
髙田昌憲,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,マイクロパワーレスキューロボットの研究(第1報;関節ユニットの試作),ロボティクス・メカトロニクス講演会2003講演論文集,(2003-5)
鈴森康一,神田岳文,橋本竜弥,越智淳平,脇元修一,アクティブマウスを用いたフィジカルマンマシンインタラクション(第2報:第2号機の試作とフィジカルインタラクションの実現),ロボティクス・メカトロニクス講演会2003講演論文集,(2003-5)
Takefumi KANDA, Tomohisa ONO, Kouichi SUZUMORI, Takeshi MORITA and Minoru K. KUROSAWA, A micro ultrasonic motor using a micro-machined cylindrical bulk PZT transducer, World Congress on Ultrasonics, Paris, September 7-10, 2003.
Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO and Masanori TAKATA, A Miniature Inspection Robot Negotiating Pipe of Widely Varying Diameter, Proc. IEEE Int’l Conf. Robotics and Automation, pp.2735-2740, (2003-9)
神田岳文,小野智久,鈴森康一,森田剛,黒澤実,微細加工による直径0.8mmの円筒型圧電素子を用いたマイクロ超音波モータ,日本ロボット学会第21 回学術講演会講演概要集,(2003-9)
脇元修一,辻野広大,鈴森康一,神田岳文,狭隘部に侵入する柔軟マイクロロボットの研究,日本ロボット学会第21回学術講演会講演概要集,(2003-9)
浮田貴宏,神田岳文,鈴森康一,圧電薄膜によるマイクロ走査機構,日本ロボット学会第21回学術講演会講演概要集,(2003-9)
越智淳平,橋本竜弥,小坂一祥,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究,日本ロボット学会第21回学術講演会講演概要集,(2003-9)
中山雅晴,鈴森康一,吉川雅博,神田岳文,カメラレンズ駆動用マイクロラバーアクチュエータの研究(第2報 第2次試作と実験),日本ロボット学会第21回学術講演会講演概要集,(2003-9)
中嶌準,辻野広大,脇元修一,鈴森康一,神田岳文,管径適応型管内移動ロボットの研究(第3報 小型化とパイプ内走行実験),日本ロボット学会第21回学術講演会講演概要集,(2003-9)
Shuichi WAKIMOTO, Jun NAKAJIMA, Masanori TAKATA, Koichi SUZUMORI, Takafumi KANDA, A Micro Snake-like Robot for Small Pipe Inspestion, Proc. of the 2003 International Symposium on Micromechatronics and human Science, pp.303, (2003.10)
Jumpei OCHI, Tatsuya HASHIMOTO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Active Link Mechanism for Physical Man-machine Interaction, Proc. of the 2003 International Symposium on Micromechatronics and human Science, pp.141-146, (2003.10)
都甲良平,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,6.5mmマイクロ空圧ワブルモータの開発,第46回自動制御連合講演会講演概要集,pp.22, (2003-11)
濱隆行,佐藤淳,神田岳文,鈴森康一,大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータに関する基礎研究,第46回自動制御連合講演会講演概要集,(2003-11)
濱隆行,神田岳文,鈴森康一,大腸内視鏡誘導空圧インパクトアクチュエータの試作研究,第46回自動制御連合講演会講演概要集,(2003-11)
Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Tatsuya HASHIMOTO, and Jumpei OCHI, Active Mouse for Physical Man-MachineInteraction, Proc. of the 11th National Conference on Machines and Mechanisms(NaCoMM-2003), pp.297-303, (2003-12)
西嶋隆,稲葉昭夫,吉田敏,鈴森康一,高橋義人,内視鏡訓練用ぜん動運動アクチュエータの開発,第4回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会論文集,pp.880-881,(2003-12)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,環境適応型オールポリマー移動ロボットの試作と実験,第4回(社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演概要集,pp.216, (2003-12)
2004年
鈴森康一,神田岳文,髙田昌憲,武田淳吾,三宅健史,狭窄部点検用マイクロパワーロボットの研究,文部科学省大都市大震災軽減化特別プロジェクト 被害者救助等の災害対応戦略の最適化 レスキューロボット等次世代防災基盤技術の開発 第2回国際シンポジウム論文集pp.243-249, (2004-1)
鈴森康一,神田岳文,橋本竜弥,越智淳平,マイクロ機能要素集積デバイスによるフィジカルマンマシンインタラクション,平成15年度文部科学省科学研究費補助金特定領域研究 ITの深化の基盤を拓く情報学研究 研究成果報告書 A03 人間の情報処理の理解とその応用に関する研究,pp.149-153, (2004-1)
Takashi NAGATA, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Akinori MUTO, and Yusaku SAKATA, Electrostatic Shaking of Catalytic Particles in Micro Chamber, The 2nd International Workshop on Micro Chemical Plants, pp.53, (2004-2)
牧野明,神田岳文,鈴森康一,小野智久,森田剛,黒澤実,バルク加工による円筒型圧電振動子を用いたマイクロ超音波モータの特性評価,2004年度精密工学会春季大会学術講演会論文集,pp.897-898, (2004-3)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,ニューテーションモータの開発(第5報 φ10空圧ニューテーションモータの開発と基本特性),第4回機素潤滑設計部門講演会講演論文集,pp.159-160,(2004-4)
Takashi NAGATA, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Kazuo UZUKA and Isao ENOMOTO, Electro Direct-Drive Stepping Motor for Robots, Proc. IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp.4493-4498, (2004-4)
神田岳文,牧野明,三谷修一,鈴森康一,森田剛,バルク圧電体の微細加工による振動子を用いたマイクロアクチュエータ・デバイス,第16回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム講演論文集,pp.23-24, (2004-6)
越智淳平,橋本竜弥,田中淳一,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究(第3報 インテリジェント空圧シリンダを用いたアクティブ多面体の開発),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
橋本竜弥,越智淳平, 鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究:第4報:アクティブ二十面体の制御系の構築とヴァーチャルクレイへの応用,ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
牧野明,神田岳文,鈴森康一,森田剛,黒澤実,微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ(第2報 モータの小型化と特性評価),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
高田昌憲,鈴森康一,神田岳文,三宅健史,高圧油圧アクチュエータを用いたジャッキアップレスキューロボットの研究,ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
永田卓志,鈴森康一,神田岳文,阪田祐作,武藤明徳,アクティブ触媒システムの研究(第1報 触媒粒子の攪拌,搬送の基礎実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
辻野広大,中嶌準,越智淳平,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,管径適応型管内移動ロボットの研究(第4報 インテリジェントアクチュエータの開発と第3号機への適応),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,インテリジェントラバチュエータの開発(第1報 導電性ゴムセンサの内蔵とサーボ実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
鈴森康一、神田岳文,田中淳一,インテリジェントシリンダの開発(第1報 インテリジェントシリンダの試作とサーボ実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
福本剛之,武田淳吾,鈴森康一,神田岳文,自転車用空圧トランスミッションの開発(第2報 ステップペダルの開発と走行実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2004,(2004-6)
Takefumi KANDA, Akira MAKINO, Koichi SUZUMORI, Takeshi MORITA and Minoru K. KUROSAWA, A Cylindrical Micro Ultrasonic  Motor using a Micro-machined Bulk Piezoelectric Transducer, 2004 IEEE Ultrasonics Symposium, U4-K-1, pp.1298-1301, (2004-8)
鈴森康一,神田岳文,永田卓志,三谷修一,阪田祐作,武藤明徳,マイクロリアクタ用新機能デバイスの開発,日本機械学会2004年度年次大会講演論文集(4),pp.259-260, (2004-9)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,インテリジェントラバチュエータの開発(第2報 拮抗型駆動機構による非線形特性の補償),日本機械学会2004年度年次大会講演論文集(4),pp.261-262, (2004-9)
鈴森康一,神田岳文,田中淳一,宮下幸宏,インテリジェントシリンダの開発(第2報 インテリジェント空圧シリンダと適応制御),日本機械学会2004 年度 年次大会講演論文集(4),pp.263-264, (2004-9)
小坂一祥,橋本竜弥,越智淳平,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究(第5報 電磁駆動によるアクティブ多面体の開発),第22回日本ロボット学会学術講演会講演概要集,(2004-9)
濱隆行,佐藤淳,鈴森康一,神田岳文,大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータの開発,第22回日本ロボット学会学術講演会講演概要集,(2004-9)
中嶌準,辻野広大,越智淳平,鈴森康一,神田岳文,管径適応型管内移動ロボットの研究(第4報 I2C通信によるネットワークワークアクチュエータの製作),第22回日本ロボット学会学術講演会講演概要集,(2004-9)
Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Takashi NAGATA, Akinori MUTO, and Yusaku SAKATA, Electrostatic Shaking and Conveyance of Catalytic Particles in Micro Spaces, Proceedings of μTAS 2004 8th International Conference on Miniturized Systems for Chemistry and Life Sciences, (2004-9)
Jumpei OCHI, Tatsuya HASHIMOTO, Junichi TANAKA, Koichi SUZUMORI and Takefumi KANDA, Development of Active Icosahedron and its Application to Virtual Clay Modeling, Proceedings of the 2004 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science, pp.175-180, (2004-11)
Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Kazuo UZUKA, Isao ENOMOTO, NUTATION MOTOR ?A New Direct-drive Stepping Motor for Robots?, 2004 1st IEEE Technical Exhibition Based Conference on Roboteics and Automation Proceedings, pp.21-22, (2004-11)
濱隆行,鈴森康一,神田岳文,大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータの試作研究,第47回自動制御連合講演会,(2004-11)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,インテリジェントラバチュエータの開発(第3報 センサの改良による制御特性の改善),計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会講演概要集2004,pp.1049-1050, (2004-12)
2005年
鈴森康一,神田岳文,微細加工技術を応用したマイクロアクチュエータ・マイクロリアクタ,第9回岡山リサーチパーク研究・展示発表会-夢づくり産学官連携テクノフェア-,pp.4,(2005-1)
鈴森康一,多自由度メカトロニクス用インテリジェントアクチュエータの研究,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究」第1回公開シンポジウム資料,pp.41-44, (2005-1)
神田岳文,局所狭隘作業機器への応用可能なマイクロアクチュエータ構造体システムの研究,文部科学省科学研究費補助金 特定領域研究「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究」第1回公開シンポジウム資料,pp.77-80, (2005-1)
鈴森康一,神田岳文,極微細加工技術を用いたマイクロアクチュエータの開発,平成16年度 都市エリア産学官連携促進事業 ナノプレジョンエリア事業共同研究報告書,pp.150-165, (2005.3.14)
神田岳文,牧野明,大森啓登,鈴森康一,バルク加工による円筒型圧電振動子を用いたマイクロ超音波モータの特性評価(第2報 駆動トルクの評価),2005年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,pp. 1059-1060, (2005-3)
Development of Active Links for Physical Man-Machine Interaction Jumpei OCHI, Koichi SUZUMORI, Junichi TANAKA, Takefumi KANDA Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.17, No.3, pp.293-301, 2005.6.20
J.Tanaka, K.Suzumori, M.Takata, T.Kanda and M.Mori, A Mobile Jack Robot for Rescue Operation IEEE International Workshop on Safety, Security and Rescue Robotics (SSRR2005),Tu5-4, pp.99-104, 2005.6.7
Shuichi WAKIMOTO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA Development of Intelligent McKibben Actuator with Built-In Soft Conductive Rubber Sensor Transducers 2005, Vol.1, 2E4.73, pp.745-748, 2005.6.7
Takefumi KANDA, Akira MAKINO, Yoshitaka OOMORI, and Koichi SUZUMORI A Cylindrical Micro Ultrasonic Motor using Micro-machined Piezoelectric Vibrator Transducers 2005, Vol.1, 2E4.67, pp. 721-724, 2005.6.7
田中淳一,盛真唯子,鈴森康一, 神田岳文 高圧油圧アクチュエータを用いたジャッキアップレスキューロボットの研究(第2報:走行性能向上とフィールド試験) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-S-094,2005.6.10
田中淳一,盛真唯子,鈴森康一,神田岳文 レスキュー作業用アドバンストカッターの開発 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-S-095,2005.6.10
越智淳平,小川浩史,小坂一祥,鈴森康一,神田岳文 フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-N-101,2005.6.10
小川浩史,越智淳平,小坂一祥,鈴森康一,神田岳文 MEMS加速度・ジャイロセンサの集積による6軸ポインタの開発 センサシステムの構築と適用実験 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-N-058,2005.6.10
溝上博則,鈴森康一,神田岳文 自転車用空圧トランスミッションの開発(第3報:エネルギー回生とフィールド走行実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-S-079,2005.6.10
辻野広大,中嶌準,鈴森康一,神田岳文 管径適応型管内移動ロボットの研究(第6報:インテリジェントサーボアクチュエータの管内移動ロボットへの適用と走行実験) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-S-080,2005.6.10
岡本清秀,鈴森康一,神田岳文,榎本勇生*,宇塚和夫*(*トックベアリング) ニューテーションモータの開発(第6報:23関節ロボットハンドへの応用) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-N-085,2005.6.10
遠藤聡,鈴森康一,神田岳文,加藤直三*,鈴木博善*,安藤義人*(*大阪大学) 水中ロボット用柔軟機能性胸びれアクチュエータの開発(第1報:抗力型パッシブ胸びれの試作) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-N-069,2005.6.10
遠藤聡,鈴森康一,神田岳文,加藤直三*,鈴木博善*,安藤義人*(*大阪大学) 水中ロボット用柔軟機能性胸びれアクチュエータの開発(第2報:揚力型アクティブ胸びれの試作) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1A1-N-070,2005.6.10
越智淳平,鈴森康一,神田岳文 フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発(第3報:アクティブマウス用全方向移動新機構の開発) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1P1-N-039,2005.6.10
濱隆行,鈴森康一,神田岳文 大腸内視鏡誘導薄肉bubblerアクチュエータの試作・評価 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1P2-S-079,2005.6.10
鈴森康一,武田淳吾,脇元修一,神田岳文,楠本浩二* (*芦森工業株式会社) 細径McKibben型筋繊維バンドルによる人工筋の開発 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,1P2-S-080,2005.6.10
浮田貴宏,神田岳文,鈴森康一 一体型圧電薄膜アクチュエータを用いたマイクロ走査機構 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-S-081,2005.6.11
松永佑介,鈴森康一,神田岳文 ディスク型圧電セラミックス振動子を用いたマイクロ超音波モータの研究(第1報:ステータの設計と解析) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-S-082,2005.6.11
大森啓登,神田岳文,鈴森康一,牧野明 微細加工による円筒型バルク圧電体を用いたマイクロ超音波モータ(第3報:ロータの改良と小型化したモータの特性評価) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-S-083,2005.6.11
鈴森康一,古澤宏明,神田岳文,山田嘉昭*,永田卓志 (*岡山県産業振興財団) マイクロリニアポンプの開発(第1報:設計・試作と特性評価) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-N-085,2005.6.11
鈴森康一,古澤宏明,神田岳文,山田嘉昭*,阪田祐作,武藤明徳 (*岡山県産業振興財団) 交互流発生ロータリーマイクロリアクタの開発(第1報:第1次試作と特性評価) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-N-086,2005.6.11
鈴森康一,浅尾文善,神田岳文,山田嘉昭* (*岡山県産業振興財団) SMAマイクロバルブの開発(第1報:設計・試作と特性評価) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-N-087,2005.6.11
永田卓志,鈴森康一,神田岳文,阪田祐作,武藤明徳 アクティブ触媒システムの研究(第2報:粒子攪拌によるアセトアルデヒド分解実験) ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2A1-N-088,2005.6.11
濱隆行,鈴森康一,神田岳文 大腸内視鏡誘導薄肉ゴムチューブアクチュエータの実験的評価 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2P1-N-110,2005.6.11
久禮健司,神田岳文,鈴森康一,脇元修一 インジェクションシステムを用いた柔軟変位センサの作製とFMAへの応用 ロボティクス・メカトロニクス講演会2005,2P1-S-081,2005.6.11
鈴森康一,古澤宏明,神田岳文,山田嘉昭*,永田卓志 (*岡山県産業振興財団) 微量流体制御マイクロリニアポンプの開発 第17回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム論文集,2AM2,pp. 227-230,2005.6.23
鈴森康一,古澤宏明,神田岳文,山田嘉昭*,阪田祐作,武藤明徳 (*岡山県産業振興財団) 螺旋状層流界面形成ロータリーマイクロリアクタの開発 第17回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム論文集,2PM8,pp.347-350,2005.6.23
鈴森康一,浅尾文善,神田岳文,山田嘉昭* (*岡山県産業振興財) SMAワイヤーを用いた三方向マイクロバルブの開発 第17回「電磁力関連のダイナミクスシンポジウム」講演論文集,2PM9,pp.351-352,2005.6.23
浮田貴宏,本多幸司,神田岳文,鈴森康一 一体型圧電薄膜アクチュエータによるマイクロステージ 第17回「電磁力関連のダイナミクスシンポジウム」講演論文集,2PM11,pp.357-358,2005.6.23
Shuichi WAKIMOTO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Development of Intelligent Rubber Actuator and its Application to Soft Servo Mechanism, ICMDT International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology, MAA-1 (2005-6)
Koichi SUZUMORI, Junichi TANAKA, and Takefumi KANDA, Development of an Intelligent Pneumatic Cylinder and Its Application to Pneumatic Servo Mechanism ,IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM 2005),MD3-2,pp.479-484, (2005-7)
Shuichi WAKIMOTO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, Development of Intelligent McKibben Actuator International Conference on Intelligent Robots and System 2005 (IROS 2005), TPI-8, pp.2271-2276, ( 2005-8)
Junichi TANAKA, Mayuko MORI, Koichi SUZUMORI, and Takefumi KANDA A Mobile Cutter Robot for Rescue Operations SICE annual Conference 2005 in Okayama, MA2-15-1, pp.361-363, (2005-8)
松永佑介,神田岳文,大森啓登,鈴森康一 マイクロ超音波モータ用振動子の小型化と評価 Dynamics & Design Conference 2005, OS-1-611, pp.259, (2005-8)
久禮健司,神田岳文,鈴森康一,脇元修一 導電性塗料のパターニングによる柔軟変位センサ 第23回日本ロボット学会学術講演会,1A26,pp70, (2005-9)
田中淳一,盛真唯子,鈴森康一,神田岳文 高圧油圧アクチュエータを使用したレスキュー用カッターロボット 第23回日本ロボット学会学術講演会,3I13,pp181,(2005-9)
岩井隆義,久禮健司,神田岳文,鈴森康一 インジェクションによる圧電高分子センサの開発 第23回日本ロボット学会学術講演会,1A24,pp.70,(2005-9)
小川浩史,小坂一祥,田中淳一,鈴森康一,神田岳文 フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 第23回日本ロボット学会学術講演会,1H26,pp.84,(2005-9)
浅尾文善,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,都甲良平 SMAマイクロバルブの開発(第2報:二号機の設計・試作特性評価) 第23回日本ロボット学会学術講演会,1A15,pp40,(2005-9)
安藤義人,加藤直三,鈴木博善,鈴森康一,神田岳文,遠藤聡,生物模倣型水中ロボットのための弾性体胸鰭アクチュエータ,日本船舶海洋工学会講演会論文集 第1号,(2005-11)
2006年
鈴森康一,神田岳文,谷口浩成,マイクロ反応プロセス構築のためのアクティブマイクロリアクタの開発,第10回岡山リサーチパーク研究・展示発表会,No.1,pp.1,(2006-1)
鈴森康一,神田岳文,大腸内視鏡誘導アクチュエータ,第10回岡山リサーチパーク研究・展示発表会,No.2,pp.2, (2006-1)
神田岳文,鈴森康一,マイクロ超音波モータの作成プロセスと性能評価 第10回岡山リサーチパーク研究・展示発表会,No.3,pp.3, (2006-1)
鈴森康一,自走式大腸内視鏡の研究開発,医療・福祉・健康関連ミクロものづくり共同研究事業ミクロものづくり研究開発事業成果発表会,pp.35-36,(2006-3)
神田岳文,携帯型流体利用装置の駆動を目的としたマイクロアクチュエータの開発,医療・福祉・健康関連ミクロものづくり共同研究事業ミクロものづくり研究開発事業成果発表会,pp.37-38,(2006-3)
神田岳文,岩井隆義,久禮健司,鈴森康一,ペーストインジェクションによる圧電高分子を用いた柔軟構造センサ,2006年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,M34,pp.1009-1010,(2006-3)
浅尾文善,鈴森康一,門脇信傑,神田岳文,電磁駆動マイクロバルブの開発 第18回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B1P11,pp.295-296,(2006-5)
神田岳文,岩井隆義,久禮健司,鈴森康一,脇元修一,機能性ペーストのインジェクションによるパターニングを用いた変位センサ,第18回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B1P12,pp.297-298,(2006-5)
小林昭仁,神田岳文,鈴森康一,大森啓登,マイクロ超音波モータ,第18回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B2A13,pp.451-452,(2006-5)
Koichi Suzumori, Takayuki Hama, Takefumi Kanda, New Pneumatic Rubber Actuators to Assist Colonoscope Insertion, 2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation, 995,pp.1824-1829,(2006-5)
Kenji Kure, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto, Intelligent FMA using Flexible Displacement Sensor with Paste,2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation,344,pp.1012-1017,(2006-5)
Hiroshi Ogawa, Kazuyoshi Kosaka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda,Force-Presentation Method for Active Polyhedron for Realizing Physical Human-Machine Interaction,2006 IEEE International Conference on Robotics and Automation,347, pp.3941-3947,(2006-5)
後藤慎二,鈴森康一,神田岳文,自転車用空圧トランスミッションの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1A1-C05,p.18,(2006-5)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,インテリジェントラバチュエータの開発(第4報:柔軟圧力センサの開発と圧力制御),ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,1A1-C09,p.18,(2006-5)
鈴森康一,神田岳文,西岡靖貴,田中淳一,佐々木篤志,インテリジェントシリンダの開発(第3報;インテリジェントシリンダの分解能向上),ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1A1-C10,p.19,(2006-5)
谷口浩成,鈴森康一,神田岳文,電磁式マイクロリニアポンプの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1A1-C20,p.21,(2006-5)
尾上久和,鈴森康一,神田岳文,大変形有限要素解析による湾曲形マイクロラバーアクチュエータの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,1A1-C21,p.22,(2006-5)
辻野広大,桑田明菜,鈴森康一,神田岳文,管径対応型管内移動ロボットの研究,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1A1-D35,p.32,(2006-5)
鈴森康一,神田岳文,谷口浩成,伊桐千浪,阪田祐作,武藤明徳,アクティブ触媒システムの研究(第3報:電磁力による液相系反応促進機構),ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1P1-C05,p.56,(2006-5)
鈴森康一,神田岳文,中平卓臣,マイクロリアクタ用プレート型三方弁の開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1P1-C06,p.57,(2006-5)
小坂一祥,小川浩史,桑田明菜,工藤弘之,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究,ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1P1-D09,p.64,(2006-5)
小川浩史,小坂一祥,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 (第8報:反力呈示アルゴリズムの開発とヴァーチャルオブジェクトの加工実験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,1P1-D19,p.66,(2006-5)
遠藤聡,鈴森康一,神田岳文,加藤直美,鈴木博善,安藤義人,水中ロボット用柔軟機能性胸鰭アクチュエータの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,2P1-A25,p.124,(2006-5)
岩井隆義,久禮健司,神田岳文,鈴森康一,ペーストインジェクションによる圧電高分子フレキシブルセンサの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,2P1-C09,p.136,(2006-5)
久禮健司,神田岳文,鈴森康一,脇元修一,導電性塗料のパターニングによる柔軟変位センサの最適化と評価,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,2P1-C10,p.137,(2006-5)
鈴森康一,神田岳文,工藤弘之,フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発,ロボティクス・メカトロニクス講演会 2006,2P2-B40,p.173,(2006-5)
盛真唯子,田中淳一,鈴森康一,神田岳文,高圧油圧アクチュエータを用いたレスキューロボットの研究(第3報:小型ジャッキロボットの開発),ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,2P2-D09,pp.182-183,(2006-5)
盛真唯子,田中淳一,鈴森康一,神田岳文,高圧油圧アクチュエータを用いたレスキューロボットの研究(第4報:レスキュー作業可能性検証試験),ロボティクス・メカトロニクス講演会2006,2P2-D10,pp.182-183,(2006-5)
Yoshito Ando,Naomi Kato,Hiroyoshi Suzuki,Koichi Suzumori,Takefumi Kanda,Satoshi Endo,Elastic Pectoral Fin Actuators for Biomimetic Underwater Vehicles, ISOPE-2006,2006-NK-06,pp.1-8, (2006-5)
宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,ニューテーションモータの開発(第7報 実用化モデルの設計と開発),第6回機素潤滑設計部門講演会,2301,pp.255-256,(2006-5)
門脇信傑,浅尾文善,鈴森康一,神田岳文,マイクロリアクタ用三方弁の開発とスラグ流の実施,第6回機素潤滑設計部門講演会,2303,pp.262-262,(2006-5)
小林昭仁,神田岳文,鈴森康一,円筒型マイクロ超音波モータの駆動性評価,第6回機素潤滑設計部門講演会,2310,pp.279-280,(2006-5)
岡本清秀,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,3室マイクロ空圧ワブルモータの開発,第6回機素潤滑設計部門講演会,2315,pp.295-297,(2006-5)
鈴森康一,神田岳文,西岡靖貴,田中淳一,佐々木篤志,インテリジェントシリンダの開発(第4報;高分解能シリンダを用いたサーボ実験),平成18年度春季フルードパワーシステム講演会論文集,27,pp.91-93,(2006-6)
Koichi Suzumori,Takefumi Kanda,Kazuyoshi Kosaka,Kodai Tsujino,Kenji Kure,Hiroshi Ogawa、Akina Kuwada,Intelligent Servo Actuators for Multidegrees of Freedom Mechatronics,10th International conference on new actuators (ACTUATOR2006),A3.4,pp.128-131,(2006-6)
T. Kanda, Y. Oomori, A. Kobayashi and K. Suzumori,Cylindrical Piezoelectric Vibrators for Micro Ultrasonic Motors,10th International conference on new actuators (ACTUATOR 2006),P32,pp.592-595, (2006-6)
Hiroaki Furusawa, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Yoshiaki Yamada,Yusaku Sakata, Akinori Muto,MICRO ROTARY REACTOR CAUSING STRIPED/SPIRAL LAMINAR FLOW INTERFACES FOR MIXING LIQUIDS,10th International conference on new actuators (ACTUATOR 2006),B1.7,pp.297-300,(2006-6)
Hiroaki Furusawa, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Yoshiaki Yamada,MICRO LINEAR PUMP WITH BUILT-IN ELECTROMAGNETIC ACTUATOR REALIZING BIG FLOW VOLUME AND SMALL PUMP VOLUME,10th International conference on new actuators (ACTUATOR 2006),P080,pp.760-763,(2006-6)
Satoshi Endo,Koichi Suzumori,Takefumi Kanda,Naomi Kato,Hiroyoshi Suzuki,Yoshito Ando,Flexible and Functional Pectoral Fin Acutuator for Underwater Robots,The 3rd International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms ISABMEC 2006, S42, p.55, (2006-7)
Yoshito Ando, Naomi Kato, Hiroyoshi Suzuki, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Satoshi Endo, Elastic Pectoral Fin Actuator for Biomimetic Underwater Vehicles, The 3rd International Symposium on Aero Aqua Bio-mechanisms ISABMEC 2006, P28, p.78, (2006-7)
Koichi Suzumori, Intelligent Actuators for Multi-DOF Mechatronics, The 2006 Japan Industry Applications Society Conference JIASC2006, 3-O3-4, pp.125-128, (2006-8)
神田岳文、狭隘作業機器用マイクロアクチュエータシステム、The 2006 Japan Industry Applications Society Conference JIASC2006,3-O3-6,pp.133-136,(2006-8)
山本陽太,久禮健司,岩井隆義,神田岳文,鈴森康一,圧電高分子を用いたソフトアクチュエータ用柔軟センサ,第24回日本ロボット学会学術講演会,1A11,p.55,(2006-9)
後藤慎二,鈴森康一,神田岳文,自転車用トランスミッションの開発,第24回日本ロボット学会学術講演会,1A31,p.104,(2006-9)
桑田明菜,辻野広大,鈴森康一,神田岳文,管径適応型管内移動ロボットの研究(第8報:ラバーカバー装着による推進力向上),第24回日本ロボット学会学術講演会,1A32,p.104,(2006-9)
工藤弘行,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発(第5報:アクティブマウス動作実験),第24回日本ロボット学会学術講演会,2K15,p.162,(2006-9)
盛真唯子,田中淳一,鈴森康一,神田岳文,超高圧油圧アクチュエータを用いた小型ハイパワージャッキロボットの開発,第24回日本ロボット学会学術講演会,2G11,p.150,(2006-9)
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,微量流体制御マイクロスクリューポンプの研究開発,日本機械学会2006年度年次大会,4103,pp.113-114, (2006-9)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,インテリジェントラバチュエータの開発(第5報:モデル化とサーボ制御),日本機械学会2006年度年次大会,4104,pp.115-116, (2006-9)
Mayuko Mori, Junichi Tanaka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda,Field test for verification of capability of the high-powered hydraulic small robots for rescue operations,2006 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and System,TPT-16(1),p.140,(2006-10)
Akina Kuwada, Kodai Tsujino, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda,Intelligent Actuators Realizing Snake-like Small Robot for Pipe Inspection,MHS 2006 Micro-Nano COE,MP1-2-1,p.20,(2006-11)
Hiroshi OGAWA, Kazuyoshi KOSAKA, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA,Development of Active Polyhedron for Physical Human-machine,Interaction and its Application to CAD/CAM Operation,2006 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science,MP1_2_2,pp.126-131,(2006-11)
伊桐千浪,鈴森康一,永田卓志,神田岳文,谷口浩成,阪田祐作,武藤明徳,電場/磁場印加によるマイクロ化学反応プロセスにおける微小触媒粒の駆動,平成18年度秋季フルードパワーシステム講演会,7,pp. 37-39,(2006-11)
中平卓臣,門脇信傑,鈴森康一,神田岳文,マイクロリアクタ用マイクロ三方弁の開発とプラグ流の形成実験,平成18年度秋季フルードパワーシステム講演会,8,pp.40-42,(2006-11)
鈴森康一,西岡靖貴,神田岳文,空気疎密派の重畳による空圧アクチュエータ駆 動システムの研究,平成18年度秋季フルードパワーシステム講演会,4,pp.28-30,(2006-11)
小倉慶子,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,久禮健司,センサ一体型ソフトアクチュエータの製作とセンサのモデリング,平成18年度秋季フルードパワーシステム講演会,3,pp.25-27,(2006-11)
山本陽太,久禮健司,岩井隆義,神田岳文,鈴森康一,ソフトアクチュエータ圧電高分子柔軟センサの性能評価,第15回計測自動制御学会中国支部学術講演会論文集,309,pp.112-113,(2006-11)
石川直行、神田岳文、鈴森康一、吉澤秀和、山田嘉昭,微小孔板の超音波振動による液滴生成実験,第27回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,J-5,pp.357-358,(2006-11)
本多幸司,神田岳文,鈴森康一,走査型プローブ顕微鏡用エッジモードプローブセンサ,第27回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,P3-13,pp.399-400,(2006-11)
松永佑介,神田岳文,鈴森康一,市原誉識,扇形圧電振動子を用いたインホイール型マイクロ超音波モータ,第27回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,P3-58,pp.489-490,(2006-11)
久禮健司,神田岳文,鈴森康一,脇元修一,導電性塗料を用いた柔軟変位センサ(設計最適化とFMAへの応用),第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2G1-3,p.700-701,(2006-12)
遠藤 聡、鈴森 康一、神田 岳文、加藤 直三、鈴木 博善,非線形FEM解析に基づいたマンタ型遊泳ロボットの開発,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2G1_4,pp.702-703,(2006-12)
谷口浩成、鈴森康一、神田岳文,シリコーンラバーの一体成形によるマイクロチェックバルブの開発,第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会,2G1-1,pp.696-697,(2006-12)
Shuichi Hatano, Ken-Ichiro Sotowa, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shigeru Sugiyama, Hidekazu Yoshizawa,Formation of Droplets from a Vibrating Micronozzle -a CFD Study-,The 19th International Symposium on Chemical Engineering Kyushu(Japan)-Daejeon/Chungnam(Korea),PE-8,(2006-12)
2007年
神田岳文,石川直行,鈴森康一,吉澤秀和,山田嘉昭,微小孔板駆動超音波振動子による液滴生成,2007年度精密工学会春季大会,K69,pp.1021-1022,(2007-3)
Takefumi Kanda, Naoyuki Ishikawa, Koichi Suzumori, Hidekazu Yoshizawa, Yoshiaki Yamada,Droplets generation using micropore plate driven by Langevin type transducer,2007 International Congress on Ultrasonics,1436,pp.146-147,(2007-4)
Koichi Suzumori,Satoshi Endo, Takefumi Kanda, Naomi Kato, Hiroyoshi Suzuki, A Bending Pneumatic Rubber Actuator Realizing Soft-bodied Manta Swimming Robot 2007 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA 2007), FrE12.3, pp.4975-4980, (2007-4)
神田岳文,本多幸司,鈴森康一,エッジモード圧電振動子によるプローブ顕微鏡用プローブセンサ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1P1-N01,(2007-5)
神田岳文,松永佑介,鈴森康一,市原誉識,扇形圧電振動子と平面型予圧機構によるマイクロ超音波モータ,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1A2-B01,(2007-5)
遠藤聡,鈴森康一,神田岳文,加藤直三,鈴木博善,非線形FEM解析に基づいた小型マンタ型遊泳ロボットの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1P1-D08,(2007-5)
山本陽太,久禮健司,鈴森康一,神田岳文,圧電高分子柔軟センサを用いたソフトアクチュエータのサーボ制御,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1A2- B02,(2007-5)
脇元修一,鈴森康一,神田岳文,導電性樹脂膜による高コンプライアントロボットの機能性向上,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1P1- G04,(2007-5)
鈴森康一,神田岳文,廣岡大祐,河野一俊,圧電素子による微粒子励振型可変オリフィス,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,1A2- B03,(2007-5)
谷口浩成,鈴森康一,中平卓臣,伊桐千浪,神田岳文,流体制御デバイス一体型アクティブマイクロリアクターシステムの開発,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,2A1-N01,(2007-5)
桑田明菜,安富雄大,鈴森康一,神田岳文,管径適応型管内移動ロボットの研究 -第9報:3次元状配管内の走行-,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,2A1-K04,(2007-5)
後藤慎二,安原直孝,盛真唯子,鈴森康一,神田岳文,高圧油圧アクチュエータを用いたレスキューロボットの研究-第5報:実用化に向けた改良及びフィールド実験-,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2007,2P1-J02,(2007-5)
神田岳文,松永佑介,鈴森康一,市原誉識,扇形圧電振動子を用いた薄型マイクロ超音波モータ,第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B141,pp.111-112,(2007-5)
神田岳文,本多幸司,鈴森康一,エッジモード振動を利用した走査型プローブ顕微鏡用プローブセンサ,第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B142,pp.113-114,(2007-5)
中平卓臣,門脇信傑,鈴森康一,神田岳文,マイクロ三方弁の開発とスラグ流の形成実験,第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B143,pp.115-117,(2007-5)
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,阪田祐作,武藤明徳,マイクロロータリーリアクタによる螺旋状層流界面形成実験,第19回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,B144,pp.118-121,(2007-5)
中平卓臣,門脇信傑,鈴森康一,神田岳文,武藤明徳,武川裕美,スラグ流生成用マイクロバルブの開発と銅イオン抽出プロセスへの応用,第15回科学とマイクロ・ナノシステム研究会 (15thCHEMINAS),FP28,p.30,(2007-5)
Koichi Suzumori, Satoshi Endo, Takefumi Kanda, Optimal Design of Bending Pneumatic Rubber Actuator Based on Non-Linear Finite Element Analysis, 12th IFToMM World Congress,183, (2007-6)
Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Development of Biomimetic Soft Cord Robot and Its Control Using Embedded Conductive Film Sensor, ICMDT International Conference Machine Design and Tribology,B19,(2007-7)
Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, “Pneumatic valve operated by multiplex pneumatic transmission”, JSME-KSME Joint International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT 2007), B18, 北海道大学 (北海道札幌市), CDROM, 2007.7.2~3, 2007.7.3.
古澤宏明,微量流体制御マイクロデバイスの研究開発,高校生・大学院生による研究紹介と交流の会,p.32,(2007-7)
Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Kenji Kure,Soft Pressure Sensor Embedded in McKibben Actuator,2007 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics AIM2007,(2007-9)
Takefumi Kanda, Yusuke Matsunaga, Koichi Suzumori, An In-wheel Type Micro Ultrasonic Motor utilizing Sector Shaped Piezoelectric Vibrators, 2007 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatoronics, 240, (2007-9)
小川浩史,西岡靖貴,鈴森康一,河野一俊,佐々木篤志,遠山宗雄,“大変位空圧サーボシリンダの開発”,日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会,2905,関西大学 (大阪府吹田市),pp.235-236,2007.9.9~12,2007.9.10.
神田岳文,“狭隘空間用アクチュエータ”,日本機械学会創立110周年記念2007年度年次大会,F07(2),関西大学 (大阪府吹田市),pp.204-205,2007.9.9~12,2007.9.11.
武藤明徳,武川裕美,中平卓臣,鈴森康一,神田岳文,門脇信傑,マイクロバルブによるスラグ流の発生と抽出プロセスへの適用,化学工学会第39回秋季大会研究発表講演要旨集,L122,(2007-9)
小林昭仁,神田岳文,鈴森康一,円筒型マイクロ超音波モータの駆動特性の解析と評価,2007年度精密工学会秋季大会,J46,pp.755-756,(2007-9)
市原誉識,松永佑介,神田岳文,鈴森康一,扇形圧電振動子駆動薄型マイクロ超音波モータ,2007年度精密工学会秋季大会,J47,pp.757-758,(2007-9)
神田岳文,石川直行,原田拓也,鈴森康一,山田嘉昭,微小孔板駆動超音波振動子による液滴生成 (第2報:ねじり振動子を利用した液滴生成),2007年度精密工学会秋季大会,J61,pp.761-762,(2007-9)
甲昌男,神田岳文,鈴森康一,超音波振動攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT薄膜アクチュエータ,2007年度精密工学会秋季大会学術講演会,J66,pp.769-770,(2007-9)
工藤弘行, 鈴森康一, 神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発 (第6報:駆動機構の出力安定性の向上と通信・制御システムの小型化),第25回日本ロボット学会学術講演会,1H15,p59,(2007-9)
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,楠本浩二 (芦森工業㈱),高橋正幸(新明和工業㈱),超高強力PBO繊維を用いた超高出力水圧人工筋の開発,第25回日本ロボット学会学術講演会,p.209,2K21, (2007-9)
久保知也,工藤弘行,桑田明菜,小川浩史,鈴森康一,神田岳文,フィジカルマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 (第10報:電磁アクティブ20面体システムの開発と基礎動作の確認),第25回日本ロボット学会学術講演会,1H14,p.59,(2007-9)
小倉慶子,脇元修一,鈴森康一,神田岳文,久禮健司,ポリマセンサ一体型FMAのドリフト補償法, 第25回日本ロボット学会学術講演会, p.242,3I16, (2007-9)
槙野旭洋,岸隆志,神田岳文,鈴森康一, ペースト状有機材料を利用した光駆動形状記憶合金アクチュエータ, 第25回日本ロボット学会学術講演会, p.243,3I17,(2007-9)
Hironari Taniguchi, Koichi Suzumori, Takumi Nakahira, Chinami Ito, Takefumi Kanda, “Development of Separable Micro Reactor System with Integrated Fluid Control Devices for personalized medicine”, International Conference on Control, Automation and Systems 2007 (ICCAS2007), FP05-6, pp.2407-2410, 2007.10.17~20, 2007.10.19.
Hisakazu Onoe, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, “Development of Tetra Chamber Actuator”, 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, Tuc4.6, Sheraton Hotel & Marina(San Diego, Ca, USA), pp.777-782, 2007.10.29~11.2, 2007.10.30.
Yohta Yamamoto, Kenji Kure, Takayoshi Iwai, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, “Flexible Displacement Sensor using Piezoelectric Polymer for Intelligent FMA”, 2007 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, TuC4.4, Sheraton Hotel and Marina (San Diego, CA, USA), pp.765-770, 2007.10.29.~11.2, 2007.10.30.
Akihito Kobayashi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, “Driving Performance of a Cylindrical Micro Ultrasonic Motor”, IEEE/RSJ 2007 INTERNATIONAL CONFERENCE, ThC10.3, Sheraton Hotel and Marina(San Diego, CA, USA), pp. 3809-3814, 2007.10.29.~11.2., 2007.11.1.
Hiroyuki Kudo, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, “Force Feedback Mouse with Differential Mechanism for Omni-Traveling”, MHS2007&Micro-NanoCOE, TA2-2, 愛知県名古屋市, pp.430-435, 2007.11.11~14, 2007.11.13.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 (第2報;機能検証用バルブを用いた2シリンダの独立駆動実験)”,平成19年度秋季フルードパワーシステム講演会,31,霧島市役所 (鹿児島県霧島市),pp.109-111,2007.11.15~16,2007.11.16.
Koichi Suzumori, “Intelligent Actuators for Mechatronics with Multi-Degrees-of-Freedom”, The 4th Public Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, Okinawa Convention Center, Okinawa, 宜野湾市, pp.73-76, 2007.11.19~20, 2007.11.19.
Takefumi Kanda, “Micro Actuator System for Narrow Space under Specific Environment”, The 4th Public Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, Okinawa Convention Center, Okinawa 宜野湾市, pp.147-150, 2007.11.19~20, 2007.11.20
Akina Kuwada, Yudai Adomi, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Nobuhiro Kadowaki, “Snake-like Robot Negotiating Three-Dimensional Pipelines”, 2007 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, MN1(3), Crowne Plaza Hotel Sanya (Sanya, hainan, China), pp.989-994, 2007.12.15~18, 2007.12.17.
尾上久和,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“大変形可能な薄肉多段構造ラバチュエータの開発とその評価”,第8回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,1E1-4,広島国際大学 国際教育センター (広島県広島市),pp. 197-198,2007.12.20~22,2007.12.20.
山本陽太,久禮健司,岩井隆義,神田岳文,脇元修一,鈴森康一,“圧電高分子柔軟変位センサを用いたインテリジェントFMAの開発”,第8回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,1E1-5,広島国際大学 国際教育センター (広島県広島市),pp.199-200,2007.12.20~22,2007.12.20.
大阪府立高専 土井智晴,矢野尋也,岡山大 鈴森康一,筑波大 坪内孝司,東工大 広瀬茂男,“水圧・空圧駆動の先端的探索機材群の開発-第1報:研究概要とこれまでの成果-”,第8回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,2D2-2,広島国際大学 国際教育センター (広島県広島市),pp.585-586,2007.12.20~22,2007.12.21.
2008年
武藤明徳,野垣真悟,Thallada Bhaskar,阪田祐作,鈴森康一,神田岳文,“温度制御三次元マイクロリアクターを用いたドコサヘキサエン酸エチルの抽出”,化学工学会 第73年会 (2008),F309,浜松市,2008.3.17.~19,2008.3.19.
Koichi Suzumori, “Intelligent Actuators for Mechatronics with Multi-Degrees-of-Freedom”, The 2nd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, APA HOTEL & RESORT TOKYO BAY MAKUHARI (千葉市), pp. 23-26, 2008.4.17.
Takefumi Kanda, “Micro Actuator System for Narrow Space under Specific Environment”, The 2nd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs, APA HOTEL & RESORT TOKYO BAY MAKUHARI (千葉市), pp. 131-134, 2008.4.17.
山本陽太,水田敦史,神田岳文,脇元修一,鈴森康一,“圧電高分子柔軟センサによる大変形ソフトアクチュエータの変位検出”,第8回機素潤滑設計部門講演会,1315,倉敷市,pp.149-150,2008.4.21~22,2008.4.21.
小田慎治,宇塚和夫,榎本勇生,鈴森康一,“ニューテーションモータの開発 (第8報 空圧ニューテーションモータの駆動系最適化による特性向上)”,第8回機素潤滑設計部門講演会,1309,倉敷市,pp. 131-134,2008.4.21~22,2008.4.21.
谷口浩成,中谷信太郎,鈴森康一,“金属薄膜振動型アクティブマイクロミキサーの開発”,第8回機素潤滑設計部門講演会,1302,倉敷市,pp.113-116,2008.4.21~22,2008.4.21.
魚橋悠紀,古澤宏明,鈴森康一,山田嘉昭,谷口浩成,“一方向弁の改良によるマイクロリニアポンプの特性向上”,第8回機素潤滑設計部門講演会,2305,倉敷市,pp. 223-226,2008.4.21~22,2008.4.22.
中平卓臣,門脇信傑,鈴森康一,“マイクロバルブによる化学プロセスのためのスラグ流生成/分離”,第8回機素潤滑設計部門講演会,2307,倉敷市,pp.229-232,2008.4.21~22,2008.4.22.
伊桐千浪,鈴森康一,谷口浩成,神田岳文,武藤明徳,阪田祐作,“マイクロ空間における微粒子駆動を用いた攪拌手法の開発と化学反応プロセスへの適用”,第20回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,23B3-3,別府ビーコンプラザ(大分県別府市),pp. 681-683,2008.5.21~23,2008.5.23.
原田拓也,石川直行,神田岳文,鈴森康一,山田嘉昭,外輪健一郎,“超音波振動子と微小孔板を用いた液滴生成”,第20回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,23B3-5,別府ビーコンプラザ (大分県別府市),pp. 689-692,2008.5.21~23,2008.5.23.
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,阪田祐作,武藤明徳,“マイクロロータリーリアクタによる螺旋状層流界面形成実験 ~構造の改良による界面への影響~”,第20回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,23B3-2,別府ビーコンプラザ (大分県別府市),pp. 677-679,2008. 5.21~23,2008. 5.23.
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,高橋正幸,細谷高司,清板祝士,“高強力PBO繊維を用いた水圧McKibben型人工筋の特性評価”,平成20年度春季フルードパワーシステム講演会 講演論文集,5,機械振興会館 (東京都港区),pp. 17-19,2008. 5.29~30,2008. 5.29.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,河野一俊,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御可変オリフィス -第3報 微粒子径による流量変化の測定-”,平成20年度春季フルードパワーシステム講演会 講演論文集,37,機械振興会館 (東京都港区),pp. 113-115,2008. 5.29~30,2008. 5.30.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“多自由度空気圧システムの簡素化を目的とした疎密波重畳駆動システムの研究”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1A1-B02,ビッグハット (長野市),pp. 1A1-B02(1)~(3),2008.6.5~7,2008. 6.6.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,河野一俊,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御可変オリフィス -第2報 振動子の改良による広域空圧下制御実験-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1A1-B05,ビッグハット (長野市),pp. 1A1-B05 (1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.6.
前田拓,草野洋平,小林昭仁,工藤弘行,神田岳文,鈴森康一,“磁気エンコーダ一体型マイクロ超音波モータの速度制御”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1A1-B06,ビッグハット (長野市),pp. 1A1-B06(1)~(3),2008.6.5~7,2008. 6.6.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi,鈴森康一,脇元修一,工藤弘行,“Control Approaches and Detecting Function of Intelligent Cylinder for Human Adaptive Mechanism”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1A1-B16,ビッグハット (長野市),pp. 1A1-B16 (1)~(4),2008.6.5~7,2008. 6.6.
八木祐樹,岸隆志,槙野旭洋,神田岳文,鈴森康一,“ペースト状有機材料のパターニングを利用した光駆動形状記憶合金アクチュエータ”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1A1-B18,ビッグハット (長野市),pp. 1A1-B18 (1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.6.
鈴森康一,斉藤文孝,“マイクロラバー構造体による受動歩行”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1P1-B01,ビッグハット (長野市),pp. 1P1-B01 (1)~(4),2008. 6.5~7,2008.6.6.
工藤弘行,鈴森康一,久保知也,“フィジカルマンマシンインタラクションを実現するアクティブマウスの開発(第7報:ソフトウェア操作教示への応用)”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,1P1-H14,ビッグハット (長野市),pp. 1P1-H14 (1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.6.
甲昌男,神田岳文,鈴森康一,“超音波振動攪拌機構を用いた水熱合成法による一体型圧電薄膜アクチュエータ”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2A1-F09,ビッグハット (長野市),pp. 2A1-F09(1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.7.
久保知也,小川浩史,鈴森康一,遠山宗雄,“フィジカルヒューマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究-空圧インテリジェントアクチュエータの開発と120自由度リンク機構の構築-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2A1-I04,ビッグハット (長野市),pp. 2A1-I04 (1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.7.
潮崎晴紀,盛真唯子,門脇信傑,鈴森康一,“テンセグリティ構造を用いたジャッキアップツール”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2P1-A06,ビッグハット (長野市),pp. 2P1-A06(1)~(3),2008. 6.5~7,2008.6.7.
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,高橋正幸,細谷高司,清板祝士,楠本浩二,“高強力PBO繊維を用いた高水圧駆動McKibben型人工筋の開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2P1-A07,ビッグハット (長野市),pp. 2P1-A07 (1)~(4),2008. 6.5~7,2008.6.7.
桑田明菜,鈴森康一,安富雄大,脇元修一,“管径適応型管内移動ロボットの研究 ―第10報:管形状自動適応走行の実現―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2P1-C13,ビッグハット (長野市),pp. 2P1-C13 (1)~(4),2008.6.5~7,2008. 6.7.
谷口浩成,中谷信太郎,鈴森康一,“温度制御機能搭載多段階マイクロリアクターシステムの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2P1-D19,ビッグハット (長野市),pp. 2P1-D19 (1)~(4),2008.6.5~7,2008. 6.7.
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,阪田祐作,武藤明徳,“螺旋状層流界面形成マイクロロータリーリアクタ”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2008,2P1-D20,ビッグハット (長野市),pp. 2P1-D20 (1)~(4),2008. 6.5~7,2008.6.7.
H. Furusawa, K. Suzumori, T. Kanda, Y. Yamada, “Completely Sealed Micro Screw Pump Driven by External Magnetic Field for Controlling Minute Amount of Liquid”, ACTUATOR 2008, 11th International Conference on New Actuators, P73, Messe Bremen (Germany), pp. 790-793, 2008. 6.9~11, 2008. 6.10.
D. Hirooka, K. Suzumori, T. Kanda, K. Kohno, “Flow Metering Valve for Pneumatic Actuators Using Particle Excitation by PZT Vibrator”, ACTUATOR 2008, 11th International Conference on New Actuators, P139, Messe Bremen (Germany), pp. 1034-1037, 2008. 6.9~11, 2008. 6.10.
T. Kanda, Y. Matsunaga, T. Ichihara, K. Suzumori, “A Low-Profile Micro Ultrasonic Motor utilizing Sector Shape Piezoelectric Vibrators”, ACTUATOR 2008, 11th International Conference on New Actuators, A5.3, Messe Bremen (Germany), pp. 168-171, 2008. 6.9~11, 2008. 6.11.
Hisakazu Onoe, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto, “Optimum Design of Pneumatic Multi-chamber Rubber Tube Actuator Generating Traveling Deformation Waves for Colonoscope Insertion”, 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, WM-2(1), Xi'an, China, pp. 31-36, 2008.7.2~5, 2008.7.2.
Hironari Taniguchi, Koichi Suzumori and Shintaro Nakatani, “An Active Micro Reactor System with Integrated Fluid Control Devices for Chemical Synthetic Process”, 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, WM-2(3), Xi'an, China, pp. 43-48, 2008.7.2~5, 2008.7.2.
Akina Kuwada, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, and Yudai Adomi, “Automatic Pipe Negotiation Control for snake-like robot”, 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, WE-5(4), Xi'an, China, pp. 558-563, 2008.7.2~5, 2008.7.2.
市原誉識,神田岳文,鈴森康一,“扇形圧電振動子を用いた薄型マイクロ超音波モータの駆動特性の解析と評価”,社団法人日本機械学会2008年度年次大会講演論文集,3202,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),pp. 149-150,2008. 8.3~7,2008. 8.4.
鈴森康一,西岡靖貴,脇元修一,“空気疎密波重畳によるアクチュエータ駆動”,第26回日本ロボット学会学術講演会,1A3-09,神戸大学 (神戸市),2008.9.9~11,2008.9.9.
Yasutaka NISHIOKA, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA, and Shuichi WAKIMOTO, “A NEW PNEUMATIC CONTROL SYSTEM USING MULTIPLEX PNEUMATIC TRANSMISSION”, PROCEEDINGS of the 7th JFPS International Symposium on Fluid Power, P1-34, Toyama International Conference Center (Toyama), pp. 439-442, 2008. 9.15~18, 2008. 9.16.
Koichi SUZUMORI, “NEW PNEUMATIC ACTUATORS PRODUCING BREAKTHROUGH IN MECHATRONICS”, PROCEEDINGS of the 7th JFPS International Symposium on Fluid Power, OS9-1, Toyama International Conference Center (Toyama), pp. 197-202, 2008. 9.15~18, 2008. 9.18.
道廣善彦,甲昌男,神田岳文,鈴森康一,“超音波振動攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT圧電薄膜の成膜”,2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,L32,東北大学 (宮城県仙台市),pp. 923-924,2008. 9.17~19,2008. 9.18.
神田岳文,殿界明真,甲昌男,鈴森康一,“水熱合成法によるPLZT薄膜を用いた光駆動アクチュエータ”,2008年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集,L33,東北大学 (宮城県仙台市),pp. 925-926,2008. 9.17~19,2008. 9.18.
Koichi Suzumori, and Fumitaka Saito, “Micro Rubber Structure Realizing Multi-Legged Passive Walking”, 2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, TuBT1.1, Acropolis Convention Center (Nice, France), pp. 445-450, 2008.9.22~26, 2008.9.23.
Takashi ICHIHARA, Takefumi KANDA, and Koichi SUZUMORI, “Design and Evaluation of Low-profile Micro Ultrasonic Motors using Sector Shaped Piezoelectric Vibrators”, 2008 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems, TuBT 4.6, Acropolis Convention Center (Nice, France), pp. 588-593, 2008.9.22~26, 2008.9.23.
久保知也,小川浩史,鈴森康一,遠山宗雄,“インテリジェント空圧シリンダの開発と120自由度リンク機構への応用”,日本機械学会講演論文集 中国四国支部・九州支部合同企画 岡山講演会,C01,岡山大学 (岡山市),pp. 89-90,2008.10.22,2008.10.22.
森重佳久,池田礼子,鈴森康一,“遠設コイル駆動式磁気モータの開発”,日本機械学会講演論文集 中国四国支部・九州支部合同企画 岡山講演会,C04,岡山大学 (岡山市),pp. 95-96,2008.10.22,2008.10.22.
八木祐樹,槙野旭洋,神田岳文,鈴森康一,“ペースト状有機材料を用いた光導波路一体型光駆動SMAアクチュエータ”,日本機械学会講演論文集 中国四国支部・九州支部合同企画 岡山講演会,C06,岡山大学 (岡山市),pp. 99-100,2008.10.22,2008.10.22.
Takuya Harada, Naoyuki Ishikawa, Takefumi Kanda, and Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada, Ken-Ichiro Sotowa, “Droplets generation by a torsional bolt-clamped Langevin-type transducer and micropore plate”, 2008 IEEE International Ultrasonics Symposium, 6F-2, Beijing International Convention Center (Beijing, China), 2008.11.2~5, 2008.11.4.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto, “Distributed Physical Human Machine Interaction Using Intelligent Pneumatic Cylinders”, 2008 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science, Nagoya University (Nagoya City), pp. 249-254, 2008.11.6~9, 2008.11.8.
土井智晴,橋本陽太,藤田瑞樹,青木岳史,広瀬茂男,鈴森康一,坪内孝司,“水圧・空圧駆動の先端的探索機材群の開発 第2報:平成19年度の成果と実用化に向けた取り組み”,第9回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,1A4-4,長良川国際会議場/未来会館 (岐阜県岐阜市),pp. 45-46,2008. 12.5~7,2008. 12.5.
八木祐樹,槙野旭洋,神田岳文,鈴森康一,“光導波路一体型多自由度光駆動SMAアクチュエータの開発”,第9回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,3H4-2,長良川国際会議場/未来会館 (岐阜県岐阜市),pp. 1207-1208,2008. 12.5~7,2008. 12.7.
脇元修一,小倉慶子,鈴森康一,西岡靖貴,“大湾曲ラバーアクチュエータのマイクロ化に関する研究(第1報 蛇腹構造の最適化とマイクロラバーモールドプロセスの確立)”,第9回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,3H4-3,長良川国際会議場/未来会館 (岐阜県岐阜市),pp. 1209-1210,2008. 12.5~7,2008. 12.7.
鈴森康一,脇元修一,“多自由度メカトロニクス用インテリジェントアクチュエータ”,「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究」第5回公開シンポジウム,東京大学武田先端知ビル武田ホール (東京都文京区),pp. 79-82,2008.12.8~9,2008.12.9.
神田岳文,“局所狭隘作業機器への応用可能なマイクロアクチュエータ構造体システムの研究”,「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究」第5回公開シンポジウム,東京大学武田先端知ビル武田ホール (東京都文京区),pp. 151-154,2008.12.8~9,2008.12.9.
2009年
Keiko Ogura, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yasutaka Nishioka, “Micro Pneumatic Curling Actuator -Nematode Actuator-”, Proceedings of the 2008 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, MoC2.1, The Imperial Queen's Park Hotel (Bangkok, Thailand), pp. 462-467, 2009.2.21~26, 2009.2.23.
前田拓,小林昭仁,神田岳文,鈴森康一,竹腰清乃理,水野敬,“円筒型超音波モータの強磁場環境下への応用”,2009年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集,I17,中央大学 後楽園キャンパス (東京都文京区),pp. 629-630,2009.3.11~13,2009.3.11.
Shuichi Wakimoto, Keiko Ogura, Koichi Suzumori, Yasutaka Nishioka,“Miniature Soft Hand with Curling Rubber Pneumatic Actuators”, 2009 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2009), ThB7.3, Kobe International Conference Center (Kobe, Japan), pp. 556-561, 2009.5.12~17, 2009.5.14.
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,武藤明徳,阪田祐作,川上真以,“螺旋状層流形成マイクロロータリーリアクタの化学反応プロセスへの適用”,第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,20A1-1,メルパルク長野 (長野市),pp. 25-28,2009.5.20~22,2009.5.20.
富永宜幸,原田拓也,神田岳文,鈴森康一,山田嘉昭,“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いたエマルション生成”,第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,20A1-2,メルパルク長野 (長野市),pp. 29-32,2009.5.20~22,2009.5.20.
前田拓,小林昭仁,神田岳文,鈴森康一,竹腰清乃理,水野敬,“強磁場下試料回転機構への円筒型超音波モータの応用”,第21回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,20A1-3,メルパルク長野 (長野市),pp. 33-36,2009.5.20~22,2009.5.20.
熊谷一星,脇元修一,鈴森康一,“空圧駆動柔軟デバイスを用いた剛性変化型大腸内視鏡の開発-剛性変化デバイスの開発と基礎特性の確認-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2A1-K11,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2A1-K11 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
久保知也,小林勇介,鈴森康一,“フィジカルヒューマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 ―第12 報:アクティブ80面体システムの構築と弾性力提示実験―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2A2-H05,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2A2-H05 (1)~(3),2009.5.24~26,2009.5.26.
古澤宏明,鈴森康一,神田岳文,山田嘉昭,武藤明徳,阪田祐作,川上真以,“螺旋状層流形成マイクロロータリーリアクタ ― 銅イオンの抽出を行う化学反応プロセスへの適用 ―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2A2-K09,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2A2-K09 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
中谷信太郎,谷口浩成,鈴森康一,“温度制御機能搭載多段階マイクロリアクターシステムの開発 ―第2報:マイクロ流体システム搭載用モジュール型ポンプの開発―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2A2-K14,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2A2-K14 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
川口優樹,門脇信傑,鈴森康一,武藤明徳,川上真以,“マイクロバルブを用いたアクティブスラグ流化学プロセスの実現 ―第2報:銅イオン抽出プロセスへの応用―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2A2-L07,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2A2-L07 (1)~(3),2009.5.24~26,2009.5.26.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto,“Development of High Force Intelligent Pneumatic Cylinder for Intelligent Chair Tool”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-A14,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-A14 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
岩田和大,盛真唯子,潮崎晴紀,鈴森康一,“高水圧McKibben型人工筋の開発と軽量スプレッダーへの応用”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-A17,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-A17 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,河野一俊,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 ―第4報 振動子のボルト締めによる小型第2号機の作製―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-A18,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-A18 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
市原誉識,神田岳文,鈴森康一,“扇型圧電振動子駆動超音波モータの予圧機構の検討”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-A20,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-A20 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
八木祐樹,槙野旭洋,神田岳文,鈴森 康一,“SMA 薄膜を用いた導波路一体型光駆動アクチュエータ”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-B09,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-B09 (1)~(2),2009.5.24~26,2009.5.26.
三宅正樹,谷口浩成,鈴森康一,“磁気機能性流体を用いた円筒型ラバーアクチュエータの応答特性”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-B10,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1-B10 (1)~(3),2009.5.24~26,2009.5.26.
鈴森康一,斉藤文孝,“マイクロラバー構造体による受動歩行 ―第2報;光造形プロセスによる集積化と小型化―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2009,2P1-D06,福岡国際会議場 (福岡県福岡市),pp. 2P1- D06 (1)~(4),2009.5.24~26,2009.5.26.
神田岳文,“マイクロ超音波モータの試作と特殊環境下駆動への応用”,精密工学会超精密位置決め専門委員会定例会 No.2009-2,3,東京工業大学すずかけホール (神奈川県横浜市),pp. 33-41,2009. 6.19.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,小倉慶子,“空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 第3報;小型化と漏れ流量の低減”,平成21年度春季フルードパワーシステム講演会,39,東北大学片平キャンパス(宮城県仙台市),pp. 119-121,2009. 6.25~26,2009. 6.26.
Shinji ODA, Kazuo UZUKA, Isao ENOMOTO, and Koichi SUZUMORI,“Development of Nutation Motors (9th Report, Improvement of Pneumatic Nutation Motor by Optimizing Diaphragm Design)”, The 3rd International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology ICMDT 2009, Ramada Plaza Jeju (Jeju Island, Korea), pp. 108, 2009.6.25~26, 2009.6.26.
Yuki UOHASHI, Hironari TANIGUCHI, Koichi SUZUMORI,“Fabrication and evaluation of various types of micro one-way valves through micro rubber molding process”, The 3rd International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology ICMDT 2009, Ramada Plaza Jeju (Jeju Island, Korea), pp. 172, 2009.6.25~26, 2009.6.26.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori, and Shuichi Wakimoto,“Design and Control of New Intelligent Pneumatic Cylinder for Intelligent Chair Tool Application”, 2009 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, FC4.3, Suntec Convention and Exhibition Center (Singapore), pp. 1909-1914, 2009.7.14~17, 2009.7.17.
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,神田岳文,高橋正幸,細谷高司,竹松愛実,“高出力水圧人工筋を用いた高把持力を発揮する倣い動作可能パワーハンドの開発”,第27回日本ロボット学会学術講演会,1G1-03,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.15.
中井 央,脇元修一,鈴森康一,“McKibben 型アクチュエータを用いた配管内検査用柔軟索状ロボットの改良”,第27回日本ロボット学会学術講演会,1Q3-03,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.15.
谷口浩成,三宅正樹,鈴森康一,“磁気機能性流体を用いたフレキシブルラバーアクチュエータに関する基礎的検討”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B1-03,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 (第4 報;複数のバルブの独立駆動)”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B2-01,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
Ahmad `Athif MOHD FAUDZI, Koichi SUZUMORI,“Compliance and Viscosity Control for Intelligent Pneumatic Cylinder”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B2-02,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
脇元修一,鈴森康一,西岡靖貴,“大腸内視鏡誘導多段型ラバーアクチュエータの製作と基礎実験”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B2-04,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
盛真唯子,潮崎晴紀,鈴森康一,高橋正幸,細谷高司,竹松愛実,“高出力水圧駆動McKibben型人工筋の開発”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B2-06,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
斉藤文孝,鈴森康一,“マイクロラバー構造体による受動歩行 ―第3報;小型・簡単形状によるペース歩容の実現―”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3P2-01,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 (第5報 シリンダへの適用実験)”,第27回日本ロボット学会学術講演会,3B3-03,横浜国立大学 (神奈川県横浜市),2009.9.15~17,2009.9.17.
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda,“Pneumatic Flow Control Valve Using Particle Excitation by PZT Transducer”, 2009 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), P1-P-02, Ergife Palace Hotel (Rome, Italy), pp.1624-1627, 2009.9.20~23, 2009.9.21.
Hiraku Maeda, Akihito Kobayashi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Kiyonori Takegoshi, Takashi Mizuno,“A Cylindrical Ultrasonic Motor for NMR Sample Spinning in High Magnetic Field”, 2009 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), 6C-6, Ergife Palace Hotel (Rome, Italy), pp.1070-1073, 2009.9.20~23, 2009.9.21.
Takefumi KANDA, Takashi ICHIHARA, Koichi SUZUMORI,“Design and Evaluation of Low-profile Micro Ultrasonic Motors Driven by Sector Shaped Piezoelectric Vibrators”, 2009 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), P3-N-05, Ergife Palace Hotel (Rome, Italy), pp.2596-2599, 2009.9.20~23, 2009.9.23.
Y.Nishioka, K.Suzumori, S.Wakimoto, T.Kanda, K.Ogura,“Rubber Button Valve and Bellows Realizing Resonant Valve for Multiplex Pneumatic Control”, IFToMM 1. International Symposium on Robotics and Mechatronics (ISRM 2009), 32, Hanoi University of Technology (Hanoi, Vietnam), DVD-RW, 2009.9.21~23, 2009.9.23.
神田岳文, 富永宜幸, 原田拓也, 鈴森康一, 山田嘉昭,“微小孔板とねじり振動子によるエマルション生成”,超音波研究会,US2009-45,登別グランドホテル (北海道登別市),pp. 41-46,2009. 9.29~30,2009. 9.29.
Tomoya Kubo, Yusuke Kobayashi, Ahmad `Athif Mohd Faudzi, and Koichi Suzumori,“Development of Active 80-faced Polyhedron for Haptic Physical Human-Machine Interface”, The 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2009), MoⅢT6.5, Hyatt Regency St. Louis Riverfront (St. Louis, Missouri, USA), pp. 1259-1264, 2009.10.11~15, 2009.10.12.
Fumitaka SAITO, and Koichi SUZUMORI,“Micro Rubber Structure Realizing Multi-Legged Passive Walking -Integration and Miniaturization by Micro Rubber Molding Process-”, The 2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2009), TuⅢT1.3, Hyatt Regency St. Louis Riverfront (St. Louis, Missouri, USA), pp. 3025-3030, 2009.10.11~15, 2009.10.13.
山口大介,殿界明真,神田岳文,鈴森康一,“水熱合成法を用いた圧電薄膜アクチュエータの紫外光駆動”,第1回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,M5-1,タワーホール船堀 (東京都),pp. 83-84,2009. 10.15~16,2009. 10.15.
Takuya Harada, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara and Kazutaka Higaki,“An emulsion generating device by an ultrasonic vibration and a microchannel”, The 30th Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2009), 1P4-13, 同志社大学今出川キャンパス寒梅館 (京都府京都市), pp. 111-112, 2009. 11.18~20, 2009.11.18.
武藤明徳,鈴森康一,古澤宏明,山田嘉昭,玉川修,“マイクロ流路内のスラグ流の制御と化学プロセスへの応用”,"モノづくりと地球環境のための"大学・公的研究機関による研究成果発表『産学官マッチングフォーラム』INCHEM TOKYO 2009,マイクロ一般9,東京ビッグサイト (東京都),p. 25,2009. 11.18~20,2009. 11.19.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 第5報;1本の圧力供給管に接続する5つの共振バルブの独立駆動”,平成21年度秋季フルードパワーシステム講演会,15,機械振興会館 (東京都),pp. 67-69,2009. 11.26~27,2009. 11.26.
Mayuko Mori, Koichi Suzumori, Syukushi Seita, Masayuki Takahashi, Takashi Hosoya, Koji Kusumoto,“Development of Very High Force Hydraulic McKibben Artificial Muscle and Its Application to Shape-Adaptable Power Hand”, 2009 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, MoC3, Lijiang Waterfall Hotel (Guilin, China), pp. 1457-1462, 2009.12.19~23, 2009.12.21.
Shuichi Wakimoto, Issei Kumagai, and Koichi Suzumori,“Development of large Intestine Endoscope Changing Its Stiffness”, 2009 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics, TuC3, Lijiang Waterfall Hotel (Guilin, China), pp. 2320-2325, 2009.12.19~23, 2009.12.22.
中谷信太郎,鈴森康一,魚橋悠紀,古澤宏明,谷口浩成,“携行型微量流体調合システム用マイクロポンプの開発”,第10回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2009),1L1-8,芝浦工業大学 (東京都江東区豊洲),pp. 734-737,2009. 12.24~26,2009. 12.24.
土井智晴,青木岳史,広瀬茂男,鈴森康一,坪内孝司,“水圧・空気圧駆動の先進的探索機材群の開発 第3報:3ヵ年の研究成果の総括”,第10回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2009),2M1-4,芝浦工業大学 (東京都江東区豊洲),pp. 1290-1293,2009. 12.24~26,2009. 12.25.
八木祐樹,神田岳文,鈴森康一,足田雄一,“光導波路一体型アクチュエータの駆動制御を目的とした光制御回路の構築”,第10回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2009),3J1-6,芝浦工業大学 (東京都江東区豊洲),pp. 1783-1785,2009. 12.24~26,2009. 12.26.
2010年
脇元修一,鈴森康一,西岡靖貴,“大湾曲ラバーアクチュエータのマイクロ化に関する研究(第2報 基礎実験と駆動特性評価)”,日本機械学会 第22回バイオエンジニアリング講演会,0701,岡山理科大学(岡山市北区),p. 104,2010.1.9~10,2010.1.9.
山本孝之,鈴森康一,山田嘉昭,脇元修一,武藤明徳,“化学反応による空圧アクチュエータ用携帯ガス圧源の開発”,日本機械学会 第22回バイオエンジニアリング講演会,0708,岡山理科大学(岡山市北区),p. 111,2010.1.9~10,2010.1.9.
Koichi SUZUMORI and Shuichi WAKIMOTO,“Intelligent Actuators for Mechatronics with Multi-Degrees of Freedom -Making Mechatronic Systems Simple, Smart and Reliable-”, 3rd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs (Book: "Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs"), A03, Tokyo Institute of Technology (Tokyo, Japan), pp. 165-176, 2010.1.25~26, 2010.1.26.
Takefumi KANDA,“Micro Actuator System for Narrow Spaces Under Specific Environment”, 3rd International Symposium on Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs (Book: "Next-Generation Actuators Leading Breakthroughs"), A05, Tokyo Institute of Technology (Tokyo, Japan), pp. 375-385, 2010.1.25~26, 2010.1.26.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi and Koichi Suzumori,“Programmable System on Chip (PSoC) Application for Human Adaptive Mechanical System”, Proceedings of the 2010 International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS2010), TS1B-1, Nagoya University (Nagoya, Japan), pp. 77-82, 2010.3.8~11, 2010.3.8.
岩田和大,“冷凍レンジ",岡大生が語る未来の夢,岡山大学50周年記念館ホール(岡山市北区),2010.2.4.
盛真唯子,“大きな力を発生する新しいアクチュエータの開発”,岡大生が語る未来の夢,岡山大学50周年記念館ホール(岡山市北区),2010.2.4.
殿界明真,神田岳文,鈴森康一,山口大介,“水熱合成法PLZT薄膜を用いた光駆動アクチュエータの特性評価”,2010年度精密工学会春季大会学術講演会,F03,埼玉大学(埼玉県さいたま市),pp. 441-442,2010.3.16~18,2010.3.16.
神田岳文,原田拓也,鈴森康一,小野努,岩渕草太郎,伊東一行,大河原賢一,檜垣和孝,“マイクロ流路の超音波励振によるエマルション生成”,2010年度精密工学会春季大会学術講演会,F26,埼玉大学(埼玉県さいたま市),pp. 475-476,2010.3.16~18,2010.3.16.
中谷信太郎,谷口浩成,鈴森康一,古澤宏明,青柳直樹,“携行型マイクロ流体システム用マイクロポンプの開発”,第10回機素潤滑設計部門講演会,1202,月岡温泉 華鳳(新潟県新発田市),pp. 55-58,2010.4.19~20,2010.4.19.
魚橋悠紀,鈴森康一,古澤宏明,“マイクロラバーファブリケーションによる立体構造を有するマイクロチェックバルブの試作研究”,第10回機素潤滑設計部門講演会,1203,月岡温泉 華鳳(新潟県新発田市),pp. 59-62,2010.4.19~20,2010.4.19.
光畑彰人,門脇信傑,鈴森康一,妹尾典久,“スラグ流生成/分離システムの構築”,第10回機素潤滑設計部門講演会,1208,月岡温泉 華鳳(新潟県新発田市),pp. 75-78,2010.4.19~20,2010.4.19.
Mayuko Mori, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Masayuki Takahashi, Takashi Hosoya, Emi Takematu,“Development of Power Robot Hand with Shape Adaptability Using Hydraulic McKibben Muscles”, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation, TuE2.2, Egan Center (Anchorage, Alaska, USA), pp. 1162-1168, 2010.5.3~8, 2010.5.4.
Shuichi Wakimoto, and Koichi Suzumori,“Fabrication and Basic Experiments of Pneumatic Multi-chamber Rubber Tube Actuator for Assisting Colonoscope Insertion”, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Automation, ThA2.2, Egan Center (Anchorage, Alaska, USA), pp. 3260-3265, 2010.5.3~8, 2010.5.6.
谷口浩成,青柳直樹,中谷信太郎,鈴森康一,“金属薄膜の振動を利用したマイクロ流路における攪拌手法の検討”,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22),20A1-4,門司港ホテル(北九州市門司区),pp. 234-237,2010.5.19~21,2010.5.20.
神田岳文,原田拓也,鈴森康一,小野努,岩渕草太郎,伊東一行,大河原賢一,檜垣和孝,“超音波振動子一体型マイクロ流路プレートによるエマルション生成”,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22),20A1-5,門司港ホテル(北九州市門司区),pp. 238-239,2010.5.19~21,2010.5.20.
中谷信太郎,谷口浩成,鈴森康一,古澤宏明,武藤明徳,上野洋平,“円柱形永久磁石を攪拌子とする能動的マイクロミキサの開発”,第22回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム(SEAD22),21C3-5,門司港ホテル(北九州市門司区),pp. 710-713,2010.5.19~21,2010.5.21.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 第6報 高圧印加時の振動子の挙動解析”,平成22年度春季フルードパワーシステム講演会,26,機械振興会館(東京都),pp. 76-78,2010.5.27~28,2010.5.27.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“空気疎密波の重畳による空圧アクチュエータ駆動システムの研究 第6報;時分割方式の提案とシリンダの独立制御実験”,平成22年度春季フルードパワーシステム講演会,27,機械振興会館(東京都),pp. 79-81,2010.5.27~28,2010.5.27.
盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,岩田和大,細谷高司,高橋正幸,竹松愛実,“高収縮力McKibben 型人工筋の開発と不定形重量物用ハンドへの応用”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,1A1-B13,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 1A1-B13(1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.15.
潮崎晴紀,岩田和大,盛真唯子,鈴森康一,脇元修一,“細型高収縮力人工筋の開発とテンセグリティ構造体への応用”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,1A2-C26,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 1A2-C26 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.15.
斉藤文孝,鈴森康一,“マイクロラバー構造体による受動歩行 -第4報;120 脚受動歩行シートの開発-”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2A1-A17,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2A1-A17 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.16.
森重佳久,斉藤文孝,鈴森康一,妹尾典久,“マイクロラバー構造体による受動歩行 ―第5報:40μm・50脚受動歩行機構の試作―”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2A1-G15,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2A1-G15 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.16.
西岡靖貴,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,“空気圧疎密波による多自由度空圧アクチュエータ駆動”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2A2-C30,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2A2-C30 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.16.
福成雅史,鈴森康一,西岡靖貴,Ahmad `Athif Mohd Faudzi,“フィジカルヒューマンマシンインタラクション用アクティブ多面体の研究 ―第13報:アクティブ多面体を用いた物理情報によるテレコミュニケーション―”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2P1-B21,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2P1-B21 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.16.
岩田和大,鈴森康一,脇元修一,“収縮・剛性変化・伸長人工筋の組み合わせによる高剛性ラバーアクチュエータの実現”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2P1-D13,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2P1-D13 (1)-(4),2010.6.13~16,2010.6.16.
足田雄一,八木祐樹,神田岳文,鈴森康一,“光導波路一体型光駆動SMA アクチュエータにおける駆動方法の検討”,ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2P1-D14,旭川大雪アリーナ(北海道旭川市),pp. 2P1-D14 (1)-(3),2010.6.13~16,2010.6.16.
S. Wakimoto, K. Suzumori, and K. Ozaki,“Pneumatic Rubber Tube Actuator for Assisting Colonoscope Insertion - Applying Positive and Negative Pressure -”, ACTUATOR 2010 12th International Conference on New Actuators, A2.6, Bremen Exhibition and Congress Center (Bremen, Germany), pp. 101-104, 2010.6.14~16, 2010.6.14.
H. Taniguchi, M. Miyake, K. Suzumori,“Development of Cylindrical Flexible Rubber Actuator with Magnetic Functional Fluids”, ACTUATOR 2010 12th International Conference on New Actuators, P61, Bremen Exhibition and Congress Center (Bremen, Germany), pp. 801-804, 2010.6.14~16, 2010.6.15.
Y. Tominaga, T. Harada, T. Kanda, K. Suzumori, Y. Yamada,“Emulsion Generator Using Ultrasonic Torsional Vibration and Micropore Plate”, ACTUATOR 2010 12th International Conference on New Actuators, P129, Bremen Exhibition and Congress Center (Bremen, Germany), pp. 1029-1032, 2010.6.14~16, 2010.6.15.
Takefumi Kanda, Hiraku Maeda and Koichi Suzumori,“A Micro Ultrasonic Motor Controlled by Using a Built-in Micro Magnetic Encoder”, 2010 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, FrA1.3, Delta Montreal (Montreal, Quebec, Canada), pp. 1029-1034, 2010.7.6~9, 2010.7.9.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto,“Development of Pneumatic Actuated Seating System to Aid Chair Design”, 2010 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, FrA1.4, Delta Montreal (Montreal, Quebec, Canada), pp. 1035-1040, 2010.7.6~9, 2010.7.9.
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori and Takefumi Kanda,“Experimental Analysis on Pneumatic Flow Control Valve Driven by PZT Vibrator”, 2010 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, FrA1.5, Delta Montreal (Montreal, Quebec, Canada), pp. 1041-1046, 2010.7.6~9, 2010.7.9.
熊谷一星,脇元修一,鈴森康一,“空圧駆動柔軟デバイスを用いた剛性変化型大腸内視鏡の開発 -第2報 剛性変化デバイスの改良と挿入基礎実験-”,日本機械学会 2010年度年次大会,J1102-1-1,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),pp. 349-350,2010.9.5~8,2010.9.6.
小野努・岩渕草太郎,伊東一行,原田拓也,神田岳文,鈴森康一,大河原賢一,檜垣和孝,妹尾典久,高野和潔,門脇信傑,大森啓士,“超音波振動を組み込んだマイクロ流路によるナノエマルション調製”,化学工学会 第42回秋季大会(2010),B303,同志社大学今出川キャンパス(京都府京都市),p.315,2010.9.6~8,2010.9.8.
Yasutaka Nishioka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto,“Experimental Evaluation of Multiplex Pneumatic Control Drive”, World Automation Congress 2010 12th International Symposium on Robotics and Applications(ISORA2010), 205, Kobe International Conference center(Kobe,Japan), 2010.9.19~22, 2010.9.20.
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, and Takefumi Kanda,“Dynamic Characteristics of Pneumatic Flow Control Valve Driven by PZT Vibrator”, World Automation Congress 2010 12th International Symposium on Robotics and Applications(ISORA2010), 271, Kobe International Conference center(Kobe,Japan), 2010.9.19~22, 2010.9.20.
鈴森康一,松岡大樹,“高温環境下における新アクチュエータの可能性”,第28回日本ロボット学会学術講演会,1N1-1,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.22.
神田岳文,山口大介,鈴森康一,“低温環境用圧電アクチュエータの試作設計”,第28回日本ロボット学会学術講演会,1N1-4,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.22.
三宅正樹,宇塚和夫,鈴森康一,“扁平電磁ニューテーションモータの開発 (第1報:基本構造と制御方法)”,第28回日本ロボット学会学術講演会,1N2-5,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.22.
尾崎健,脇元修一,鈴森康一,“大腸内視鏡誘導ラバーアクチュエータの新断面形状の導出と基礎実験”,第28回日本ロボット学会学術講演会,1N3-2,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.22.
三原匡貴,鈴森康一,“構造色による発色特性を持つフレキシブルマイクロアクチュエータ”,第28回日本ロボット学会学術講演会,2N2-4,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.23.
松岡大樹,中井央,鈴森康一,脇元修一,“管径適応型管内移動ロボットの研究 (第11報:実ガス管内への適用)”,第28回日本ロボット学会学術講演会,3Q2-6,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),CD-R,2010.9.22~24,2010.9.24.
Takefumi KANDA, Takuya HARADA, Yoshiyuki TOMINAGA, and Koichi SUZUMORI,“Emulsion Generation using Microchannel Plates and 2.25 MHz Ultrasonic Vibrators”, 2010 IEEE IUS (International Ultrasonics Symposium), P4-P1-1, Town & Country Resort and Convention Center (SanDiego California, USA), 2010.10.12~14, 2010.10.13.
Y.Nishioka, K.Suzumori, T.Kanda, S.Wakimoto,“A New Control Method Utilizing Multiplex Air Vibration for Multi-DOF Pneumatic Mechatronics Systems”, The 2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2010), WeCT2.2, Taipei International Convention Center (Taipei, Taiwan), pp. 3037 - 3042, 2010.10.18~22, 2010.10.20.
O Nakai, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori and Hiroki Matsuoka,“Driving evaluation of snake like robot in the practical gas pipe”, The First IFToMM Asian Conference on Mechanism and Machine Science (Asian-MMS 2010), 250119, Howard International House (Taipei, Taiwan), 2010.10.21~25, 2010.10.24.
Hironari Taniguchi, Masaki Miyake and Koichi Suzumori,“Development of New Soft Actuator Using Magnetic Intelligent Fluids for Flexible Walking Robot”, International Conference on Control, Automation and Systems 2010, FEP-12, KINTEX (Gyeonggi-do , Korea), pp. 1797-1801, 2010.10.27~30, 2010.10.29.
中井央,脇元修一,鈴森康一,松岡大樹,“管径適応型管内移動ロボットの研究(第12報:グリップパッドの開発による推進力の増大)”,第53回自動制御連合講演会,467,高知城ホール (高知県高知市),pp.1189~1191,2010.11.4~6,2010.11.6.
Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Takuya Harada, Tsutomu Ono, Sotaro Iwabuchi, Kazuyuki Ito, Ken-ichi Ogawara, Kazutaka Higaki,“An Emulsion Generating Microchannel Device Oscillated by Piezoelectric Vibrator”, 2010 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Sciense (MHS2010&Micro-Nano Global COE), MP1-2, Noyori Memorial Conference Hall, Nagoya University (Nagoya, Aichi), pp. 13~18, 2010.11.7~10, 2010.11.8.
富永宜幸,原田拓也,神田岳文,鈴森康一,小野努,岩渕草太郎,伊東一行,大河原賢一,檜垣和孝,吉澤雄太,“超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成条件”,第31回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,1Pb-46,明治大学駿河台アカデミーコモン (東京都千代田区),pp.233~234,2010.12.6~8,2010.12.6.
Issei Kumagai, Shuichi Wakimoto, and Koichi Suzumori,“Development of Large Intestine Endoscope Changing Its Stiffness -2nd report: Improvement of Stiffness Change Device and Insertion Experiment-”, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(ROBIO 2010), We2-2(3), Nikko Hotel Tianjin (Tianjin, China), pp.241~246, 2010.12.14~18, 2010.12.15.
Akimasa Tonokai, Takefumi Kanda, Daisuke Yamaguchi and Koichi Suzumori,“PLZT Film Actuators Deposited by a Hydrothermal Method”, 2010 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2010), Fr2-4(2), Nikko Hotel Tianjin (Tianjin, China), pp.1584~1589, 2010.12.14~18, 2010.12.17.
脇元修一,尾崎健,鈴森康一,山本陽太,“大腸内視鏡誘導ラバーチューブアクチュエータの開発 -正・負圧印加による駆動特性評価-”,第11回公益社団法人 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),3L2-1,東北大学 川内キャンパス (宮城県仙台市),pp.2078~2081,2010.12.23~25,2010.12.25.
石川悠倫,脇元修一,鈴森康一,“蛇腹構造を用いた直径400μm大湾曲ラバーアクチュエータの開発”,第11回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),3L2-2,東北大学 川内キャンパス (宮城県仙台市),pp.2082~2084,2010.12.23~25,2010.12.25.
森重佳久,鈴森康一,妹尾典久,“マイクロラバー構造体による受動歩行 -第6報:40μm・50脚構造の成形と評価実験-”,第11回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),3L2-3,東北大学 川内キャンパス (宮城県仙台市),pp.2085~2087,2010.12.23~25,2010.12.25.
永瀬純也,脇元修一,鈴森康一,嵯峨宣彦,“空気圧剛性可変フィンガを有するバルーン型腱駆動ロボットハンドの設計”,第11回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),3L2-4,東北大学 川内キャンパス (宮城県仙台市),pp.2088~2090,2010.12.23~25,2010.12.25.
足田雄一,神田岳文,鈴森康一,西岡倹太,“光導波路一体型SMAアクチュエータの駆動条件解析と設計”,第11回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2010),3L2-6,東北大学 川内キャンパス (宮城県仙台市),pp.2095~2097,2010.12.23~25,2010.12.25.
2011
山口大介,神田岳文,鈴森康一,“ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータ”,2011年度精密工学会春季大会学術講演会,M15,東洋大学 白山キャンパス (東京都文京区),pp. 937~938,2011.3.14~16,2011.3.14.
神田岳文,富永宜幸,原田拓也,鈴森康一,小野努,岩渕草太郎,伊東一行,大河原賢一,檜垣和孝,吉澤雄太,“積層型超音波振動マイクロ流路デバイスによるエマルション生成”,2011年度精密工学会春季大会学術講演会,M18,東洋大学 白山キャンパス (東京都文京区),pp. 941~942,2011.3.14~16,2011.3.14.
Kazuhiro Iwata, Koichi Suzumori and Shuichi Wakimoto,“Combination of extending / contracting artificial muscles realizing power soft mechanisms”, The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2011), D1-03, Hotel TAKESHIMA (Gamagori city, Aichi Pref. JAPAN), pp. 61~62, 2011.4.24~27, 2011.4.25.
Masaki MIYAKE, Koichi SUZUMORI and Kazuo UZUKA,“Development of a Flat Electromagnetic Nutation Motor”, The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2011), D1-07, Hotel TAKESHIMA (Gamagori city, Aichi Pref. JAPAN), pp. 65~66, 2011.4.24~27, 2011.4.25.
Daisuke YAMAGUCHI, Takefumi KANDA and Koichi SUZUMORI,“A Design of Bolt-Clamped Langevin-Type Transducer for Cryo Ultrasonic Motor”, The 4th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2011), D1-10, Hotel TAKESHIMA (Gamagori city, Aichi Pref. JAPAN), pp. 71~72, 2011.4.24~27, 2011.4.25.
Koichi Suzumori, Masaki Mihara, Shuichi Wakimoto,“Beautiful Flexible Microactuator Changing its Structural Color with Variable Pitch Grating”, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2011), WeA109.3, Shanghai International Conference Center (Shanghai, China), pp.2771~2776, 2011.5.9~13, 2011. 5.11.
Ken Ozaki, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yohta Yamamoto,“Novel design of rubber tube actuator improving mountability and drivability for assisting colonosocope insertion”, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Automation (ICRA2011), WeA209.5, Shanghai International Conference Center (Shanghai, China), pp. 3263~3268, 2011.5.9~13, 2011. 5.11.
三宅正樹,鈴森康一,宇塚和夫,“扁平電磁ワブルモータの開発 -第2報:駆動用電磁石の磁気設計-”,第23回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,1A1-2,愛知県産業労働センター (ウインクあいち) (愛知県名古屋市),pp. 25~28,2011.5.18~20,2011.5.18.
山口大介,神田岳文,鈴森康一,“極低温用超音波モータの駆動源を目的とした振動子の試作・評価”,第23回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,1A2-1,愛知県産業労働センター (ウインクあいち) (愛知県名古屋市),pp. 43~46,2011.5.18~20,2011.5.18.
木山雄介,富永宜幸,神田岳文,鈴森康一,妹尾典久,“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いたデバイスによる液滴の生成条件”,第23回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,1A2-2,愛知県産業労働センター (ウインクあいち) (愛知県名古屋市),pp. 47~50,2011.5.18~20,2011.5.18.
川上佳朗,門脇信傑,鈴森康一,“アクティブスラグ流化学プロセス用スライディングバルブの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2-C04,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-C04 (1)~(4),2011.5.26~28,2011.5.27.
藤澤和也,前田拓,神田岳文,鈴森康一,竹腰清乃理,水野敬,“扇形振動子を用いた強磁場環境用薄型超音波モータ”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2-F09,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-F09 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
山口大介,神田岳文,鈴森康一,“ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの駆動特性評価”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2-F10,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-F10 (1)~(4) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
三原匡貴,鈴森康一,脇元修一,“構造色による発色特性を持つフレキシブルマイクロアクチュエータ―第2報:マルチグレーティングパターンによる発色―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2- G03,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-G03 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
眞鍋諒一,鈴森康一,脇元修一,“マイクロ吸盤集積ラバーシートの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2- G05,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-G05 (1)~(4) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
殿界明真,山口大介,神田岳文,鈴森康一,“水熱合成法を用いたPLZT 成膜条件の改良とアクチュエータの評価”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2- H05,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-H05 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
中平大智,上野雅裕,神田岳文,鈴森康一,“超音波攪拌水熱合成法によるPZT成膜のための振動機構の改良”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A2- H06,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1A2-H06 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
妹尾典久,“岡山マイクロリアクターネットにおける産学官連携研究”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1P1-A01,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1P1-A01 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
神田岳文,鈴森康一,小野努,大河原賢一,檜垣和孝,“マイクロリアクタ技術と圧電振動子を利用したエマルション生成デバイスの開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1P1-A02,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1P1-A02 (1)~(2) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
山田嘉昭,“岡山大学アクチュエータ研究センターの活動と研究例”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1P1-A03,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1P1-A03 (1)~(2) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
脇元修一,鈴森康一,則次俊郎,成瀬恵治,岡久雄,神田岳文,高岩昌弘,佐々木大輔,入部玄太郎,松浦宏治,北脇知己,“岡山大学におけるソフトフルードアクチュエータの研究”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1P1-A04,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 1P1-A04 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.27.
永瀬純也,佐藤俊之,脇元修一,嵯峨宣彦,鈴森康一,“空気圧バルーン型腱駆動アクチュエータのモデル予測制御”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,2A2-J05,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 2A2-J05 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.28.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文,“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 ―第7報 連続的流量変更を目的としたオリフィス径の変更―”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,2A2-J09,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 2A2-J09 (1)~(4) ,2011.5.26~28,2011.5.28.
三宅正樹,鈴森康一,宇塚和夫,“扁平電磁ワブルモータの開発 -第1報:基本モデルの試作と評価実験-”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,2A2-J14,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 2A2-J14 (1)~(4) ,2011.5.26~28,2011.5.28.
亀山真太郎,鈴森康一,脇元修一,岡久雄,澁谷光一,鷲見和幸,米澤 弥生,“胃X線検査用面積可変圧迫筒の開発”,日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,2P1-A07,岡山コンベンションセンター (岡山県岡山市),pp. 2P1-A07 (1)~(3) ,2011.5.26~28,2011.5.28.
谷口浩成,鈴森康一,小林正樹,門脇信傑,馬場美貴男,津田雄一郎,“金属薄膜振動型アクティブマイクロミキサーの混合性能評価”,第23回化学とマイクロ・ナノシステム研究会 (23rd CHEMINAS),PC14,千葉大学西千葉キャンパス けやき会館 (千葉県千葉市),p.76,2011.6.10~11,2011.6.11.
Daisuke Hirooka, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda,“Continuous Air Control Using Particle Excitation Valve”, 2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM2011), MC3.2, Merucure Budapest Buda (Budapest, Hungary), pp.291~296, 2011.7.3~6, 2011.7.4.
Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori and Jungo Takeda,“Flexible Artificial Muscle by Bundle of McKibben Fiber Actuators”, 2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM2011), TA4.4, Merucure Budapest Buda (Budapest, Hungary), pp. 457~462, 2011.7.3~6, 2011.7.5.
Ahmad `Athif Mohd Faudzi and Koichi Suzumori,“Stiffness and Viscous Coefficient Characteristics for Ergonomics Chair Design”, 2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM2011), TC3.1, Merucure Budapest Buda (Budapest, Hungary), pp. 661~666, 2011.7.3~6, 2011.7.5.
Takefumi Kanda, Hiraku Maeda, Koichi Suzumori, Kazuya Fujisawa,“A Low-Profile Micro Ultrasonic Motor for NMR Sample Spinning in High Magnetic Field”, 2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics(AIM2011), WA1.2, Merucure Budapest Buda (Budapest, Hungary), pp. 736~741, 2011.7.3~6, 2011.7.6.
眞鍋諒一,鈴森康一,脇元修一,“マイクロ吸盤集積ラバーシートの開発 -第2報;非対称吸盤の微細集積化-”,第29回日本ロボット学会学術講演会,1D1-5,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp.1D1-5-1~4,2011.9.7~9,2011.9.7.
亀山真太郎,鈴森康一,脇元修一,岡久雄,澁谷光一,鷲見和幸,米澤弥生,“胃X線検査用面積可変圧迫筒の開発 (第2報 人への圧迫適用試験)”,第29回日本ロボット学会学術講演会,2H1-1,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp. 2H1-1-1~3,2011.9.7~9,2011.9.8.
脇元修一,熊谷一星,鈴森康一,“空圧駆動柔軟デバイスを用いた可変剛性型大腸内視鏡の開発 -第3報 導中部の開発と大腸ファントムへの挿入実験-”,第29回日本ロボット学会学術講演会,3C2-6,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp.3C2-6-1~3,2011.9.7~9,2011.9.8.
鈴森康一,松岡大樹,山田嘉昭,“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータ -第1報-動作原理の提案と基礎実験”,第29回日本ロボット学会学術講演会,3K1-6,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp.3K1-6-1~3,2011.9.7~9,2011.9.9.
山口大介,神田岳文,鈴森康一,“ボルト締めランジュバン型振動子を用いた極低温用超音波モータの温度特性評価”,第29回日本ロボット学会学術講演会,3K1-7,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp.3K1-7-1~2,2011.9.7~9,2011.9.9.
神田岳文,山口大介,鈴森康一,黒田雅貴,“低温環境用圧電アクチュエータの検討”,第29回日本ロボット学会学術講演会,3K1-8,芝浦工業大学 (東京都江東区),pp. 3K1-8-1~2,2011.9.7~9,2011.9.9.
木山雄介,富永宜幸,神田岳文,鈴森康一,妹尾典久,“ねじり型超音波振動子による液滴生成における生成条件の検討”,2011年度精密工学会秋季大会学術講演会,J62,金沢大学 角間キャンパス (石川県金沢市),pp. 541~542,2011.9.20~22,2011.9.22.
山口大介,神田岳文,鈴森康一,“PMN-PT単結晶を用いた極低温用ボルト締めランジュバン型振動子の試作・評価”,2011年度精密工学会秋季大会学術講演会,J81,金沢大学 角間キャンパス (石川県金沢市),pp. 569~570,2011.9.20~22,2011.9.22.
Daisuke YAMAGUCHI, Takefumi KANDA, Koichi SUZUMORI,“Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Located in Cryogenic Temperature Environments”, IEEE International Ultrasonics Symposium 2011, 5F-2, Caribe Royale All-Suite Hotel & Convention Center (Orland, Florida, USA), 2011.10.18~21, 2011.10.20.
Kazuhiro IWATA, Koichi SUZUMORI, and Shuichi WAKIMOTO,“Bundling Several Extending/Contracting Muscles to Power Soft Mechanisms”, The 8th JFPS International Symposium on Fluid Power, 1D3-5, Okinawa Convention Center (Okinawa, Japan), pp.338~343, 2011.10.25~28, 2011.10.26.
Ono Tsutomu, Kanda Takefumi, Suzumori Koichi, Ogawara Ken-ichi, Higaki Kazutaka,“Continuous Production of Nanoemulsion Using a Microfluidic Device with Ultrasonic Vibration”, 20th Annual Meeting of the Japan Society of Sonochemistry, S24, Nagoya University (Nagoya, Japan), pp.71~72, 2011.11.2~4, 2011.11.2.
Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Yoshiaki Yamada, Norihisa Seno,“Micro Droplet Generation using Micropore Plates oscillated by Ultrasonic Torsional Transducers”, The 22nd International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2011), TA2-1-2, Nagoya University (Nagoya, Japan), pp.88~93, 2011.11.6~9, 2011.11.8.
Yoshiro KAWAKAMI, Nobuhiro KADOWAKI and Koichi SUZUMORI,“A New Sliding Micro Valve Generating/Separating Slug Flow in Micro Chemical Process”, The 22nd International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (MHS2011), P2-30, Nagoya University (Nagoya, Japan), pp.321~326, 2011.11.6~9, 2011.11.8.
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda and Dai Takeda,“A Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Using PMN-PT single crystal for ultralow temperature”, The 32nd Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2011), 2Pb4-3, Kyoto University (Kyoto, Japan), pp. 237~238, 2011.11.8~10, 2011.11.9.
Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Norihisa Seno,“A Study on Micro Droplet Generation by Using Ultrasonic Torsional Transducer”, The 32nd Symposium on Ultrasonic Electronics (USE2011), 3Pa4-2, Kyoto University (Kyoto, Japan), pp. 373~374, 2011.11.8~10, 2011.11.10.
Yohta Yamamoto, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori,“Evaluation of Electro Conductive Film and Strain Gage as Displacement Sensor for Pneumatic Artificial Muscle”, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(ROBIO2011), FA1-4(4), The Movenpick Resort and Spa Karon Beach (Phuket Island, Thailand), pp.1206~1211, 2011.12.7~11, 2011.12.9.
Masaki MIYAKE, Koichi Suzumori, Kazuo UZUKA,“Development of a Thin Electromagnetic Wobble Motor”, 2011 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(ROBIO2011), SP1-2(1) , The Movenpick Resort and Spa Karon Beach (Phuket Island, Thailand), pp.2523~2528, 2011.12.7~11, 2011.12.10.
森重佳久,鈴森康一,脇元修一,“ゴム微細表面構造の変形による接触角変化”,第12回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2011),3J1-2,京都大学 吉田キャンパス (京都府京都市左京区),pp. 2304~2306,2011.12.23~25,2011.12.25.
永瀬純也,佐藤俊之,嵯峨宣彦,鈴森康一,“空気圧バルーンを用いた腱駆動フィンガの予測機能制御”,第12回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 (SI2011),3J2-4,京都大学 吉田キャンパス (京都府京都市左京区),pp. 2326~2327,2011.12.23~25,2011.12.25.
2012
山口大介,神田岳文,鈴森康一,武田大,黒田雅貴,“PMN-PT単結晶を用いた超音波モータの極低温環境における特性評価”,2012年度精密工学会春季大会,O01,首都大学東京 南大沢キャンパス (東京都八王子市),pp. 1105-1106,2012.3.14-16,2012.3.14.
村上拓嗣,神田岳文,鈴森康一,富永宜幸,“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成”,2012年度精密工学会春季大会,O15,首都大学東京 南大沢キャンパス (東京都八王子市),pp.1125-1126,2012.3.14-16,2012.3.14.
坂本宇,小林英津子,森田剛,神田岳文,佐久間一郎,“超音波モータを用いた超音波凝固切開装置用鉗子先端回転機構の研究”,2012年度精密工学会春季大会,L44,首都大学東京 南大沢キャンパス (東京都八王子市),pp. 955-956,2012.3.14-16,2012.3.15.
T. Kanda, Y. Kiyama, Y. Tominaga, K.Suzumori, T. Ono, K. Yagiura, Y. Ise, K. Ogawara, K. Higaki,“Microchannel Devices Oscillated by PZT Plates for a Generation of Nano Emulsion”,the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2012),3aPA05,Hirosaki Culture Center (Hirosaki, Aomori),p.99,2012.04.23-25,2012.4.25.
T.Murakami, Y.Tominaga, T. Kanda, K.Suzumori,“Droplets Generation in the Flowing Continuous Liquid by using a Ultrasonic Torsional Transducer and a Micropore Plate”,the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2012),1aPA04,Hirosaki Culture Center (Hirosaki, Aomori),p.7,2012.04.23-25,2012.4.23.
D.Yamaguchi, T. Kanda, K.Suzumori, D.Takeda, M.Kuroda,“Driving Performance of the Ultrasonic Motor Using PMN-PT Single Crystal at Ultralow Temperature”,the 9th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2012),1aOB06,Hirosaki Culture Center (Hirosaki, Aomori),p.41,2012.04.23-25,2012.4.23.
和田晃,脇元修一,鈴森康一,山本陽太,“柔軟ラバーデバイスを用いた可変剛性型大腸内視鏡の開発-最適駆動パターンに関する実験的検討-”,第12回一般社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門講演会,1211,愛媛県県民文化会館 (愛媛県松山市),pp. 73-76,2012.04.23-24,2012.4.23.
武田大,山口大介,藤澤和也,神田岳文,鈴森康一,“極低温・強磁場の複合極限環境下での使用を目的とした超音波モータの試作・評価”,第12回一般社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門講演会,1207,愛媛県県民文化会館 (愛媛県松山市),pp. 63-34,2012.04.23-24,2012.4.23.
松岡大樹,鈴森康一,“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータ 第三報:180℃環境下での駆動”,第12回一般社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門講演会,1208,ひめぎんホール (愛媛県松山市),pp. 65-67,2012.04.24-25,2012.4.24.
Ryoichi MANABE, Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO;“A Functional Adhesive Robot Skin with Integrated Micro Rubber Suction Cups”,The 2012 IEEE International conference on robotics and automation,TuB310,River Center(Saint Paul, Minnesota, USA),pp.904-909,2012.5.14-18,2012.5.15
川上佳朗,門脇信傑,鈴森康一;“マイクロバルブによるアクティブスラグ流生成・分離プロセスの実現”,第24回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,17A1-4,富山国際会議場(富山県富山市),pp. 299-302,2012.5.16-18,2012.5.17
山口大介,神田岳文,鈴森康一,黒田雅貴,武田大;“極低温環境での使用を目的とした超音波モータへのPMN-PT単結晶の応用”,第24回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,17A1-5,富山国際会議場(富山県富山市),pp. 303-306,2012.5.16-18,2012.5.17
脇元修一,山本陽太,尾崎健,鈴森康一;“ラバーチューブアクチュエータによる大腸内視鏡挿入支援効果の検討”,平成24年春季フルードパワーシステム講演会,32,機械振興会館(東京都港区),pp. 94-96,2012.5.24-25,2012.5.25
脇元修一,鈴森康一,尾崎健;“大腸内視鏡挿入支援用アクチュエータのフィンの改良とファントム実験”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,1P1-M03,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 1P1-M03(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.28
八木くるみ,脇元修一,鈴森康一,山本陽太,熊崎洋平,沖和広,皆木省吾;“吸盤デバイスを用いた咬合音聴診システムの開発”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,1P1-M04,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 1P1-M04(1)-(3),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.28
亀山真太郎,鈴森康一,脇元修一,岡久雄,澁谷光一,鷲見和幸,米澤弥生;“胃X 線検査用腹臥位圧迫ソフトメカニズム”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,1P1-M05,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 1P1-M05(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.28
岸亨,木山雄介,神田岳文,鈴森康一;“ランジュバン型ねじり振動子による液滴生成における生成条件”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,1P1-V01,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 1P1-V01(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.28
門脇信傑,鈴森康一,川上佳朗,藤井英司;“スラグ流化学プロセス用耐酸・耐アルカリスライディングバルブ”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,1P1-V02,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 1P1-V02(1)-(3),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.28
岩見幸毅,眞鍋諒一,鈴森康一;“ソフトマイクロ斜毛メカニズムの特性解明と壁面移動ロボットへの応用”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2A1-D01,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2A1-D01(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文;“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 ―第8 報 オリフィス配置条件の最適化による連続的流量調整の実現―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2A1-D06,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2A1-D06(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
鈴森康一,和田晃,脇元修一;“可逆化学反応現象を利用したガス圧制御システムの開発―第1報;水の分解/合成を利用した試作実験―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2A1-D07,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2A1-D07(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
岩田和大,鈴森康一,脇元修一,山本悠平;“McKibben 型人工筋の非軸方向特性の解明”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2A1-D08,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2A1-D08(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
永瀬純也,佐藤俊之,嵯峨宣彦,鈴森康一;“外乱オブザーバ併用型予測機能制御に基づくバルーン型腱駆動アクチュエータのストローク制御”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2A1-E07,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2A1-E07(1)-(2),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
市川竜也,神田岳文,鈴森康一,脇元修一,山本陽太;“ソフトアクチュエータの変位検出のための圧電高分子柔軟センサに関する研究”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-D06,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-D06(1)-(3),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
三宅正樹,鈴森康一,宇塚和夫;“扁平電磁ワブルモータの開発 ―第3 報:バイアス磁束付加によるHB 型磁気駆動高トルクモデル―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-D07,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-D07(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
藤澤和也,山口大介,神田岳文,鈴森康一;“固体NMR分析における試料回転機構への応用を目的とした超音波モータの駆動評価”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-F01,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-F01(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
松岡大樹,鈴森康一;“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータ ―第2報 180℃環境用リニアアクチュエータの静特性―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-F02,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-F02(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
黒田雅貴,山口大介,武田大,神田岳文,鈴森康一;“極低温用超音波モータに用いるボルト締めランジュバン型振動子の改良”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-F03,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-F03(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
脇元修一,鈴森康一,三原匡貴;“構造色による発色特性を持つフレキシブルアクチュエータ ―第3 報:ブレーズド格子ラバーシートの湾曲型アクチュエータへの適用―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2012,2P1-R02,アクトシティ浜松(静岡県浜松市),pp. 2P1-R02(1)-(4),2012.5.27-2012.5.29,2012.5.29
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masataka Kuroda, and Dai Takeda;“Design and Evaluation of Ultrasonic Motor Using Bolt-clamped Langevin-type Transducer for Ultralow Temperature”,ACTUATOR12 13th International Conference on New Actuators & 7th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems,B2.4,Bremen Convention Center(Bremen,Germany),pp. 250-253,2012.6.18-20,2012.6.18
Yusuke Kiyama, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono, Kumiko Yagiura, Kenichi Ogawara, Kazutaka Higaki;“Nano-sized Emulsion Generation Using a Microchannel Oscillated by an Ultrasonic Vibration Device”,ACTUATOR12 13th International Conference on New Actuators & 7th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems,A5.6,Bremen Convention Center(Bremen,Germany),pp. 185-188,2012.6.18-20,2012.6.20
Ahmad `Athif M. Faudzi, M. Rusydi M. Razif, Ili Najaa Aimi M. Nordin, K. Suzumori, S. Wakimoto, D. Hirooka;“Development of Bending Soft Actuator with Different Braided Angles”,The 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,SaC2.3,Ambassador Hotel(Kaohsiung, Taiwan),pp. 1093-1098,2012.7.11-14,2012.7.13
Masaki Mihara, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto;“Development and Fundamental Experiments of Rubber Structural Color Sheet with Multi Grating Patterns”,The 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,SaC2.4,Ambassador Hotel(Kaohsiung, Taiwan),pp. 1099-1104,2012.7.11-14,2012.7.13
Ahmad `Athif Mohd Faudzi, Khairuddin Osman, M.F. Rahmat, Nu'man Din Mustafa, M. Asyraf Azman, Koichi Suzumori;“Nonlinear Mathematical Model of an Intelligent Pneumatic Actuator(IPA) Systems: Position and Force Controls”,The 2012 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,SaC2.5,Ambassador Hotel(Kaohsiung, Taiwan),pp. 1105-1110,2012.7.11-14,2012.7.13
沖和広,熊崎洋平,八木くるみ,脇元修一,山本陽太,鈴森康一,皆木省吾;“咬合調整時の使用を目的とした歯面吸着型咬合音検出装置の開発”,平成24年度日本医用歯科機器学会第22回研究発表大会,演題3,日本歯科大学生命歯学部九段ホール(東京都千代田区),p.24,2012.7.28-29,2012.7.28
尾添信枝,中村隆夫,鈴森康一,住野好久;“楽な側に動かす「操体法」の効果の生理学的解明を求めて”,第31回 臨床運動療法研究会,PⅢ-2,武庫川女子大学(兵庫県西宮市),p.31,2012.9.1,2012.9.1
和田晃,脇元修一,鈴森康一,山本陽太;“腸壁負荷計測ファントムを用いた剛性変化大腸内視鏡の最適駆動パターンに関する実験的検討”,一般社団法人日本機械学会2012年度年次大会,S116045,金沢大学 角間キャンパス(石川県金沢市),p.91,2012.9.9-12,2012.9.10
山本陽太,脇元修一,鈴森康一,和田晃;“細径マッキベン型アクチュエータの開発”,一般社団法人日本機械学会2012年度年次大会,J113033,金沢大学 角間キャンパス(石川県金沢市),p.91,2012.9.9-12,2012.9.11
岩田和大,鈴森康一,脇元修一;“伸縮人工筋の放射状配置による全方向湾曲高出力ソフトマニピュレータ”,一般社団法人日本機械学会2012年度年次大会,J113034,金沢大学 角間キャンパス(石川県金沢市),p.91,2012.9.9-12,2012.9.11
木山雄介,神田岳文,鈴森康一,小野努,柳浦功実子,伊勢陽一郎,大河原賢一,檜垣和孝;“超音波振動マイクロ流路デバイスとT字マイクロチャネルを用いたナノエマルション生成”,2012年度 精密工学会秋季大会,B06,九州工業大学 戸畑キャンパス(福岡県北九州市戸畑区),pp. 97-98,2012.9.14-16,2012.9.14
中平大智,神田岳文,鈴森康一,上野雅裕;“水熱合成PZT薄膜を用いた球面型超音波トランスデューサの作製と評価”,2012年度 精密工学会秋季大会,B13,九州工業大学 戸畑キャンパス(福岡県北九州市戸畑区),pp.105-106,2012.9.14-16,2012.9.14
黒田雅貴,山口大介,武田大,野口拓也,神田岳文,鈴森康一;“極低温超音波モータの改良とモータの評価”,日本ロボット学会第30回記念学術講演会,2I2-1,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市),p.116,2012.9.17-20,2012.9.18
松岡大樹,鈴森康一,脇元修一,山田嘉昭;“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータの開発 -第4 報- ベローズ型アクチュエータの開発”,日本ロボット学会第30回記念学術講演会,2I2-3,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市),p.116,2012.9.17-20,2012.9.18
鈴森康一,和田晃,脇元修一;“水の電気分解/合成反応を用いたガス圧制御システムの開発 ―第2報 圧力サーボ系の実現―”,日本ロボット学会第30回記念学術講演会,2I2-7,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市),p.117,2012.9.17-20,2012.9.18
Koichi Suzumori, Hiroki Matsuoka, Shuichi Wakimoto;“Novel Actuator Driven with Phase Transition of Working Fluid for Uses in Wide Temperature Range”, 2012 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2012), MonBT8.1, Vilamoura (Algarve, Portugal) , pp.616-621, 2012.10.7-12, 2012.10.8
Takuji Murakami, Yoshiyuki Tominaga, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by using an Ultrasonic Torsional Transducer”, 2012 IEEE International Ultrasonics Symposium, 5C-5, International Congress Center Dresden (Dresden, Germany) , pp.100-101, 2012.10.7-10, 2012.10.8
岸亨,木山雄介,神田岳文,鈴森康一,妹尾典久;“超音波ねじり振動子と微小孔板による微小液滴生成における生成条件に関する研究”,第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,3Pa4-3,千葉大学西千葉キャンパスけやき会館(千葉県千葉市),pp.359-360,2012.11.13-15,2012.11.15
武田大,山口大介,神田岳文,鈴森康一,野口祐也;“チタンを用いた極低温環境用超音波モータ用振動子の評価”,第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,3Pb4-6,千葉大学西千葉キャンパスけやき会館(千葉県千葉市),pp.471-472,2012.11.13-15,2012.11.15
山口大介,神田岳文,鈴森康一,野口祐也;“極低温領域におけるPMN-PT単結晶と超音波モータの温度特性の評価”,第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,3Pb4-7,千葉大学西千葉キャンパスけやき会館(千葉県千葉市),pp.473-474,2012.11.13-15,2012.11.15
Tatsuya Ichikawa, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Yohta Yamamoto, Koichi Suzumori;“Piezoelectric polymer flexible displacement sensor for soft actuators”, Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama, 38, Okayama University 50th Anniversary Hall (Okayama, Japan) , p.42, 2012.11.20-21, 2012.11.21
Shuichi Wakimoto, Yohta Yamamoto, Koichi Suzumori;“Rubber tube actuator for assisting colonoscope insertion”, Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama, 39, Okayama University 50th Anniversary Hall (Okayama, Japan) , p.43, 2012.11.20-21, 2012.11.21
Yohta Yamamoto, Shuichi Wakimoto;“Miniature of McKibben Actuator”, Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama, 40, Okayama University 50th Anniversary Hall (Okayama, Japan) , p.43, 2012.11.20-21, 2012.11.21
Akira Wada, Shuichi Wakimoto;“Variable Stiffness Colonoscope driven by air pressure”, Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama, 41, Okayama University 50th Anniversary Hall (Okayama, Japan) , p.44, 2012.11.20-21, 2012.11.21
Kurumi Yagi, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yohta Yamamoto, Yohei Kumazaki, Kazuhiro Oki, Shogo Minagi;“Novel occlusal check device detecting teeth sound using soft suction cups”, Symposium on Interdisciplinary Researches in Okayama, 42, Okayama University 50th Anniversary Hall (Okayama, Japan) , p.44, 2012.11.20-21, 2012.11.21
Kurumi Yagi, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yohta Yamamoto, Yohei Kumazaki, Kazuhiro Oki, Shogo Minagi;“Development and fundamental experiments of occlusal sound detecting device using soft suction cups”, Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP2012), TA2, Auckland University of Technology (Auckland, New Zealand) , pp.277-282, 2012.11.28-30, 2012.11.29
Yoshiro Kawakami, Nobuhiro Kadowaki, Koichi Suzumori, Yusaku Sakata, Eiji Fujii;“Development of Micro Sliding Valve for Micro Chemical Reactors and Its Application to Micro Beaker Process”, Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP2012), FC2, Auckland University of Technology (Auckland, New Zealand) , pp.516-520, 2012.11.28-30, 2012.11.30
Daichi Nakahira, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Masao Kabuto, Yoshihiko Michihiro, Masahiro Ueno;“Hydrothermal Deposition of the PZT film and Applications of Piezoelectric Actuators”, Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP2012), FC2, Auckland University of Technology (Auckland, New Zealand) , pp.522-527, 2012.11.28-30, 2012.11.30
2013
池永訓昭,岸 陽一,矢島善次郎,作道訓之,神田岳文;“スパッタリングと水熱合成を用いた圧電デバイス用PZT薄膜の作製”, 電気学会フィジカルセンサ研究会, PHS-13-002, 信州大学工学部(長野県長野市), pp. 7-10, 2013.1.25, 2013.1.25.
神田岳文,村上拓嗣,鈴森康一,岸亨;“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成(第2報:液滴生成条件の検討)”,2013年度 精密工学会春季大会学術講演会,L16,東京工業大学大岡山キャンパス(東京都),pp. 763-764,2013.3.13~15,2013.03.13.
山口大介,神田岳文,鈴森康一;“極低温環境における圧電材料の評価と振動子への応用”,2013年度 精密工学会春季大会学術講演会,L03,東京工業大学大岡山キャンパス(東京都),pp.745-746,2013.3.13~15,2013.03.13.
Etsuko Kobayashi, Hisashi Sakamoto, Choi Woojin, Takeshi Morita, Takefumi Kanda, Ichiro Sakuma;“Multi-Degrees-of-Freedom Forceps for an Ultrasonically Activated Device with an Ultrasonic Motor”,The First CIRP (College International pour la Recherche en Productique) Conference on Biomanufacturing,OS3-06,The University of Tokyo(Tokyo),pp.70-73,2013.3.4~6,2013.3.4.
神田岳文;“オンデマンド型ナノカプセル製造を目的とした高周波振動デバイス”,平成24年度特別電源所在県科学技術振興事業研究成果発表会,A-9,岡山ロイヤルホテル(岡山県岡山市),pp. 29-30,2013.3.15,2013.3.15.
神田岳文,鈴森康一,木山雄介,小野努,伊勢陽一郎,柳浦功実子,大河原賢一,檜垣和孝;“ナノエマルション生成用高周波振動マイクロ流路デバイス”,第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,16C2-1,箱根ホテル小涌園(神奈川県足柄下郡箱根町),pp. 250-251,2013.5.15~17,2013.5.16.
門脇信傑,川上佳朗,鈴森康一;“マイクロバルブによるスラグ流分離プロセスへの適用実験”,第25回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,16C2-2,箱根ホテル小涌園(神奈川県足柄下郡箱根町),pp. 252-255,2013.5.15~5.17,2013.5.16.
Masayuki Takaoka, Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto, Kazuo Iijima, Takahiro Tokumiya;“Fabrication of Thin McKibben Artificial Muscles with Various Design Parameters and Their Experimental Evaluations”,The 5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2013),PB-22,Convention Hall BEXCO(Busan, Korea),p.82,2013.5.22~25,2013.5.23.
Nobuhiro KADOWAKI, Koichi SUZUMORI, Yoshiro KAWAKAMI, Akinori MUTO;“Applying Active Slug Flow Process to Lithium Ion Extraction Process”,The 5th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology (ICMDT2013),B5-02,Convention Hall BEXCO(Busan, Korea),p. 142,2013.5.22~25,2013.5.24.
薮本雅喜,神田岳文,鈴森康一;“圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,1P1-O02,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp. 1P1-O02(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.23.
岩村 匡宏,鈴森 康一,脇元 修一,岡 久雄;“胃X 線透視検査用移動型圧迫ソフトメカニズム”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,1A1-B11,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.1A1-B11(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.23.
尾﨑 直人, 鈴森 康一, 脇元 修一, 妹尾 典久,森重 佳久, 野澤 和志,佐々木 譲;“ハウス圃場内全方向移動機構の実験的検証”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,1A1-Q01,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.1A1-Q01(1)-(4),2013.5.22~25,2013.5.23.
森 航太, 岸 亨, 神田 岳文, 鈴森 康一;“液滴生成を目的としたランジュバン型ねじり振動子の小型化”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,1A2-N05,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp. 1A2-N05(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.23.
宇崎 啓太,足田 雄一,神田 岳文,鈴森 康一;“光駆動SMA アクチュエータの導波路パターンの改良”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2A1-D04,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp. 2A1-D04(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.24.
吉岡 諒,脇元 修一,山本 陽太,鈴森 康一;“2方向湾曲動作を実現する空気圧マイクロラバーアクチュエータの開発”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2A1-D06,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.2A1-D06(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.24.
松岡大樹,鈴森康一;“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータの開発―第5報 ベローズ型アクチュエータの300℃環境下での駆動―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2A1-D09,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp. 2A1-D09(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.24.
三吉健太,岩田和大,鈴森康一,脇元修一;“伸縮人工筋複合によるエレファントトランクアクチュエータ”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2A2-D05,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.2A2-D05(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.24.
永瀬 純也,鈴森 康一,嵯峨 宣彦;“ウォームラック駆動型円筒状クローラの開発―クローラベルトの弾性力を利用した管内上昇の実現―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2P1-R13,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.2P1-R13(1)-(2),2013.5.22~25,2013.5.24.
永瀬 純也, 重本 佳孝, 鈴森 康一,嵯峨 宣彦;“ウォームラック駆動型円筒状クローラの開発―ウォームギヤの特性を利用した前後および横移動動作の実現―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2P1-R04,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.2P1-R04(1)-(2),2013.5.22~25,2013.5.24.
廣岡大祐,鈴森康一,神田岳文;“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁―第9報 駆動に最適な振動条件の確認―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2013,2A2-D10,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp.2A2-D10(1)-(3),2013.5.22~25,2013.5.24.
和田晃,鈴森康一,脇元修一;“可逆化学反応を利用した携帯空圧システム用ガス圧源の研究”,平成25年春季フルードパワーシステム講演会,42,機械振興会館(東京都港区),pp. 124-126,2013.5.30~31,2013.5.31.
Koichi SUZUMORI, Akira WADA, Shuichi WAKIMOTO;“A new mobile pressure control system for pneumatic actuators using reversible chemical reactions of water”,2013 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM),WeAT4.3,Novotel Wollongong Northbeach(Wollongong,Australia),pp.122-127,2013.7.9~12,2013.7.10.
Ili Najaa Aimi Mohd Nordin, Muhammad Rusydi Muhammad Razif, Ahmad ‘Athif Mohd Faudzi, Elango Natarajan, Kazuhiro Iwata, Koichi Suzumori;“3-D Finite-Element Analysis of Fiber-reinforced Soft Bending Actuator for Finger Flexion”,2013 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics (AIM),WeAT4.4,Novotel Wollongong Northbeach(Wollongong,Australia),pp. 128-133,2013.7.9~12,2013.7.10.
Toru Kishi, Takuji Murakami, Yusuke Kiyama, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Condition of Micro Droplet Generation by Using an Ultrasonic Torsional Transducer and a Micropore with Tapered Nozzle”,the 10th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications and 8th Energy Harvesting Workshop,2.15,Marriott Courtyard Hotel (Hannover,Germany),pp.52-53,2013.7.14~18,2013.7.17.
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Evaluation of Piezoelectric Materials for Transducer at Ultralow Temperature”,the 10th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications and 8th Energy Harvesting Workshop,3.19,Marriott Courtyard Hotel (Hannover,Germany),pp.151-153,2013.7.14~18,2013.7.17.
Takefumi Kanda, Yusuke Kiyama, Koichi Suzumori;“A nano emulsion generator using a microchannel and a bolt clamped type transducer”,2013 International Ultrasonics Symposium (IEEE UFFC Joint Symposia),IUS3-A-1,Prague Congress Centre (Prague, Czech Republic),pp.-,2013.7.21~25,2013.7.22.
Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Evaluation of Piezoelctric Materials for Cryogenic Ultrasonic Motor”,2013 International Ultrasonics Symposium (IEEE UFFC Joint Symposia),IUS3-A-4,Prague Congress Centre (Prague, Czech Republic),pp.-,2013.7.21~25,2013.7.22.
岩村匡宏,鈴森康一,脇元修一,岡 久雄,澁谷光一,鷲見和幸,米澤弥生;“胃X線透視検査用圧迫ソフトメカニズム(第2報 人間ドック検診への適用試験)”,第31回日本ロボット学会学術講演会,1G1-07,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 1G1-07 (1)-(4),2013.9.4~6,2013.9.4.
重本佳孝,永瀬純也,鈴森康一,嵯峨宣彦;“管内走行を目的とした円筒状柔軟弾性クローラの設計”,第31回日本ロボット学会学術講演会,1L2-03,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp.1L2-03 (1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.4.
松岡大樹、鈴森康一、山田嘉昭;“作動流体の相変化を利用した高温用アクチュエータの開発”,第31回日本ロボット学会学術講演会,2E1-04,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 2E1-04(1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.5.
和田 晃,鈴森康一,亀谷英裕,脇元修一;“電気で駆動可能な「空圧ラバーアクチュエータ」”,第31回日本ロボット学会学術講演会,2E1- 01,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 2E1- 01(1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.5.
黒田雅貴、山口大介、神田岳文、鈴森康一、野口祐也、中薗正浩;“高・低速駆動可能な極低温用超音波モータの駆動評価”,第31回日本ロボット学会学術講演会,2E1-02,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 2E1-02(1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.5.
森 和也,脇元修一,鈴森康一;“異硬度ゴム複合による空気圧ラバーアクチュエータの開発”,第31回日本ロボット学会学術講演会,3D2-02,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 3D2-02 (1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.6.
吉岡 諒, 脇元修一, 鈴森康一;“2方向湾曲動作を実現可能とする空気圧駆動ラバーアクチュエータの高出力化に関する研究”,第31回日本ロボット学会学術講演会,3D1-02,首都大学東京 南大沢キャンパス(東京都八王子市),pp. 3D1-02 (1)-(3),2013.9.4~6,2013.9.6.
尾﨑直人,鈴森康一,脇元修一,妹尾典久,森重佳久,野澤和志,佐々木 譲;“軟弱土壌におけるメカナム移動機構の適用可能性”,日本機械学会2013年度年次大会,S111041,岡山大学(岡山県岡山市),pp. S111041(1)-(4),2013.9.8~11,2013.9.9.
野口祐也,神田岳文,鈴森康一,山口大介,黒田雅貴;“極低温超音波モータ用振動子の熱応力低減に関する研究”,日本機械学会2013年度年次大会,S111063,岡山大学(岡山県岡山市),pp.S111063(1) –(4),2013.9.8~11,2013.9.9.
神田岳文,山口大介,鈴森康一,黒田雅貴,武田大,野口祐也;“極低温環境用アクチュエータへの適用を目的とした超音波振動子の検討”,日本機械学会2013年度年次大会,J114022,岡山大学(岡山県岡山市),pp. J114022(1)-(4),2013.9.8~11,2013.9.10.
森重佳久,鈴森康一;“ゴム微細表面構造の変形に伴う接触角変化の測定”,日本機械学会2013年度年次大会,J112023,岡山大学(岡山県岡山市),pp. J112023(1)-(3),2013.9.8~11,2013.9.10.
松岡大樹,鈴森康一,脇元修一,“作動流体の相変化を利用した高温環境用アクチュエータの開発”,日本機械学会2013年度年次大会,J114024,岡山大学(岡山県岡山市),pp. J114024(1)-(5), 2013.9.8~11,2013.9.10.
和田 晃、鈴森康一、脇元修一;“可逆化学反応現象を利用したガス圧制御システムの開発(―第3 報: エネルギー回生の実現―)”,日本機械学会2013年度年次大会,J114021,岡山大学(岡山県岡山市),pp. J114021(1)-(5),2013.9.8~11,2013.9.10.
野口祐也,神田岳文,鈴森康一,山口大介,武田大,黒田雅貴;“極低温環境用超音波モータの振動子の試作・評価”,2013年度精密工学会秋季大会,D06,関西大学 千里山キャンパス(大阪府吹田市),pp. 155-156,2013.9.12~14,2013.9.12(口頭),14(ポスター)
森 航太、岸 亨、神田岳文、鈴森康一;“液滴生成用ランジュバン型ねじり振動子によるシリコーンオイルの吐出”,2013年度精密工学会秋季大会,D14,関西大学 千里山キャンパス(大阪府吹田市),pp. 165-166,2013.9.12~14,2013.9.12(口頭),14(ポスター)
山本康平,神田岳文,鈴森康一,中平大智,長谷川晶宏, 池永訓昭, 作道訓之;“水熱合成PZT薄膜を用いた球面型超音波トランスデューサの作製と評価 (第二報)スパッタリング法による結晶核生成の改良”,2013年度精密工学会秋季大会,D07,関西大学 千里山キャンパス(大阪府吹田市),pp.157-158,2013.9.12~14,2013.9.12(口頭),14(ポスター)
山口大介,神田岳文,鈴森康一,野口祐也;“極低温環境における圧電性の温度依存性評価と振動子への応用”,2013年度精密工学会秋季大会,D24,関西大学 千里山キャンパス(大阪府吹田市),pp.179-180,2013.9.12~14,2013.9.12.
澁谷光一,鷲見和幸,脇元修一,鈴森康一,岡 久雄;“腹臥位圧迫用遠隔圧迫枕の開発”,第29回 日本診療放射線技師学術大会,O-1-117,島根県民会館・サンラポーむらくも(島根県松江市),p.150,2013.9.20~22,2013.9.20.
Ryoichi MANABE, Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO;“Robot Skin with Integrated Micro Rubber Suction Cups Adhering Rough Surfaces”,2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2013),TuDT11.3,Tokyo big Sight(Koto-ku,Tokyo, Japan),pp. 4052-4057,2013.11.3~8,2013.11.5.
Koichi Suzumori, Shuichi Wakimoto, Kenta Miyoshi, Kazuhiro Iwata;“Long bending rubber mechanism combined contracting and extending fluidic actuators”,2013 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS2013),WeAT8.3,Tokyo big Sight(Koto-ku,Tokyo, Japan),pp. 4454-4459,2013.11.3~8,2013.11.6.
岩田和大,鈴森康一,脇元修一,髙岡真幸;“簡易解析モデルを用いた人工筋複合湾曲メカニズムの挙動解析”,平成25年秋季フルードパワーシステム講演会,11,ニチイ学館神戸ポートアイランドセンター(神戸市),pp. 31-33,2013.11.7~8,2013.11.7.
薮本雅喜,神田岳文,鈴森康一;“圧電高分子材料を用いた微小領域内キャビテーション検出センサ”,第5回マイクロ・ナノ工学シンポジウム,6PM2-D-4,仙台国際センター(仙台市),pp.175 -176,2013.11.5~7,2013.11.6.
脇元修一,;“空気圧駆動進行波ラバーアクチュエータ”,第2回ネイチャー・インダストリー・アワード(NIA)~若手研究者からの発信~,C-06,大阪科学技術センター(大阪市),2013.11.20,2013.11.20.
岸亨,神田岳文,鈴森康一;“ニオブ酸リチウムを使用した高温環境用超音波振動子に関する研究”,第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,2P4-1,同志社大学室町キャンパス寒梅館(京都市上京区),pp. 263-264,2013.11.20~22,2013.11.21.
山口大介,神田岳文,鈴森康一;“極低温環境における振動子の性能と圧電性の関係”,第34回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,2P4-2,同志社大学室町キャンパス寒梅館(京都市上京区),pp. 265-266,2013.11.20~22,2013.11.21.
山本陽太,脇元修一,鈴森康一,入部玄太郎,金子智之;“微小物体把持用空気圧駆動マイクログリッパー”,第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SICE SI 2013),2L3-1,神戸国際会議場(兵庫県神戸市),pp.1763-1764,2013.12.18~20,2013.12.19.
髙岡真幸,鈴森康一,脇元修一,飯嶋一雄,徳宮孝弘;“生体模倣ロボット機構実現に向けた多繊維構造マッキベン人工筋”,第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SICE SI 2013),2L3-3,神戸国際会議場(兵庫県神戸市),pp.1767-1770,2013.12.18~20,2013.12.19.
吉岡諒,脇元修一,鈴森康一;“バイアス付加型2方向湾曲ラバーアクチュエータの変位特性”,第14回 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会(SICE SI 2013),2L3-5,神戸国際会議場(兵庫県神戸市),pp1775-1777,2013.12.18~20,2013.12.19.
Khairuddin Osman,Ahmad 'Athif Mohd Faudzi,M.F. Rahmat, Nu'man Din Mustafa,Koichi Suzumori;“Predictive Functional Controller Design for Pneumatic Actuator with Stiffness Characteristic”,2013 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,MP2-J.3,神戸国際会議場(兵庫県神戸市),pp.641-646,2013.12.15~17,2013.12.16.
伊藤裕太,宮川豊美,脇元修一;“湾曲型空圧アクチュエータを用いた手指拘縮予防装置の開発”,2013年度精密工学会東北支部学術講演会,1-08,たざわこ芸術村 温泉ゆぽぽ(秋田県仙北市),pp. 15-16,2013.12.7,2013.12.7.
2014年
神田岳文;“液体水素温度環境用超音波モータの試作研究”,特別電源所在県科学技術振興事業,A-9,岡山ロイヤルホテル(岡山県岡山市),pp.27-28,2014.3.13,2014.3.13.
山口大介,神田岳文,鈴森康一,黒田雅貴,武田大,野口祐也,中薗正浩;“極低温用ボルト締めランジュバン型振動子の等価回路を用いた性能評価”,2014年度精密工学会春季大会,K32,東京大学(東京都文京区),pp. 849-850,2014.3.18~20,2014.3.19.
小川尚哉,神田岳文,鈴森康一,小野努,木山雄介;“超音波振動を用いたマイクロ流路デバイスにおけるエマルション濃縮”,2014年度精密工学会春季大会,K39,東京大学(東京都文京区),pp861-862,2014.3.18~20,2014.3.19.
崔宇鎭,安藤岳洋,神田岳文,佐久間一郎,小林英津子;“超音波モータによる超音波切開凝固装置用回転機構の小型化”,2014年度精密工学会春季大会,K67,東京大学(東京都文京区),pp.873-874,2014.3.18~20,2014.3.20.
池永訓昭,長谷川晶宏,作道訓之,神田岳文;“スパッタリングと水熱合成を用いた圧電デバイス用高密度PZT薄膜の創製”,平成26年電気学会全国大会,S29-2,愛媛大学 (愛媛県松山市),pp. S29(4)-S29(7),2014.3.18~20,2014.3.20.
甲斐稔章,脇元修一,山本陽太,鈴森康一,金子智之,入部玄太郎;“心筋細胞把持を目的とした流体駆動マイクログリッパ”,第14回機素潤滑設計部門講演会,1107,信州松代ロイヤルホテル(長野県長野市),pp.33-34,2014.4.21~22,2014.4.21.
松岡大樹,鈴森康一,山田嘉昭;“作動流体の気液相変化を利用した高温環境用アクチュエータの開発-トリエチレングリコールを作動流体とした300℃雰囲気下駆動実験‐”,第14回機素潤滑設計部門講演会,2201,信州松代ロイヤルホテル(長野県長野市),pp.131-132,2014.4.21~22,2014.4.22.
中薗正浩,神田岳文,鈴森康一,山口大介,野口祐也,黒田雅貴;“極低温用ランジュバン型振動子の熱応力に関する検討”,第14回機素潤滑設計部門講演会,2202,信州松代ロイヤルホテル(長野県長野市),pp.133-134,2014.4.21~22,2014.4.22.
森航太,村上拓嗣,神田岳文,鈴森康一,岸亨;“ランジュバン型ねじり振動子を用いた流れ場内への液滴生成と生成条件の検討”,第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,21Bp3,アイーナ いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市),pp. 91~93,2014.5.21~23,2014.5.21.
神田岳文,小川尚哉,仲田好宏,鈴森康一,小野努,増田順也,大河原賢一,檜垣和孝;“圧電デバイスとマイクロ流路によるエマルション生成システムの検討”,第26回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,21Bp4,アイーナ いわて岩手県民情報交流センター(岩手県盛岡市),pp.94~95,2014.5.21~23,2014.5.21.
山口大介,武田大,神田岳文,鈴森康一,竹腰清乃理, 水野敬,山本啓太;“超音波モータの固体NMR 分析用試料回転機構への応用”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A1-O03,富山市総合体育館(富山県富山市),pp. 2A1-O03(1)-(3),2014.5.25~29,2014.5.27.
黒田雅貴,神田岳文,鈴森康一,山口大介;“ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A1-O06,富山市総合体育館(富山県富山市),pp. 2A1-O06(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.27.
鈴森康一,尾﨑直人,三隅潤平,山本明菜,神田岳文;“空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システム―第1報 システム構成の提案と基礎実験結果―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A1-P05,富山市総合体育館(富山県富山市),pp. 2A1-P05(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.27.
鈴森康一,三隅潤平,尾﨑直人,山本明菜,神田岳文;“空圧配管内音響通信システムを利用した空圧アクチュエータの多重空圧駆動システム―第2報 圧縮空気を利用した自立電源の開発―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A1-P06,富山市総合体育館(富山県富山市),pp. 2A1-P06(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.27.
廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一,神田岳文;“ねじり振動を用いた微粒子励振型空気流量制御弁”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A1-Q04,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.2A1-Q04(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.27.
生駒誠,廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型比例制御弁の開発―オリフィス板の振動特性を考慮した流量特性の評価―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A2-N03,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.2A2-N03(1)-(3),2014.5.25~29,2014.5.27.
亀谷英裕,和田晃,鈴森康一;“気液可逆反応を利用したガス圧アクチュエータ―第2報 高分子形燃料電池を組み込んだFMAの試作と駆動実験―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,2A2-O04,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.2A2-O04(1) -(3),2014.5.25~29,2014.5.27.
脇元修一,岩村匡宏,鈴森康一,岡久雄,澁谷光一,鷲見和幸;“胃X線透視検査用圧迫ソフトメカニズム―第3 報;圧迫位置可変メカニズム―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3P1-A01,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.3P1-A01(1)-(3),2014.5.25~29,2014.5.28.
森和也,脇元修一,髙岡真幸,鈴森康一;“細径McKibben型人工筋肉を集積したタコ腕模倣メカニズムの開発”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3P1-V05,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.3P1-V05(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.28.
筒井法子,諸星宣宏,谷口浩成,脇元修一;“理学療法士の施術を指向した足首関節の拘縮予防に向けた医療機器の検討”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3P2-A01,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.3P2-A01(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.28.
菱川貴雄,鈴森康一,脇元修一;“形状適応性を持つ集積型マイクロ吸盤の研究”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3P2-U05,富山市総合体育館(富山県富山市),pp.3P2-U05(1)-(4),2014.5.25~29,2014.5.28.
Naoya Ogawa, Yusuke Kiyama, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Tsutomu Ono;“An Ultrasonic Vibration Device for Emulsion Concentration”,ACTUATOR14 14th International Conference on New Actuators & 8th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems,C4.4,Bremen Exhibition and Congress Center(Bremen,Germany), pp.402 -405, 2014.6.23~25,2014.6.24.
Daisuke Yamaguchi, Dai Takeda, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori;“Ultrasonic Motor for sample spinning of solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer in high magnetic field”,2014 IEEE International Ultrasonics Symposium,5I-3,Hilton Hotel Chicago(Chicago, Illinois, USA),pp. 5I-3 (1)-(4),2014.9.3~6,2014.9.6.
Yuya Noguchi, Daisuke Yamaguchi, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori,“Evaluation of Thermal Stress of Transducers for Cryogenic Ultrasonic Motors”,2014 IEEE International Ultrasonics Symposium,P3C1-3,Hilton Hotel Chicago(Chicago, Illinois, USA),pp. P3C1-3(1)-(4),2014.9.3~6,2014.9.6.
森和也, 脇元修一, 鈴森康一;“細径McKibben型人工筋を集積したタコ腕模倣メカニズムの複合駆動特性”,第32回日本ロボット学会学術講演会,1M1-02,九州産業大学(福岡県福岡市),pp. 1M1-02(1)-(3),2014.9.4~6,2014.9.4.
鈴森康一,車谷駿一,脇元修一;“多繊維構造マッキベン人工筋の開発と筋骨格ロボットへの適用”,第32回日本ロボット学会学術講演会,2D1-06,九州産業大学(福岡県福岡市),pp.2D1-06 (1)-(3),2014.9.4~6,2014.9.5.
鈴森康一,山田紀之,脇元修一,妹尾典久,尾﨑直人,山本明菜,岡本武光,野澤和志;“螺旋状ワイヤロット構造をもつ新しいメカナムホイールの試作”,第32回日本ロボット学会学術講演会,3D2-05,九州産業大学(福岡県福岡市),pp.3D2-05 (1)-(3),2014.9.4~6,2014.9.6.
三隅潤平,鈴森康一,尾﨑直人,山本明菜,神田岳文;“音響通信を利用した多重空圧駆動系用自立電源”,日本機械学会2014年度年次大会,S1110301,東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区),pp. S1110301 (1)-(5),2014.9.7~10,2014.9.8.
筒井法子,谷口浩成,脇元修一;“空気圧アクチュエータを用いて3自由度の動作を実現する足首関節用リハビリ装置の開発”,日本機械学会2014年度年次大会,S1110302,東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区),pp.S1110302 (1)-(5),2014.9.7~10,2014.9.8.
菱川貴雄,鈴森康一,脇元修一;“形状適応性を持つ集積型マイクロ吸盤の研究”,日本機械学会2014年度年次大会,S1110501,東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区),pp. S1110501 (1)-(5),2014.9.7~10,2014.9.8.
下川一幸,脇元修一,鈴森康一,森重佳久;“親水・撥水性ラバー材料を用いた液滴ハンドリングメカニズムの検討”,日本機械学会2014年度年次大会,S1110504,東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区),pp. S1110504 (1)-(4),2014.9.7~10,2014.9.8.
Koichi Suzumori, Naoto Osaki, Jumpei Misumi, Akina Yamamoto, Takefumi Kanda;“A Multiplex Pneumatic Actuator Drive Method Based on Acoustic Communication in Air Supply Line”,The 2014 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2014),0211,The Palmer House Hilton(Chicago,Illinois,USA),pp. 2795-2800,2014.9.14~18,2014.9.16.
山口大介,野口祐也,神田岳文,鈴森康一;“極低温用超音波モータの等価回路を用いた特性評価”,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会,D03,鳥取大学 鳥取キャンパス(鳥取県鳥取市),pp. 171-172,2014.9.16~18,2014.9.16.
森航太,村上拓嗣,岸亨,神田岳文,鈴森康一;“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成 第3報:連続相の動粘度による液滴生成条件の変化”,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会,D05,鳥取大学 鳥取キャンパス(鳥取県鳥取市),pp. 175-176,2014.9.16~18,2014.9.16.
露木俊介, 岸亨, 神田岳文, 鈴森康一, 川崎慎一朗;“低流量噴霧を目的とした超音波振動型噴霧ノズル”,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会,D14,鳥取大学 鳥取キャンパス(鳥取県鳥取市),pp. 185-186,2014.9.16~18,2014.9.16.
神田岳文, 薮本雅喜, 鈴森康一;“微小領域内キャビテーションセンサによるナノエマルション生成デバイスの評価”,2014年度精密工学会秋季大会学術講演会,D17,鳥取大学 鳥取キャンパス(鳥取県鳥取市),pp. 191-192,2014.9.16~18,2014.9.16.
Mohamed Najib RIBUAN, Koichi SUZUMORI, Shuichi WAKIMOTO and Takefumi KANDA;“PNEUMATIC SOFT ROBOT BASE WITH OMNIDIRECTIONAL LOCOMOTION”,The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power,1B2-2,Kunibiki Messe(Shimane,Japan),pp. 171-176,2014.10.28~31,2014.10.29.
Kazuya Mori, Shuichi Wakimoto, Masayuki Takaoka and Koichi Suzumori;“Development of thin McKibben artificial muscle and its application to biomimetic mechanisms”,The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power,1B2-3,Kunibiki Messe(Shimane,Japan),pp.177-180,2014.10.28~31,2014.10.29.
Koichi SUZUMORI,Naoto OSAKI,Jumpei MISUMI,Akina YAMAMOTO and Takefumi KANDA;“ACOUSTIC COMMUNICATION IN AIR SUPPLY LINE REALIZING MULTIPLEX CONTROL OF ACTUATORS”,The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power,1B3-2,Kunibiki Messe(Shimane,Japan),pp.272 -276,2014.10.28~31,2014.10.29.
Kota MORI, Takuji MURAKAMI, Takefumi KANDA, Koichi SUZUMORI;“DROPLETS GENERATION IN A FLOW FIELD BY USING A BOLT-CLAMPED LANGEVIN-TYPE TRANSDUCER”,The 9th JFPS International Symposium on Fluid Power,2B2-4,Kunibiki Messe(Shimane,Japan),pp. 475-478,2014.10.28~31,2014.10.30.
Keita Usaki, Yuichi Ashida, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori,Shuichi Wakimoto;“Light Driven SMA Actuator Using Optical Waveguide Made of Past Type Organic Material”,The 25th International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science(MHS2014),MP2-2-2,Nagoya University(nagoya,Japan),pp.133 -138,2014.11.9~12,2014.11.10.
中薗正浩,神田岳文,山口大介,鈴森康一;“極低温用超音波モータの駆動特性の温度依存性”,第35回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,3P4-2,明治大学(東京都千代田区),pp.459-460,2014.12.3~5,2014.12.5.
R. Yoshioka, S. Wakimoto, K. Suzumori and Y. Ishikawa;“Development of Pneumatic Rubber Actuator of 400μm in Diameter Generating Bi-directional Bending Motion”,The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(IEEE-ROBIO 2014),A01(1),Padma Resort Bali at Legian(Bali,Indonesia),pp.1-6,2014.12.5~10,2014.12.7.
M.Iwamura, S.Wakimoto, K.Suzumori, H.Oka, K.Shibuya, K.Sumi;“Fundamental tests of pneumatic soft devices for pushing abdomen in stomach X-ray examination”,The 2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(IEEE-ROBIO 2014),I12(71),Padma Resort Bali at Legian(Bali,Indonesia),pp.2649-2654,2014.12.5~10,2014.12.9.
大野晃寛,鈴森康一,脇元修一;“細径空圧人工筋肉を用いた能動織布の試作”,第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,2I2-5,東京ビッグサイト(東京都江東区有明),pp.1554 -1555,2014.12.15~17,2014.12.16.
森重佳久,鈴森康一,脇元修一;“ゴム微細円柱アレイのピッチ増減による水滴の形状変化”,第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,2I3-1,東京ビッグサイト(東京都江東区有明),pp. 1556-1558,2014.12.15~17,2014.12.16.
菱川貴雄,鈴森康一 ,脇元修一;“マイクロ吸盤集積型吸着デバイスの研究”,第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,2I3-2,東京ビッグサイト(東京都江東区有明),pp.1599 -1561,2014.12.15~17,2014.12.16.
廣岡 大祐,山口 智実,古城 直道,鈴森 康一,神田 岳文;“圧電振動による微粒子励振型空気流量制御弁 -第11 報 応答性の評価-”,第15回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門 講演会,2I3-5,東京ビッグサイト(東京都江東区有明),pp. 1568-1570,2014.12.15~17,2014.12.16.
2015年
脇元修一;“胃X線検査腹臥用遠隔圧迫メカニズム”,中央西日本 メディカル・イノベーション2015,岡山大学鹿田キャンパス(岡山県岡山市
神田岳文;“低流量噴霧による薄膜塗装の実現を目的とした超音波振動ノズル”,特別電源所在県科学技術振興事業,A-9,岡山プラザホテル(岡山県岡山市),pp.29-30,2015.3.16,2015.3.16.
廣岡大祐,古城直道,山口智実,生駒誠,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型空気流量比例制御弁の動特性の評価”,2015年度精密工学会春季大会,J02,東洋大学 白山キャンパス(東京都文京区),pp. 547-548,2015.3.17~19,2015.3.17.
野口祐也,神田岳文,鈴森康一;“焦電効果を用いた高温環境用アクチュエータの試作・評価”,2015年度精密工学会春季大会,J19,東洋大学ス(東京都文京区),pp. 571-572,2015.3.17~19,2015.3.17.
Yusuke Okamoto, Takefumi Kanda, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori;“Displacement and Gripping Detection by Piezoelectric Polymer Sensors for Soft Actuators”,The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2015),TH-D-2-1,Okinawa Convention Center(Okinawa,Japan),pp. 128-129,2015.4.22~25,2015.4.23.
Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Research on Controllability of the Particle Excitation Flow Control Valve”,The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2015),TH-D-2-5,Okinawa Convention Center(Okinawa,Japan),pp. 136-137,2015.4.22~25,2015.4.23.
Akira Wada, Koichi Suzumori, Hidehiro Kametani, Takaaki Kitamori, Shuichi Wakimoto;“New Gas Rubber Actuator Driven with Electrolysis/Synthesis of Water”,The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2015),TH-D-3-1,Okinawa Convention Center(Okinawa,Japan),pp. 140-141,2015.4.22~25,2015.4.23.
Takao Hishikawa, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Development of An Adsorption Suction Cup With Integrated Micro Suction Cups”,The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2015),TH-D-3-2,Okinawa Convention Center(Okinawa,Japan),pp. 142-143,2015.4.22~25,2015.4.23.
Kazuyuki Shimogawa, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Yoshihisa Morishige, Takefumi Kanda;“Mechanism for Droplet Using Hydrophilic/Hydrophobic Rubber Materials”,The 6th International Conference on Manufacturing, Machine Design and Tribology(ICMDT2015),TH-D-3-4,Okinawa Convention Center(Okinawa,Japan),pp. 146-147,2015.4.22~25,2015.4.23.
露木俊介,神田岳文,鈴森康一,川﨑慎一朗,岸亨;“超音波振動ノズルによる低流量噴霧”,第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,15D03,ハウステンボス タワーシティ(長崎県佐世保市),pp. 473-474,2015.5.14~15,2015.5.15.
甲斐稔章,鈴森康一,神田岳文,阪田祐作,門脇信傑,田中雄太;“三方電磁弁を用いたマイクロビーカ化学合成プロセス”,第27回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,15D04,ハウステンボス タワーシティ(長崎県佐世保市),pp. 475-476,2015.5.14~15,2015.5.15.
尾﨑直人,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,三隅潤平;“空圧配管内音響通信を利用した空圧アクチュエータの多重駆動システム ―第3報 小型制御モジュールの開発と10 アクチュエータの独立制御―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1A1-A07,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1A1-A07(1)-(4),2015.5.17~19,2015.5.18.
和田晃,北守隆旺,鈴森康一,脇元修一;“気液可逆反応を利用したガス圧アクチュエータ ―第3報 電極面積比増加による応答性向上―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1A1-A08,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1A1-A08(1)-(3),2015.5.17~19,2015.5.18.
宇崎啓太,神田岳文,脇元修一,鈴森康一;“光加熱を用いたSMA マニピュレータの駆動方法に関する研究”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1A1-B06,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1A1-B06(1)-(2),2015.5.17~19,2015.5.18.
廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一,神田岳文,生駒誠;“微粒子励振型比例制御弁の開発 ―流量特性の安定を目指した試作機の開発―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1A1-B10,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1A1-B10(1)-(3),2015.5.17~19,2015.5.18.
向田篤史,廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一,神田岳文;“ねじり振動を用いた微粒子励振型空気流量制御弁 -ねじり振動の有用性の確認-”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-A09,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-A09(1)-(4),2015.5.17~19,2015.5.18.
土井俊幸,脇元修一,鈴森康一,神田岳文;“細径McKibben 型人工筋の集積化に関する研究 ―第1報:収縮率と収縮力の静特性の測定―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-B03,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-B03(1)-(4),2015.5.17~19,2015.5.18.
大西健一,小川尚哉,神田岳文,鈴森康一;“エマルション生成システムにおける超音波振動を用いたマイクロ流路内液滴操作”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-L02,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-L02(1)-(3),2015.5.17~19,2015.5.18.
山田知靖,森航太,神田岳文,鈴森康一;“液滴生成を目的とした分離構造を持つランジュバン型ねじり振動子の開発”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-M02,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-M02(1)-(3),2015.5.17~19,2015.5.18.
福田雅俊,鈴森康一,車谷駿一,脇元修一;“細径マッキベン人工筋を用いた筋骨格ロボットの研究 第3報 上肢骨格ロボット機構の試作”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-W03,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-W03(1)-(4),2015.5.17~19,2015.5.18.
車谷駿一,鈴森康一,福田雅俊,脇元修一;“細径マッキベン人工筋を用いた筋骨格ロボット機構の研究 第2報 下肢骨格ロボット機構の試作”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-W04,京都市勧業館「みやこめっせ」(京都府京都市),pp. 1P1-W04(1)-(4),2015.5.17~19,2015.5.18.
Takefumi Kanda, Yuya Noguchi, Koichi Suzumori;“ACTUATORS FOR HIGH TEMPERATURE ENVIRONMENT USING PYROELECTRIC EFFECT”,The 12th International Workshop on Piezoelectric Materials and Applications in Actuators(IWPMA2015),ARTIS Centrum Hotel(Vilnius,Lithuania),p.47,2015.6.29~7.1,2015.6.30.
Yohei Yamaguchi, Yasuyo Yamaguchi, Shuichi Wakimoto, Gentaro Iribe, Keiji Naruse;“Development of a Fluidic Gripper for Isolated Cardiomyocytes”,37th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society,FrFPoT3.14,Micro-Milano Conference Center(Milano,Italy),p. 110,2015.8.25~29,2015.8.28.
車谷駿一,森田隆介,鈴森康一,脇元修一;“細径マッキベン人工筋を用いた筋骨格ロボット機構の研究ロボット学会学術講演会,1A1-03,東京電機大学(東京都足立区),pp.1A1-032015(1)-(4),2015.9.3~5,2015.9.3.
尾﨑直人,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,三隅潤平;“空圧配管内音響通信を利用した 空圧アクチュエータの多重駆動システム―第4報長距離通信の実現―”,第33回日本ロボット学会学術講演会,1G2-07,東京電機大学(東京都足立区),pp. 1G2-07(1)-(3),2015.9.3~5,2015.9.3.
遠山雄,脇元修一,鈴森康一,神田岳文;“多自由度扁平ソフトアクチュエータの開発”,第33回日本ロボット学会学術講演会,2K2-03,東京電機大学(東京都足立区),pp. 2K2-03(1)-(3),2015.9.3~5,2015.9.4.
土井俊幸,脇元修一,鈴森康一,神田岳文;“タコの腕構造を模倣した柔軟マニピュレータの試作”,第33回日本ロボット学会学術講演会,2K2-04,東京電機大学(東京都足立区),pp. 2K2-04(1)-(3),2015.9.3~5,2015.9.4.
森田隆介,車谷駿一,鈴森康一,脇元修一;“細径マッキベン人工筋を用いた筋骨格ロボットの研究ロボット学会学術講演会,3A3-04,東京電機大学(東京都足立区),pp. 3A3-04(1)-(4),2015.9.3~5,2015.9.5.
塩見和樹,福川裕也,廣岡大祐,古城直道,山口智実,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型空気流量比例制御弁の流量特性の改善方法の考案”,2015年度精密工学会秋季大会,P01,東北大学(宮城県仙台市),pp. 883-884,2015.9.4~6,2015.9.4.
山田知靖,森航太,神田岳文,鈴森康一;“超音波ねじり振動子と微小孔板を用いた流れ場内への液滴生成 第4 報:単分散液滴生成条件の導出”,2015年度精密工学会秋季大会,P03,東北大学(宮城県仙台市),pp. 887-888,2015.9.4~6,2015.9.4.
大藤翔輝,露木俊介,神田岳文,川﨑慎一朗;“低流量噴霧を目的とした超音波振動ノズルの振動モード”,2015年度精密工学会秋季大会,P04,東北大学(宮城県仙台市),pp. 889-890,2015.9.4~6,2015.9.4.
森重佳久,鈴森康一,脇元修一,神田岳文;“ゴム微細表面構造の変形による水滴の形状変化”,日本機械学会2015年度年次大会,S11420202,北海道大学(北海道札幌市),pp. S11420202(1)-(3),2015.9.13~16,2015.9.15.
松岡大樹,鈴森康一,神田岳文,脇元修一,Pierre LAMBERT;“気液相変化型ラバーソフトアクチュエータの開発”,日本機械学会2015年度年次大会,S1150103,北海道大学(北海道札幌市),pp. S1150103(1)-(5),2015.9.13~16,2015.9.15.
Daisuke HIROOKA, Tomomi YAMAGUCHI, Naomichi FURUSHIRO, Koichi SUZUMORI, Takefumi KANDA;“Small Size Pneumatic Valve for Smooth Flow Control using PZT vibrator”,2015 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS),6E-5,Taipei International Convention Center(Taipei,Taiwan),p. 275,2015.10.21~24,2015.10.23.
Shunsuke Tsuyuki, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori, Shin-ichiro Kawasaki, Shoki Ofuji;“Low flow rate spraying using a torsional ultrasonic transducer”,2015 IEEE International Ultrasonics Symposium(IUS),PA-1(Poster),6E-6(Oral),Taipei International Convention Center(Taipei,Taiwan),p.213(Poster),p.275(Oral),2015.10.21~24,2015.10.22(Poster),23(Oral).
大西健一,神田岳文,小川尚哉,鈴森康一;“超音波振動を用いた液滴操作デバイスにおける液滴操作条件の検討”,第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,29pm3-PS-035,朱鷺メッセ(新潟県新潟市),pp. 29pm3-PS-035(1)-(6),2015.10.28~30,2015.10.29.
中岡佑太,神田岳文,中平大智,鈴森康一;“水熱合成PZT膜を用いた凹面型小型超音波トランスデューサの作製と評価”,第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,30am2-PS-036,朱鷺メッセ(新潟県新潟市),pp. 30am2-PS-036(1)-(4),2015.10.28~30,2015.10.30.
大西健一,小川尚哉,神田岳文,小野努,増田順也,豊田翔平,大河原賢一,檜垣和孝,鈴森康一,“ナノエマルション生成を目的とした超音波振動デバイスにおける印加電圧と液滴径の関係”,第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,30am2-PS-038,朱鷺メッセ(新潟県新潟市),pp. 30am2-PS-038(1)-(4),2015.10.28~30,2015.10.30.
岡本雄介,神田岳文,脇元修一,鈴森康一;“ソフトアクチュエータ用圧電高分子センサの作製と評価”,第32回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,30am2-PS-048,朱鷺メッセ(新潟県新潟市),pp. 30am2-PS-048(1)-(4),2015.10.28~30,2015.10.30.
神田岳文,薮本雅喜,鈴森康一;“エマルション生成用マイクロ流路デバイスの圧電高分子センサによる評価”,第36回 超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,3P4-7,つくば国際会議場(茨城県つくば市),pp. 3P4-7(1)-(2),2015.11.5~7,2015.11.7.
Mohamed Najib Ribuan, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Design and locomotion of eight-legged soft mobile robot”,The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015),1P1-05,Waseda University(Shinjuku-ku,Tokyo,Japan),pp.128-129,2015.12.5~8,2015.12.6.
Masahiro Nakazono, Takefumi Kanda;“Design and evaluation of a pre-stress control device for cryogenic ultrasonic motors”,The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015),1P1-16,Waseda University(Shinjuku-ku,Tokyo,Japan),pp.148-149,2015.12.5~8,2015.12.6.
Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda, Shoki Ofuji;“A small water flow control valve using particle excitation by PZT vibrator”,The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015),1P2-24,Waseda University(Shinjuku-ku,Tokyo,Japan),pp. 221-222,2015.12.5~8,2015.12.6.
Gaurav Maiti, Shuichi Wakimoto, Takefumi Kanda, Koichi Suzumori ;“Establishment of a simplified simulation method for Axially Reinforced Pneumatic Artificial Muscle by introducing Anisotropic Material”,The 6th International Conference on Advanced Mechatronics (ICAM2015),2A1-21,Waseda University(Shinjuku-ku,Tokyo,Japan),pp.276-277,2015.12.5~8,2015.12.7.
Hidehiro KAMETANI, Shuichi WAKIMOTO, Yasutaka NISHIOKA;“Proposal and Fundamental Experiments of a Novel Pneumatic Film Actuator for Assisting Colonoscope Insertion”,The 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(IEEE-ROBIO 2015),WeM01.1,Zhuhai Dehan Hotel(Zhuhai,China),pp.2157-2162,2015.12.7~9,2015.12.9.
Jumpei MISUMI, Shuichi WAKIMOTO, Koichi SUZUMORI;“Experimental Investigation of Conductive Fibers for a Smart Pneumatic Artificial Muscle”,The 2015 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics(IEEE-ROBIO 2015),WeM05.4,Zhuhai Dehan Hotel(Zhuhai,China),pp. 2335-2340,2015.12.7~9,2015.12.9.
Mohamed Najib Ribuan,Shuichi Wakimoto,Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Locomotion Characteristics of Soft Mobile Robot Platform for Upper Gastrointestinal (UGI) Fluoroscopic Examination”,2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,SaC1.2,Meijo University(Nagoya, Aichi, Japan),pp.175-180,2015.12.11~13,2015.12.12.
Yoshihisa Morishige,Koichi Suzumori,Shuichi Wakimoto,Takefumi Kanda;“Contact Angle of Water Droplet on Deforming Rubber Sheet with Micro Surface Structures”,2015 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,SuE4.1,Meijo University(Nagoya, Aichi, Japan),pp.948-951,2015.12.11~13,2015.12.13.
2016年
大藤翔輝,神田岳文,妹尾典久,鈴森康一,浮田貴宏,難波江裕之;“微粒子励振型制御弁による水流量の制御”,2016年度精密工学会春季大会,F02,東京理科大学 野田キャンパス(千葉県野田市),pp.385-386,2016.3.15~17,2016.3.15.
廣岡大祐,古城直道,山口智実,塩見和樹,福川裕也,鈴森康一,神田岳文;“微粒子励振型空気流量比例制御弁の流量特性の改善方法の考案 第2 報 安定流量域の拡大”,2016年度精密工学会春季大会,F03,東京理科大学 野田キャンパス(千葉県野田市),pp.387-388,2016.3.15~17,2016.3.15.
神田岳文;“高温環境での使用を目的とした振動型アクティブミキサ”,特別電源所在県科学技術振興事業,A-8,テクノサポート岡山(岡山市北区),pp.23-24,2016.3.18,2016.3.18.
山田知靖,神田岳文;“超音波ねじり振動子と微小孔を用いた液滴生成における液柱形成に関する考察”,第16回 機素潤滑設計部門講演会,C2-1,グランディア芳泉(福井県あわら市),pp.75~76,2016.4.18~19,2016.4.18.
矢野貴博,神田岳文,中薗正浩,鈴森康一,竹腰清乃理,松永達弥;“ボルト締め型振動子を用いた固体NMR用超音波モータの試作・評価”,第16回 機素潤滑設計部門講演会,C2-2,グランディア芳泉(福井県あわら市),pp.77~78,2016.4.18~19,2016.4.18.
松岡大樹,神田岳文,脇元修一,鈴森康一,Pierre Lambert;“気液相変化駆動ソフトラバーアクチュエータの開発”,第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,18A3-1,慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市),pp.60-61,  2016.5.18~20,2016.5.18.
大西健一,神田岳文,小川尚哉,鈴森康一;“超音波振動を用いた積層型デバイスによるマイクロ流路内液滴操作”,第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,18A3-5,慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市),pp.70-71,  2016.5.18~20,2016.5.18.
浮田貴宏,鈴森康一,難波江裕之,神田岳文,大藤翔輝;“微粒子励振型流量制御弁の水圧システムへの適用”,第28回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,18A3-7,慶應義塾大学 日吉キャンパス(神奈川県横浜市),pp.76-77, 2016.5.18~20,2016.5.18.
大藤翔輝,神田岳文,妹尾典久,鈴森康一,浮田貴宏,難波江裕之;“微粒子励振型流量制御弁による油流量制御”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,1P1-09a1,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.1P1-09a1(1)-(2),2016.6.8~11,2016.6.9
浮田貴宏,鈴森康一,難波江裕之,神田岳文,大藤翔輝;“作動流体の粘性による微粒子励振制御弁の駆動特性への影響”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,1P1-09b7,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp. 1P1-09b7(1)-(3),2016.6.8~11,2016.6.9
山根彰馬,脇元修一,鈴森康一,澁谷光一;“細径人工筋肉を利用した胃X線透視検査用圧迫位置可変システムの提案”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2A1-03b5,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2A1-03b5(1)-(3),2016.6.8~11,2016.6.10
菱川貴雄,脇元修一,鈴森康一;“壁面吸着機構への応用を目指した受動型柔軟バルブの開発”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2A1-04b4,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2A1-04b4(1)-(4),2016.6.8~11,2016.6.10
脇元修一,三隅潤平,新木遼平,後藤桂輔;“糸状センサを内蔵した空圧駆動スマート人工筋の製作と基礎特性”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2P1-04b2,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2P1-04b2(1)-(3),2016.6.8~11,2016.6.10
山田大貴,神田岳文,黒田雅貴,中薗正浩;“ねじり振動子共振駆動型極低温用超音波モータ ―第2報 駆動波形の検討―”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2P1-04b5,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2P1-04b5(1)-(3),2016.6.8~11,2016.6.10
前田慧,脇元修一;“繊維状形状記憶ポリマーを複合した空気圧ラバーアクチュエータの試作”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2P1-05a4,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2P1-05a4(1)-(3),2016.6.8~11,2016.6.10
車谷駿一,鈴森康一,難波江裕之,脇元修一;“多繊維構造人工筋における筋繊維間干渉のモデリング”,日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会2016,2P1-13b4,パシフィコ横浜(神奈川県横浜市),pp.2P1-13b4(1)-(2),2016.6.8~11,2016.6.10
Daisuke Hirooka, Tomomi Yamguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“High Response Proportional Flow Control Valve Using Particle Excitation”,15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016),B3.9,Messe Bremen(Bremen, Germany),pp.241-244,2016.6.13~15,2016.6.14
Takefumi Kanda, Tomoyasu Yamada, Kota Mori, Koichi Suzumori;“Mono-Dispersed Droplets Generation in the Flowing Ambient Liquid by Using an Ultrasonic Vibrator”,15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016),C3.2,Messe Bremen(Bremen, Germany),pp. 332-335,2016.6.13~15,2016.6.14
Shoki Ofuji, Shunsuke Tsuyuki, Takefumi Kanda, Seren Miyake, Shin-ichiro Kawasaki;“Effective Vibration Mode of Ultrasonic Transducers for Low Flow Rate Spraying”,15th International Conference on New Actuators & 9th International Exhibition on Smart Actuators and Drive Systems(Actuator 2016),p11,Messe Bremen(Bremen, Germany),pp. 447-450,2016.6.13~15,2016.6.13
尾﨑隼人,神田岳文;“焦電効果を用いた高温環境用静電アクチュエータの特性評価”,平成28年度電気学会センサ・マイクロマシン部門総合研究会, MSS-16-009,金沢市文化ホール(石川県金沢市),pp. MSS-16-009(1)-(2),2016.6.29~30,2016.6.29
大藤翔輝,神田岳文,尾﨑隼人,妹尾典久,鈴森康一,浮田貴宏,難波江裕之;“微粒子励振型制御弁を用いた水圧シリンダ制御”,2016年度精密工学会秋季大会,J69,茨城大学水戸キャンパス(茨城県水戸市),pp.555-556,2016.9.6~8,2016.9.8
神田岳文,大藤翔輝,尾﨑隼人,妹尾典久,鈴森康一,浮田貴宏,難波江裕之;“圧電振動子駆動微粒子励振型制御弁による水圧アクチュエータの駆動”,第34回日本ロボット学会学術講演会,1X1-03,山形大学(山形県山形市),pp.1X1-03(1)-(2),2016.9.7~9,2016.9.7
山根彰馬,脇元修一,土井俊幸;“ジャミング転移による可変剛性機能を有する細径人工筋集積柔軟マニピュレータの試作”,第34回日本ロボット学会学術講演会, 2G1-08,山形大学(山形県山形市),pp.2G1-08(1)-(3),2016.9.7~9,2016.9.7
三宅星連,露木俊介,大藤翔輝,神田岳文,川崎慎一朗;“ランジュバン型ねじり振動子を用いた噴霧ノズルによる液体の低流量噴霧”,日本機械学会2016年度年次大会,J1110205,九州大学 伊都キャンパス(福岡県福岡市),pp.J1110205(1)-(4),2016.9.11~14,2016.9.14
Takefumi Kanda, Masataka Kuroda, Daisuke Yamaguchi, Koichi Suzumori;“A Cryogenic Ultrasonic Actuator using a Torsional Transducer”,2016 IEEE International Ultarasonics Symposium(IUS2016),6H-5,VINCI Convention Center(Tours, France),pp.6H5(1)-(3),2016.9.18~21,2016.9.21
Daisuke Hirooka, Tomomi Yamaguchi, Naomichi Furushiro, Koichi Suzumori, Takefumi Kanda;“Highly Responsive and Stable Flow Control Valve using a PZT transducer”,2016 IEEE International Ultarasonics Symposium(IUS2016),6H-6,VINCI Convention Center(Tours, France),pp.6H6(1)-(3),2016.9.18~21,2016.9.21
Toshiyuki Doi, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori, Kazuya Mori;“Proposal of Flexible robotic arm with thin McKibben actuators mimicking octopus arm structure”,2016 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems(IROS2016),ThCT1.2,Daejeon Convention Center(Daejeon,Korea),pp.5503-5508,2016.10.9~14,2016.10.13
尾﨑隼人,神田岳文;“焦電効果を用いた高温環境用静電アクチュエータの特性評価”,第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,25am2-PS-023,平戸文化センター(長崎県平戸市),pp. 25am2-PS-023 (1)-(4),2016.10.24~26,2016.10.25
大西健一,神田岳文,小野努,豊田翔平,今井慶彦,大河原賢一,檜垣和孝,鈴森康一;“超音波振動デバイスを用いたナノエマルション生成におけるプレエマルションの影響”,第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,25am2-PS-029,平戸文化センター(長崎県平戸市),pp.25am2-PS-029(1)-(4),2016.10.24~26,2016.10.25
藤本望夢,神田岳文,甲斐稔章,阪田祐作,山田嘉昭,妹尾典久,中崎義晃,音山貴史;“結晶微粒化を目的とした急冷マイクロリアクタシステムの製作と評価”,第33回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム,25pm4-PS-024,平戸文化センター(長崎県平戸市),pp.25pm4-PS-024(1)-(4),2016.10.24~26,2016.10.25
Takahiro Ukida, Koichi Suzumori, Hiroyuki Nabae, Takefumi Kanda;“Piezoelectric transducer design for particle excitation hydraulic control valve”, The 37th Symposium on UltraSonic Electronics (USE2016), 3P4-6, Pukyong National University (Busan, Korea),pp.3P4-6(1)-(2),2016.11.16~18, 2016.11.18
Takefumi Kanda, Seren Miyake, Shoki Ofuji, Shunsuke Tsuyuki, Shin-ichiro Kawasaki;“Evalution of a spraying state using a nozzle oscillated by a torsional transducer”, The 37th Symposium on UltraSonic Electronics (USE2016), 3P4-8, Pukyong National University (Busan, Korea), pp.3P4-8(1)-(2),2016.11.16~18, 2016.11.18
Yu Tohyama, Shuichi Wakimoto;“Development of a Thin Pneumatic Rubber Actuator Generating 3-DOF Motion”,IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE-ROBIO2016),MoD03.4,Shangri-La Hotel (Qingdao, China),pp.1215-1220,2016.12.3~7,2016.12.5
Satoshi Maeda, Shuichi Wakimoto, Shigeyoshi Yahara;“Proposal of Pneumatic Rubber Muscles with Shape-Memory Polymer Reinforcement Fibers Realizing Desirable Motion”,IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (IEEE-ROBIO2016),MoD03.5,Shangri-La Hotel (Qingdao, China),pp.1221-126,2016.12.3~7,2016.12.5
新木遼平,脇元修一,後藤佳輔;“導電性繊維を複合した湾曲型空圧人工筋の試作”,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016),3C2-5,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市),pp.2305-2306,2016.12.15~17,2016.12.17
神田岳文,大藤翔輝,尾﨑隼人,脇元修一,妹尾典久,鈴森康一,難波江裕之;“圧電振動子駆動小型流量制御弁一体型ソフトアクチュエータの試作・評価”,第17回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2016),3C3-2,札幌コンベンションセンター(北海道札幌市),pp.2393-2295,2016.12.15~17,2016.12.17

報告書


著者氏名; “題名”, 掲載誌, 巻数, 号数, 出版社,出版社所在地,ページ数(pp. 1- 2), 発表年月日.
鈴森康一,神田岳文,極微細加工技術を用いたマイクロアクチュエータの開発,平成16年度都市エリア産学官連携促進事業ナノプレジョンエリア事業共同研究報告書,pp.150-166,(2005-3)
神田岳文,バルクPZT振動子を利用したマイクロサーボモータとそのマイクロロボットへの応用,マツダ財団研究報告書,Vol.17 2005,pp.89-96,(2005-6)
鈴森康一,自走式大腸内視鏡の研究開発,健康サポートシステム関連技術の共同研究 (平成17年度文部科学省補助事業成果報告書),pp.41-61, (2006-3)
神田岳文,携帯型流体利用装置の駆動を目的としたマイクロアクチュエータの開発,健康サポートシステム関連技術の共同研究 (平成17年度文部科学省補助事業成果報告書),pp.52-61

解説記事


著者氏名; “題名”, 掲載誌, 巻数, 号数, 出版社, 出版社所在地, ページ数 (pp. 1- 2), 発行年月.
鈴森康一;“空圧マイクロアクチュエータ~力のあるマイクロマシンの実現を目指して~”,油空圧技術,42巻6号,日本工業出版,pp.21-24,2003年6月
鈴森康一;“アクチュエータシステム”,日本機械学会誌,106巻1017号,p.63,2003年8月
鈴森康一;“小型ロボット用アクチュエータの開発とその展望”,日本ロボット学会誌,21巻7号,東京,pp.704-707,2003年10月
鈴森康一;“油圧アクチュエータを用いたパワーレスキューロボット”,フルードパワーシステム,35巻4号,pp.44-48,2004年7月
鈴森康一;“インテリジェント空圧シリンダの開発とアクティブ多面体への応用”,フルードパワーシステム,35巻6号,pp.48-52,2004年11月
田村宙,黒澤実,神田岳文;“先鋭化ファイバーを接着した水熱合成法PZT膜プローブセンサ”,信学技報,US2005-2,pp.7-12,2005年4月
鈴森康一,遠藤聡;“非線形FEMとCAMに基づくラバーアクチュエータの設計開発システム”,油空圧技術増刊号 生活を支援するフルードパワー,45巻11号,pp.46-50,2006年10月
鈴森康一,脇元修一;“生物を模倣した水陸両用柔軟ロボット”,油空圧技術増刊号 生活を支援するフルードパワー,45巻11号,pp.51-56,2006年10月
神田岳文,鈴森康一;“圧電性高分子を用いたフレキシブルセンサ作成プロセス”,油空圧技術増刊号 生活を支援するフルードパワー,45巻11号,pp.57-62,2006年10月
鈴森康一;“マイクロロボット用アクチュエータ”,日本AEM学会誌,vol.14 no.2,pp.168-173,2006年6月
鈴森康一;“多自由度メカトロニクス用インテリジェントアクチュエータ”,電気学会誌,Vol.127 No.5,pp.291-293,2007年5月1日
神田岳文;“小型圧電振動子を用いた円筒型マイクロ超音波モータ”,化学工業,Vol.58 No.8,pp.595-598,2007年8月
門脇信傑,鈴森康一;“マイクロリアクタ用三方弁の開発とプラグ流の形成実験”,油空圧技術,VOL.46 No.10,日本工業出版,東京,pp.25-29,2007年10月
榊泰輔,鈴森康一,金山尚樹;“これだけは知っておきたい-電磁モータ基礎のきそ-”,日本ロボット学会誌,Vol.25 No.7,pp.1057-1058, 2007年10月
神田岳文;“微小孔板の超音波振動を利用した液滴の生成実験”,超音波テクノ,Vol.19 No.6,日本工業出版,東京,pp.47-49,2007年11月
神田岳文;“科研費特定領域研究における研究紹介 -ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究-”,超音波テクノ,Vol.20 No.1,日本工業出版,東京,pp.44-47,2008年1月20日
鈴森康一;“医用応用を目指した小型アクチュエータ”,日本機械学会誌,Vol.111 No.1072,社団法人 日本機械学会,東京,pp.182-183,2008年3月5日
鈴森康一;“研究室訪問 新たなシーズを求めて 第1回 岡山発,アクチュエータ技術 岡山大学 鈴森研究室”,機械設計,Vol.52 No.8,日刊工業新聞社,東京,pp.90-91,2008年7月1日
鈴森康一,西岡靖貴;“空気疎密波重畳によるアクチュエータ駆動”,日本フルードパワーシステム学会誌,Vol.39 No.5,(社)日本フルードパワーシステム学会,東京,pp.290-294,2008年9月15日
鈴森康一;“メカトロニクス用新型流体アクチュエータ”,機械の研究,Vol.60 No.10,株式会社 養賢堂,東京,pp.1032-1038,2008年10月1日
鈴森康一;“産業用ロボットを支える要素技術②,ロボット用アクチュエータ”,機械設計,Vol.52 No.12,日刊工業新聞社,東京,pp.48-54,2008年11月1日
鈴森康一;“新しい空圧アクチュエータの開発と応用”,M&E,第36巻第2号,工業調査会,東京,pp.47-52,2009年2月1日
鈴森康一;“ロボット用アクチュエータ”,機械設計臨時増刊号,日刊工業新聞社,東京,pp.14-20,2009年4月30日
西岡靖貴,鈴森康一;“大幅な省配線・省配管を実現する空気疎密波重畳駆動システム”,油空圧技術,Vol.48 No.7,日本工業出版,東京,pp.35-39,2009年7月1日
神田岳文, 富永宜幸, 原田拓也, 鈴森康一, 山田嘉昭;“微小孔板とねじり振動子によるエマルション生成”,信学技報,Vol.109 No.213,社団法人 電子情報通信学会,東京,pp.41-46,2009年9月22日
神田岳文;“超音波攪拌機構を用いた水熱合成法によるPZT薄膜の成膜”,超音波テクノ,Vol.21 No.6,日本工業出版,東京,pp.35-37,2009年12月1日
神田岳文;“円筒型超音波モータの特殊環境応用 -強磁場環境下での回転駆動への応用-”,超音波テクノ,Vol.22 No.1,日本工業出版,東京,pp.72-75,2010年2月1日
鈴森康一;“中国支部だより 研究室紹介 岡山大学アクチュエータ研究センター”,電気設備学会誌,Vol.30 No.6,社団法人 電気設備学会,東京,pp.469-470,2010年6月10日
神田岳文;“円筒型マイクロ超音波モータとその強磁場環境応用”,科学と工業,Vol.84 No.6,社団法人 大阪工研協会,大阪,pp.239-244,2010年6月20日
神田岳文;“微小孔板とねじり振動子による液滴生成”,超音波テクノ,Vol.23 No.1,日本工業出版,東京,pp.48-51,2011年2月1日
神田岳文;“超音波振動とマイクロ流路を用いたエマルション生成デバイス”,超音波テクノ,Vol.23 No.1,日本工業出版,東京,pp.52-55,2011年2月1日
鈴森康一,脇元修一;“流体駆動ソフトメカニズムの設計”,日本ロボット学会誌,Vol.29 No.6,株式会社毎日学術フォーラム,東京,pp.484-487,2011年7月15日
脇元修一,鈴森康一;“新しい空気圧アクチュエータ”,精密工学会誌,Vol.77 No.9,公益社団法人 精密工学会,東京,pp.828-831,2011年9月5日
山口大介,神田岳文;“会員企業を訪ねて 第3回 株式会社化繊ノズル製作所“直径数μmの超微細孔,一品一芸の融合で究極のものづくり”,精密工学会ホームーページ (URL:http://www.jspe.or.jp/top/sanjo_pr.html),東京,2011年6月28日
脇元修一;“ソフトラバーアクチュエータ”,油空圧技術,Vol.51 No.6,日本工業出版,東京,pp.37-41,2012.6.1
神田岳文;“マイクロ流路を用いたエマルション生成用超音波デバイスの検討”,超音波テクノ,Vol. 25,No.4,日本工業出版,東京,pp.72-76,2013.8.1.
鈴森康一;“ロボットとアクチュエータのバックドライバビリティ”,日本ロボット学会誌,Vol.31,No.6,一般社団法人 日本ロボット学会,東京,pp. 548-551,2013.7.15.
鈴森康一,脇元修一;“バブラアクチュエータの開発と内視鏡誘導への応用”,フルードパワーシステム,Vol. 45,No.1,一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会,東京,pp. 16-19,2014.1.15.
脇元修一;“日本機械学会2013年度年次大会におけるフルードパワー技術研究”,フルードパワーシステム,Vol. 45,No.1,一般社団法人 日本フルードパワーシステム学会,東京,pp. 32-33,2014.1.15.
脇元修一;“空気圧ソフトアクチュエータの概要と開発事例”,自動化推進,Vol.43,No.1,特定非営利活動法人 自動化推進協会,東京,p. 9,2014.2.1.
神田岳文,山口大介;“圧電単結晶基盤を用いた極低温用超音波モータ”,超音波テクノ,Vol. 26,No.2,日本工業出版,東京,pp. 44-47,2014.4.1.
神田岳文;“極低温下で動作する超音波モータ”,超音波テクノ,Vol. 26,No.2,日本工業出版,東京,pp. 76-79,2014.4.1.
鈴森康一,脇元修一;“X線検査用腹部圧迫アクチュエータの開発”,機素潤滑設計部門ニュースレター,No.33,一般社団法人 日本機械学会,東京,pp.2-3,2014.6.
神田岳文;“マイクロ流路と超音波振動を利用したエマルション生成デバイス”,ケミカル・エンジニヤリング,Vol.60,No.2,化学工業社,神奈川,pp.142-147,2015.2.1.
脇元修一;“表面改質技術により実現する小型空圧ソフトアクチュエータ”,油空圧技術,Vol. 54,No.6,日本工業出版,東京,pp.36-40,2015.6.1.
山口大介,神田岳文;“特殊環境下用超音波モータの開発”,超音波テクノ,Vol.27,No.5,日本工業出版,東京,pp.10-12,2015.10.1.
門田充司,脇元修一;“農業ロボットの収穫機構用アクチュエータ”,日本ロボット学会誌,Vol.33,No.9,一般社団法人 日本ロボット学会,東京,pp.680-683,2015.11.15.
脇元修一;“空気圧駆動細径人工筋の基礎特性と応用例”,加工技術,Vol.51,No.12,繊維社,大阪,pp.35-40,2016.12.10

その他の記事


著者氏名; “題名”, 掲載誌, 巻数, 号数, ページ数(pp. 1- 2),発行年月
鈴森康一;“次世代アクチュエータと新機能システムの世界”,精密工学会誌,Vol.70 No.1, pp.53-54, 2004年1月
鈴森康一;“ロボット学会協力企画名物研究者から未来の研究者へのメッセージ 第22回”,ロボコンマガジン2005.4,No.39,pp.62-64,2005年4月15日
鈴森康一;“レスキューロボット最前線”,ロボコンマガジン2006.8,No.47,p.8,2006年8月16日
神田岳文;研究室紹介,超音波TECNO,Vol.18 No.6,2006年11月
神田岳文;近況 岡山大学システム構成学研究室にて,大樹 (東京大学工学部造兵精密同窓会誌),No.52,pp.91-94,2006年12月
鈴森康一;“1.3.3 JABEEの総括と今後の取り組み 旧システム工学科”,岡山大学工学部 平成23年度教育年報,pp.13-14,2012年
Ahmad Athif Mohd Faudzi;“インテリジェント・メカトロニクスの国際会議”,ANNUAL REPORT OF THE OKAYAMA FOUNDATION FOR SCIENCE AND TECHNOLOGY No.21 2012年報,p.96,2012年10月
廣岡大祐;“インテリジェント・メカトロニクスの国際会議”,ANNUAL REPORT OF THE OKAYAMA FOUNDATION FOR SCIENCE AND TECHNOLOGY No.21 2012年報,p.97,2012年10月
鈴森康一;“システム工学科の近況”,岡山大学工学部同窓会報,第22号,pp. 12-13,2010.11.1

その他の記事(WEB内)


会社名,題目,紹介内容,WEBアドレス,日時
第15回モーション・エンジニアリング展レポート,枕をひねる・引っ張るなどの力を検出できる力覚提示装置の紹介,http://www.kumikomi.net/ ,(2006-4)
IRS、ロボット装備レスキュー部隊「IRS-U」の想定訓練を公開,立川訓練場にて実施された「レスキューロボット実証実験及び想定訓練」のデモの様子を写真と動画で紹介,http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0424/irs.htm,(2006.4.23)
ロボットを携えた“国際救助隊”「IRS-U」の訓練に密着,IRSが実施した、立川訓練場での「レスキューロボット実証実験・想定訓練」を紹介,http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/27/news043.htmlhttp://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/06/27/60.html,(2006.6.27)
災害用救助ロボットの展示会開催 神戸国際展示場,災害現場で被災者の捜索や救助を手伝う「レスキューロボット」の展示会を紹介,http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200611230017.html,(2006.11.23)
IRSによるレスキューロボットデモ公開,明治安田生命ビルにて5年間の研究成果を披露 http://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/22/313.html,(2006.12.21)
政府インターネットテレビ61ch Cool Japan,The Japan Journal:Rescue Robots,http://nettv.gov-online.go.jp/channel.html?c=61,(2006.12.21)
震災時被災者救助にカッターロボット開発 岡山大鈴森教授,阪神大震災から12年 救助補助ロボットの研究に取り組んできたhttp://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/01/17/2007011708335798000.html,(2007.1.17)
ロボットの要素部品が目白押し!~「TECHNO-FRONTIER 2007」展示会レポートhttp://robot.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/04/23/458.html, (2007.4.23)
アクチュエータに関する教育研究にMDX-650を活用。ローランド ディー.ジー.ホームページ内最新投入事例 http://www.rolanddg.co.jp/3d_education/index.html, (2007.6)
災害救助ロボ研究活発 国のプロジェクト参加 県内大学,高専 火中でも活動遠隔から情報収集 実用化へ意欲 http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2007/08/01/2007080109391237008.html,(2007.8.1)
山陽新聞WEB NEWS,自走式内視鏡開発へ 岡山大大学院グループ,内視鏡に巻き付けたゴムが膨張と収縮を繰り返しながら大腸内を“自走”する機器の開発が目標http://www.sanyo.oni.co.jp/sanyonews/2008/03/24/2008032415333263003.html,(2008.3.24)
DIGITIZED INFORMATION, INC. DIGINFO DAILY VIDEO NEWS FROM JAPAN,岡山大学 鈴森研究室 - アクティブマイクロリアクターシステム2,セミコン・ジャパン 2008においてマイクロリアクターシステムを出展 化学プラントの小型化をコンセプト http://www.diginfo.tv/2008/12/10/08-0641-r-jp.php(日本語版)(2008.12.10)
OKAYAMA UNIV.e-Bulletin, Reseach Highlights, Piezoelectric actuator for cryogenic temperaturehttp://www.okayama-u.ac.jp/user/kouhou/ebulletin/research_highlights/vol2/highlights_004.html,(2013.1)
OKAYAMA UNIV.e-Bulletin, Topics, Letters from alumni, Ir.Dr.Ahmad‘Athif Mohd Faudzihttp://www.okayama-u.ac.jp/user/kouhou/ebulletin/topics/vol8/letters.html(2014.9.30)

招待講演

鈴森康一,マイクロアクチュエータの設計と開発動向,技術情報協会主催,2002.4
鈴森康一,ニューアクチュエータとその応用,(財)中国技術振興センター主催 革新的ものづくり研究会,2003.5
鈴森康一,ニューアクチュエータの研究開発動向,機素潤滑設計部門企画 実用段階に入った小型ニューアクチュエータ,2003.6
鈴森康一,マイクロニューアクチュエータと機能性材料,第24回マイクロマテリアル部門委員会講演会,2003.7
鈴森康一,次世代アクチュエータの現状と展望,日本機械学会 2003年度年次大会,2003.8
鈴森康一,ニューアクチュエータの開発とその応用-マイクロアクチュエータからメガアクチュエータまで-,第16回「電磁力関連のダイナミクス」シンポジウム,2004.6
Koichi SUZUMORI,New Actuators and Their Applications --From Nano Actuators to Mega Actuators--, 004 International Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science, 2004.11
神田岳文,マイクロアクチュエータからパワーアクチュエータまで,計測自動制御学会四国支部主催講演会,2004.11
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.05-45「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,2005.6.9
鈴森康一,ナノアクチュエータからメガアクチュエータ,フルードパワーシステム特別研修会,第76回スモールエンジン技術、アクチュエータ開発&弁の可視化技術,2005.9
鈴森康一,小型/マイクロアクチュエータの研究開発と応用技術情報協会セミナー,2005.9
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.06-44「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,2006.7
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.06-45「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,2006.7
鈴森康一,小型ニューアクチュエータの設計と応用,技術情報協会セミナー「小型/マイクロアクチュエータの最適設計と駆動・制御方法および使用技術」,2006.8
鈴森康一,小型メカトロニクス用ニューアクチュエータ日本機械学会 2006年度年次大会,2006.9
鈴森康一,小型アクチュエータの開発とメカトロニクスシステムへの応用,(株)日本テクノセンター セミナー「次世代アクチュエータの開発とその応用および今後の展望」,Ⅳ,東京・西新宿,2007.1.17~18,2007.1.18
鈴森康一,小型/マイクロアクチュエータの最適構造設計と実践的活用手法,技術情報協会セミナー,東京・港区 機械振興会館,2007.3.20
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.07-30「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,2007.6
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.07-31「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,2007.6
鈴森康一,小型/マイクロアクチュエータの最適構造設計と実践的活用法および開発動向,技術情報協会セミナー,東京・王子 北とぴあ,2007.7.31
鈴森康一,レスキューロボットで何ができるか,平成19年度岡山大学工学部公開講座「レスキューロボットの世界へようこそ」-見て・触れて・体験して-,2007.8
鈴森康一,医用応用を目指した小型アクチュエータ,平成19年電気学会産業応用部門大会,3-S6-2,大阪,pp.III-37-III-40 ,2007.8.20~22,2007.8.21
Koichi Suzumori,New Actuators and their Applications - from Micro to Mega, International Symposium on Machine Tools & Manufacturing Technology (ISMT2007), 7, KAIST, pp.117-152, 2007.10.25~26, 2007.10.25
鈴森康一,メガからマイクロまでの新型流体アクチュエータ,平成19年秋季フルードパワーシステム講演会,基調講演1,霧島市役所 (鹿児島県霧島市),pp.1-7,2007.11.15~16,2007.11.15
鈴森康一,新しい空圧アクチュエータの開発と応用,第22回 フルードパワー国際見本市,東京都江東区,2008.4.22~25,2008.4.24
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.08-26「ブレークスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,9,アクトシティ浜松研修交流センター (浜松市),2008.5.29
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.08-27「ブレークスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,8,名古屋大学 (名古屋市),2008.5.30
鈴森康一,マイクロ反応プロセス構築のためのアクティブマイクロリアクターの開発 ‐岡山都市エリア産官学連携促進事業の紹介‐,近畿化学協会フロー・マイクロ合成研究会 第20回 公開講演会‐東京講演会‐,2,化学会館 (東京都千代田区),2009.1.16
鈴森康一,マイクロアクチュエータの応用事例,日本機械学会 No.09-44「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」特別講演会,6,福岡国際会議場 (福岡市),2009.5.24
鈴森康一,ソフトマイクロメカニズム,2009年度精密工学会秋季大会学術講演会,F01,神戸大学大学院工学研究科 (神戸市),pp.369-370,2009.9.10~12,2009.9.10
鈴森康一,スマートアクチュエータの最前線,日本機械学会2009年度年次大会講演資料集,Vol.9,F1101(6),岩手大学 (盛岡市),pp.220-221,2009.9.13~16,2009.9.14
鈴森康一,新しい空圧アクチュエータ,日本機械学会 No.09-112「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,6,東京大学 本郷キャンパス工学部14号館 (東京都),pp. 39-44,2009.11.18
神田岳文,マイクロアクチュエータとマイクロ流体システム,計測自動制御学会四国支部講演会,高知工科大学 (高知県香美市),2010.1.8
鈴森康一,アクチュエータ工学の紹介と医歯工学への適用,第5回 岡山大学いちょう並木研究サロン,岡山大学 図書館鹿田分室 (岡山市),2010.1.19
鈴森康一,ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ,2009年度岡山理科大学社会連携研究推進事業-地域社会とのコラボレーションによるQOL(生活の質)の向上の一体的アプローチ-,2,岡山理科大学社会連携研究センター (岡山市北区),2010.3.9
鈴森康一,顎顔面補綴物に機能を?-医歯工学を加速するアクチュエータ工学-,第27回 日本顎顔面補綴学会学術大会,岡山大学創立50周年記念館 (岡山市),p.17,2010.6.18~19,2010.6.18
鈴森康一,新しい流体アクチュエータ,日本機械学会 No.10-38「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,名古屋大学 野依記念学術交流館 (名古屋市),pp.37-42,2010.6.21
鈴森康一,新しい流体アクチュエータ,日本機械学会 No.10-39「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ」講習会,産業技術総合研究所 関西センター (大阪府池田市),pp.33-38,2010.6.22
鈴森康一,インテリジェント空圧アクチュエータによる分布型ヒューマンマシンインタフェイス,日本機械学会 2010年度年次大会,名古屋工業大学 (愛知県名古屋市),pp.365-367,2010.9.8
鈴森康一,アクティブマイクロリアクタ,化学工学会 第42回秋季大会,同志社大学 今出川キャンパス (京都府京都市),pp.320-321,2010.9.8
鈴森康一,次世代アクチュエータ,中国地域国立大学法人5大学イチ押しビジネス交流会,キャンパス・イノベーションセンター東京 (東京都港区芝浦),2010.9.17
鈴森康一,高張力水圧マッキベン人工筋の開発とその応用,JFPS第6回水圧駆動システムの有効利用に関する研究委員会,芝浦工業大学 (東京都港区芝浦),2010.11.16
神田岳文,超音波トランスデューサを用いたエマルション生成システム,スマート・アクチュエータ/センサ委員会第91回定例会,キャンパス・イノベーションセンター (東京都港区芝浦),2011.9.13
鈴森康一,新型アクチュエータの研究開発動向,株式会社R&D支援センター アクチュエータ【大阪開催】セミナー,大阪中央会館 (大阪市中央区),2011.10.4
神田岳文,マイクロ圧電アクチュエータの特殊環境応用,日本機械学会 No.11-119 講習会「実用化が近い新原理アクチュエータ」,ままかりフォーラム (岡山県岡山市),2011.12.22
鈴森康一,多様なアクチュエータの開発と展望,自動変速機と流体制御シンポジウム,横浜国立大学(神奈川県横浜市),2012.2.22
鈴森康一,ロボットとアクチュエータ、ロボットと生き物,香川県産業技術センター3階研修室(香川県高松市),2012.7.24
Koichi Suzumori,Why do robots resemble creatures ?, Public Talk on Mechatronics and Robotics, Universiti Teknologi Malaysia (Johor Bahru, Malaysia), 2012.11.23
Takefumi Kanda,Piezoelectric actuators and their applications, Public Talk on Mechatronics and Robotics, Universiti Teknologi Malaysia (Johor Bahru, Malaysia), 2012.11.23
神田岳文;“超音波モータの特殊環境応用”,超音波モータ連絡会第50回総会講演会,株式会社フコク新都心事務所(埼玉県さいたま市),2013.4.5.
鈴森康一;“ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか”,第1回 まちなかキャンパス やさしく語り合う科学の世界,まちなかキャンパス城下ステーション(岡山市),2013.8.28.
Koichi Suzumori;“Why do robots resemble creatures?”,The 17th International Conference On Mechatronics Technology,Ramada Plaza Jeju Hotel(Jeju Island,Korea),pp.16-17,2013.10.15~18,2013.10.16.
鈴森康一;“生物に似てしまうロボットとアクチュエータ”,第22回ポリマー材料フォーラム,タワーホール船堀(東京都江戸川区),2013.11.28.
鈴森康一;“未来を創るニューアクチュエータ”,平成25年度計測自動制御学会四国支部学術講演会 特別講演,香川大学工学部(香川県高松市),2013.11.29.
脇元修一;“医療応用を目指した空気圧ソフトアクチュエータ”,日本機械学会2014年度年次大会,F112006,東京電機大学 東京千住キャンパス(東京都足立区),pp. F112006(1)-(4),2014.9.7~10,2014.9.10.
神田岳文;“マイクロ圧電アクチュエータとその応用”,第36回岡山振動音響技術懇談会,岡山大学(岡山県岡山市),2015.4.17,2015.4.17.
脇元修一;“胃X線検査用腹部圧迫メカニズム”,平成27年度 第1回 医療福祉機器技術事業化交流会,ホテルセンチュリー21広島(広島市南区),2015.7.28,2015.7.28.
山﨑謙治;“電子ビーム描画を用いた3次元ナノ構造形成技術”岡山大学第11回アクチュエータシンポジウム,岡山大学(岡山県岡山市),2015.12.14,2015.12.14.
脇元修一;“空気圧ソフトアクチュエータ”,公益社団法人高分子学会 高分子同友会 勉強会,薬業年金会館(大阪市中央区),2016.5.10
Takefumi Kanda; “Production of Nanoemulsion using a Microchannel Device Oscillated by Piezoelectric Transducer”, IEEE 16th International Conference on Nanotechnology (NANO 2016),Sendai International Center(Sendai),pp.718-719,2016.8.25
Takefumi Kanda; “An emulsification system using a microchannel and a piezoelectric transducer”, 5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan, Hilton Hawaii Village Waikiki Resort (Honolulu, Hawaii), pp.3149,2016.11.30

展示会

震災復興10年プレイベント ロボット×レスキュー2004,三宮・神戸サンボーホール,2004.8
国際防災会議 (世界防災展),神戸国際展示場,2005.1.18~22
テクノフロンティア 2005,幕張メッセ,2005.4.20~22
第16回マイクロマシン展,科学技術館,2005.11.9~11
セミコン・ジャパン 2005,幕張メッセ,2005.12.7~9
第10回岡山リサーチパーク研究・展示発表会,テクノサポート岡山,2006.1
テクノフロンティア 2006,幕張メッセ,2006.4
第19回国土建設フェア,広島グリーンアリーナ,2006.9
テクノフロンティア 2007,幕張メッセ,2007.4
第18回マイクロマシン/MEMS展,東京ビックサイト,2007.7
セミコン・ジャパン 2007,幕張メッセ,2007.12
テクノフロンティア 2008,幕張メッセ,2008.4.16~18
消防防災ロボット・高度な資機材等の研究開発,実用事例展示,総務省消防庁消防大学校消防研究センター,2008.6.27
第19回マイクロマシン/MEMS展,東京ビッグサイト,2008.7.30~8.1
セミコン・ジャパン 2008,幕張メッセ,2008.12.3~5
「ブレイクスルーを生み出す次世代アクチュエータ研究」第5回公開シンポジウム,東京大学武田先端知ビル武田ホール,2008.12.8~9
彩の国ビジネスアリーナ2009,さいたまスーパーアリーナ,2009.1.27~28
テクノフロンティア 2009,幕張メッセ,2009.4.15~17
第20回マイクロマシン/MEMS展,東京ビッグサイト,2009.7.29~31
セミコン・ジャパン 2009,幕張メッセ,2009.12.2~4
11th International Conference on Microreaction Technology (IMRET 11), Kyoto Research Park, 2010.3.8~10
テクノフロンティア 2010,東京ビッグサイト,2010.07.21~23
第21回マイクロマシン展/MEMS展,東京ビッグサイト,2010.07.28~30
第15回岡山リサーチパーク研究・展示発表会,テクノサポート岡山,2010.08.31
セミコン・ジャパン 2010,幕張メッセ,2010.12.1~3
第22回マイクロマシン/MEMS展,東京ビッグサイト,2011.7.13~15
テクノフロンティア 2011,東京ビッグサイト,2011.7.20~22
テクノフロンティア 2012,東京ビッグサイト,2012.7.11~13
第23回マイクロマシン/MEMS展,東京ビッグサイト,2012.07.11~1
おもしろ体験でぇー,岡山リサーチパーク内 テクノサポート岡山1F,2012.07.20~2
岡山大学知恵の見本市2012,岡山大学創立五十周年記念館,2012.11.2
ナノ・マイクロ ビジネス展・ROBOTECH 2013,東京ビッグサイト,2013.7.3~5
テクノフロンティア2013,東京ビッグサイト,2013.7.17~19
ナノ・マイクロビジネス展/ROBOTECH2014,パシフィコ横浜,2014.4.23~25
テクノ・フロンティア2014,東京ビッグサイト,2014.7.23~25
岡山大学知恵の見本市2014,岡山大学創立五十周年記念館,2014.11.14.
中央西日本 メディカル・イノベーション2015,岡山大学鹿田キャンパスFukutake Hall(岡山県岡山市),2015.2.17~18
テクノ・フロンティア2015,幕張メッセ,2015.5.20~22
岡山大学知恵の見本市,岡山大学創立五十周年記念館,2015.12.4.
第20回 岡山リサーチパーク研究・展示発表会,テクノサポート岡山(岡山市北区),2016.3.18
テクノ・フロンティア2016,幕張メッセ,2016.4.20~22
サイエンス実感フェア2016,岡山高島屋(岡山市北区),2016.8.20~22
岡山大学知恵の見本市,岡山大学創立五十周年記念館(岡山市北区),2016.11.11
第12回中四国放射医療技術フォーラム(CSFRT 2016),島根県民会館(島根県松江市),2016.11.19~20

新聞・テレビ


報道機関名,番組名,日付,題目,内容
読売新聞,2005.1.17,ジャッキアップロボット
山陽新聞,2005.1.18,ジャッキアップロボット
文教ニュース,2005.2.21,「清木国立大学法人支援課長らが岡山大学を視察」
大学新聞,2005.2.25,ジャッキアップロボット
神戸新聞,2005.6.11,アドバンストカッター
読売新聞,2005.6.22,災害救助ロボット
日経産業新聞,2005.9.5,魚ロボット
日本経済新聞社,2006.3.14,マイクロリアクター
日本経済新聞社,2006.4.16,合体・変形ロボット(レスキューロボ)
日刊工業新聞社,2006.4.25,ジャッキアップロボット
日経産業新聞社,2006.10.5,ロボットを使った救助訓錬
日本経済新聞社,2006.10.17,岡山TLO製造技術移転
山陽新聞社,2006.10.17,岡山TLO、協和ファインテックに技術移転
週刊Vision岡山,2006.10.23,岡山TLO、岡山大の6件を協和ファインテックに移転
日刊工業新聞,2006.11.21,朝日新聞・神戸新聞・産経新聞,2006.11.24,レスキューロボのデモンストレーション(神戸国際展示場)
よみうりテレビ・日テレNEWS24,2006.11.23,救助ロボット大集合(神戸国際展示場)
山陽新聞,2007.1.1,世界に誇る新製品を,マイクロリアクターのバルブ
山陽新聞,2007.1.17,阪神大震災から12年,カッターロボット開発
岡山日日新聞,2007.2.23,ミクロ世界の化学工場,アクティブマイクロリアクター
山陽新聞,2007.8.1,「災害救助ロボ研究活発」,カッターロボ・ジャッキアップロボ
テレビせとうち,せとうちLife & Biz,2008.1.12,けいざい最前線 開発進む“岡山発”災害対策グッズ.
日本経済新聞,2008.2.9,「化学反応装置の開発報告」,産学官「マイクロリアクター」開発事業の研究成果報告会
山陽新聞,2008.2.9,「超小型化学プラント商品化へ新組織を設立」,産学官連携 超小型化学プラント・マイクロリアクターを研究する事業の最終報告会
山陽新聞,2008.3.11,「桑田さんら仁科賞」,小型ロボットなどに使える高性能モーターを開発
山陽新聞,2008.3.19,「仁科賞授与」,県内の優れた理工系大学院修了予定者(桑田さんら)をたたえる
中国新聞,2008.3.19,「仁科賞に院生4人」,福山出身の桑田さん 高性能モーター開発 マイクロプロセッサなど内蔵
山陽新聞,2008.3.24,「自走式内視鏡開発へ」,大腸がん検査特殊ゴム「バブラアクチュエータ」応用
日刊工業新聞,2008.7.7,「研究開発最前線 アクチュエーター研究 マシン・システム開発に取り組む」,インターフェース「アクティブ多面体」研究
岡山日日新聞,2008.10.9,「岡山TLO成果上々 協和ファインテック 7件移転 新分野進出」,発明したマイクロリアクターなど6件の発明の技術移転契約
NHKテレビ,ニュースコア6,2009.2.24,大腸検査助ける"いもむし"内視鏡
(社)日本フルードパワー工業会,機関誌「フルードパワー」2009,Vol.23 No.3,2009.7.15,「ルポルタージュ〈企業サイドから見た油空圧研究室訪問〉第40回 岡山大学大学院 自然科学研究科 産業創成工学専攻 鈴森研究室」,フルードパワーとの出会い,「柔らかい機械」「ロボティクス」「メカトロ」の分野の研究
NHKテレビ,連続テレビ小説 ウェルかめ,2009.11.6,ロボット指導 鈴森康一
NHKテレビ,WORLD TV J-TECH,2009.12.10~11,Rubber that supports the world's windows-Takechi Co. Ltd.-,岡山大学と協力 エア・アクチュエータを用いた自走式大腸内視鏡
山陽新聞,2009.12.27,「岡山大学創立60周年 新たな知への挑戦~異分野融合・先端研究~」,アクチュエータ研究センター 産学連携進め実用化 福祉ロボットやハイブリッドカーに
NHKテレビ,連続テレビ小説 ウェルかめ,2010.2.8~2.13 2.22~2.27,ロボット指導 鈴森康一
朝日新聞,2010.5.26,「岡山大学の真価」深化 異分野融合で拓く多彩な先端研究 アクチュエータ研究センター
山陽新聞,2012.5.29,エックス線検査 腹部圧迫バッグ開発 胃壁撮影より鮮明に 岡山大学大学院・鈴森教授ら
TBSラジオ(RSK山陽放送),夢★夢Engine!,2012.6.9,なぜか生き物に似てしまうロボットがいる!という研究をする、ロボット工学者の鈴森康一さん
四国新聞,2012.7.25,ロボット分野で参入可能性探る 次世代ものづくり研
ロボコンマガジン2012年9月号p.104,2012.8.11,ブックレビューのページに、著書「ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか」の紹介記事が掲載
ORIX Rentec News,VOL.94 2012 p.3,2012.10,「3分でわかる!ベストセラー」のページに「ロボットはなぜ生き物に似てしまうのか」の紹介記事が掲載
RSKラジオ,「おかやま朝まるステーション1494」,2013.3.13,山陽電子工業プレゼンツ「技術の森―岡山の先進先端技術―」にゲスト出演
山陽新聞,2013.8.1,(1面)「世界最小の人工筋肉」直径3ミリ 池田製紐所、岡山大、サムスン開発
山陽新聞,2013.8.1,(7面)「池田製紐所など世界最小の人工筋肉」開発に組みひも技術 ゴム製チューブ管高強度繊維で包む 量産化へ道開く
日刊工業新聞,2013.12.19,ネイチャー・インダストリー・アワード表彰について
日刊工業新聞,2014.1.16,「キャンパスベンチャーグランプリ」・「第12回CVG中国」で奨励賞=熱中症防止の多機能バンド(岡山大学大学院・尾崎直人)
山陽新聞,2014.1.17,「キャンパスベンチャーGP中国」・「第12回キャンパスベンチャーグランプリ中国」(中国経済連合会などでつくる実行委主催)で【奨励賞】尾崎直人、岩村匡宏、森航太=熱中症防止の多機能バンド
日刊工業新聞 第12回CVG中国特集 第2部,2014.1.28,「第12回 学生によるビジネスアイデア提案コンテスト」「キャンパスベンチャーグランプリ中国」で奨励賞 熱中症防止の多機能バンド 岡山大学大学院 尾崎直人、岩村匡宏、森航太
Osera,陽春号 No.068,2014.2.25,pp.76-77,「大学研究室訪問」に研究室の紹介記事が掲載
日本経済新聞 夕刊(1面),2014.3.7,岡山大、サムスンなどと 直径1.2ミリの人工筋肉
日本経済新聞,2014.3.8,直径1.2ミリ 介護ロボ向け人工筋肉 岡山大が事業化 年内にもベンチャー,おかやま信金が第1回助成決定 池田製紐所
山陽新聞,2014.3.8,おかやま信金 新規事業、ベンチャー支援 県内11社に助成金 池田製紐所
山陽新聞,2014.3.12,仁科賞 山口さん(岡山大大学院)ら 4人に18日、県庁で授与,氷点下268度の極低温でも駆動する高回転の超音波モーターを開発
産経新聞,2014.3.14,「仁科賞」に山口さんら4人 18日授与式
山陽新聞,2014.3.19,山口さんらに賞状 県庁で仁科賞授与式
朝日新聞,2014.3.28,岡山大院生ら仁科賞に4人 顕彰会が表彰
RSKテレビ,2014.4.3,RSKイブニングニュース,伝統産業が最先端技術とコラボ
NHKテレビ,2014.4.30,岡山ニュース もぎたて!,おかビズ!,人工筋肉
日経産業新聞,2015.9.10,空気で動くシート状装置 チューブ型人口筋肉を活用 パワー度スーツやロボに
日経産業新聞,2015.9.25,人工筋肉 組みひもの技 チューブとの二重構造 人の3~5倍の力
BS-TBS,未来の起源,2016.1.3
日本経済新聞,2016.1.18,「軟体動物ロボ」脚光 中央大 配管検査にミミズ型・岡山大学 タコの腕をまねたロボットアームを開発.
OHK,みんなのニュース,2016.1.29,高齢化社会に救世主 最新“ロボット”事情
日刊工業新聞,2016.5.24,人工筋肉製販でVB 東工大と岡山大 介護向け利用見込む
山陽新聞,2016.6.10,岡山大、東工大発ベンチャー 最細の人工筋肉販売 来月 介護スーツ、産業ロボ用

特許


発明者;“名称”,出願番号等,出願年月日.

受賞関係


受賞者,”題目”,受賞学会,受賞名,受賞年月日
神田岳文,“微細加工による直径0.8mmの円筒型圧電素子を用いたマイクロ超音波モータ”,社団法人日本ロボット学会2003年9月第21回日本ロボット学会学術講演会 研究奨励賞,2004.9.16
神田岳文,“バルク加工による円筒型圧電振動子を用いたマイクロ超音波モータの特性評価-第2報 駆動トルクの評価-”,社団法人精密工学会2005年度精密工学会春季大会学術講演会 ベストプレゼンテーション賞,2005.3.18
鈴森康一,“Thin Rubber-tube Pneumatic Actuator to Assist Colonoscope Insertion”,社団法人日本機械学会機素潤滑設計部門 2006年度部門講演会 優秀講演,2006.5
鈴森康一,社団法人日本機械学会フェロー,2006.9
鈴森康一,日本AEM学会著作賞受賞,2006.11
Akina Kuwada, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori and Yudai Adomi,“Automatic Pipe Negotiation Control for snake-like Robot”, 2008 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics, Best Student Paper Finalist, July 2-5, 2008
鈴森康一,“瓦礫内探査と人命救助作業のための高性能資機材群”,特定非営利活動法人 国際レスキューシステム研究機構,消防防災ロボット・高度な資機材等の研究開発、実用事例展示 特別賞,2008.6.27
脇元修一,小倉慶子,鈴森康一,西岡靖貴,“大湾曲ラバーアクチュエータのマイクロ化に関する研究-第1報:蛇腹構造の最適化とマイクロラバーモールドプロセスの確立-”,第9回(社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会,SI2008優秀講演賞,2008.12.7
古澤宏明,“螺旋状層流界面形成マイクロロータリーリアクタ”,社団法人日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス部門 ロボティクス:メカトロニクス講演会2008,ベストプレゼンテーション表彰,2009.5.25
鈴森康一,当部門および機械工学・工業の発展に多大の貢献,日本機械学会機素潤滑設計部門 功績賞,2009.6.25
盛真唯子,“高強力PBO繊維を用いた水圧McKibben型人工筋の特性評価”,社団法人日本フルードパワーシステム学会,平成20年度春季フルードパワーシステム講演会 最優秀講演賞,2009.6.25
斉藤文孝,“Micro Rubber Structure Realizing Multi-Legged Passive Walking -Integration and Miniaturization by Micro Rubber Molding Process-”,2009 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter Young Award,2009.10.12
西岡靖貴,“A New Control Method Utilizing Multiplex Air Vibration for Multi-DOF Pneumatic Mechatronics Systems”,The 2010 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems,IEEE Robotics and Automation Society Japan Chapter Young Award,2010.10.19
Daisuke Hirooka,“Continuous Air Control Using Particle Excitation Valve”,2011 IEEE/ASME International Conference on Advanced Intelligent Mechatronics,Finalist in the Best Student Paper Award ,2011.7.4
尾崎健,“大腸内視鏡誘導ラバーアクチュエータの新断面形状の導出と基礎実験”,2010年9月第28回ロボット学会学術講演会,研究奨励賞,2011.9.8
三宅正樹,“扁平電磁ニューテーションモータの開発(第1報:基本構造と制御方法)”,2010年9月第28回ロボット学会学術講演会,研究奨励賞,2011.9.8
三宅正樹,“扁平電磁ワブルモータの開発-第1報:基本モデルの試作と評価実験-”日本機械学会,若手優秀講演フェロー賞,2012.5.28
山口大介,“PMN-PT単結晶を用いた超音波モータの極低温環境における特性評価”,2012年度精密工学会春季大会学術講演会,ベストプレゼンテーション賞,2012.3.16
沖和広,熊崎洋平,八木くるみ,脇元修一,山本陽太,鈴森康一,皆木省吾,“咬合調整時の使用を目的とした歯面吸着型咬合音検出装置の開発”,平成24年度日本医用歯科機器学会 第22回研究発表大会,道具大賞銀賞,2012.7.28-29
和田晃,“腸壁負荷計測ファントムを用いた剛性変化大腸内視鏡の最適駆動パターンに関する実験的検討”,日本機械学会,機素潤滑設計部門第18回卒業研究コンテスト優秀発表,2012.9.10
脇元修一,“空圧駆動柔軟デバイスを用いた可変剛性型大腸内視鏡の開発”,日本ロボット学会,2011年9月第29回日本ロボット学会学術講演会研究奨励賞,2012.9.19
山口大介,“-268℃で駆動する極低温用超音波モータの開発”,2012年度岡山大学大学院自然科学研究科高大連携事業の研究紹介 ポスター発表の部 優秀賞,2012.7.31
山口大介,2012年度精密工学会春季大会学術講演会においてベストプレゼンテーション賞を授与されたことを称え表彰,岡山大学長,2012.10.24
山口大介,“極低温領域におけるPMN-PT単結晶と超音波モータの温度特性の評価”,第33回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム,超音波シンポジウム奨励賞,2012.11.14
Yoshiro Kawakami, Nobuhiro Kadowaki, Koichi Suzumori, Yusaku Sakata, “Development of Micro Sliding Valve for Micro Chemical Reactors and Its Application to Micro Beaker Process”, Mechatronics and Machine Vision in Practice (M2VIP2012), best paper in Mechatronics, 2012.11
川上佳朗;第19回メカトロニクス・マシンビジョン国際会議においてメカトロニクス・ベストペーパー賞を授与されたことをたたえ表彰,岡山大学長,2013.3.8.
山口大介;第32回超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウムにおいて超音波シンポジウム奨励賞を授与されたことをたたえ表彰,岡山大学長,2013.3.8.
木山雄介;平成24年度岡山大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了者の中で学業および人物がともに優れている,岡山大学大学院自然科学研究科長,大学院自然科学研究科長賞,2013.3.25.
山口大介;平成24年度岡山大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了者の中で学業および人物がともに優れている,岡山大学大学院自然科学研究科長,大学院自然科学研究科長賞,2013.3.25.
和田晃;“可逆化学反応現象を利用したガス圧制御システムの開発-第1報;水の分解/合成を利用した試作実験-”,日本機械学会,日本機械学会若手優秀講演フェロー賞,2013.5.23.
永瀬純也,佐藤俊之,脇元修一,嵯峨宣彦,鈴森康一“柔軟ゴムデバイスを用いた空気圧剛性可変フィンガの予測機能制御”,公益財団法人 油空圧機器技術振興財団,2013.6.14.
Masayuki Takaoka;“Fabrication of Thin McKibben Artificial Muscles with Various Design Parameters and Their Experimental Evaluations”,International Conference on Manufacturing, Design and Tribology 2013,Best Paper Award,2013.7.5.
鈴森康一,一般社団法人日本ロボット学会 日本ロボット学会 フェロー受賞,2013.9.5.
尾崎直人;“ハウス圃場内全方向移動機構の実験的検証”,日本機械学会,機素潤滑設計部門 第19回卒業研究コンテスト優秀発表,2013.9.9.
野口祐也;“極低温用超音波モータに発生する熱応力低減に関する研究”,日本機械学会,機素潤滑設計部門 第19回卒業研究コンテスト優秀発表,2013.9.9.
和田晃;日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2012において日本機械学会若手優秀講演フェロー賞を授与されたことを称え表彰,岡山大学長,2013.10.23.
髙岡真幸; ICMDT 2013において最優秀論文賞を授与されたことを称え表彰,岡山大学長,2013.10.23.
脇元修一;「自然の叡智」を産業技術へ応用することを目指した研究において優れたポスター発表ならびにショートプレゼンテーションが行われた,一般社団法人大阪科学技術センター,第二回ネイチャー・インダストリー・アワード特別賞,2013.11.20.
尾崎直人、岩村匡宏、森航太;ビジネスアイデアは第十二回キャンパスベンチャーグランプリ中国の審査会において優秀,キャンパスベンチャーグランプリ中国実行委員会,キャンパスベンチャーグランプリ中国 奨励賞,2014.1.28.
山口大介;“-268℃で駆動する極低温用超音波モータに関する研究”,仁科顕彰,仁科賞,2014.3.18.
尾崎直人;日本機械学会 機素潤滑設計部門 第19回卒業研究コンテスト 卒業研究コンテスト優秀発表,岡山大学長,2014.3.20.
野口祐也;日本機械学会 機素潤滑設計部門 第19回卒業研究コンテスト 卒業研究コンテスト優秀発表,岡山大学長,2014.3.20.
仲田好宏;学業および人物ともに優れ学生の模範,優秀学生賞,岡山大学工学部長,2014.3.25.
尾崎直人;第12回キャンパスベンチャーグランプリ中国 奨励賞,岡山大学長,2014.3.20.
下川一幸;“親水・撥水性ラバー材料を用いた液滴ハンドリングメカニズムの検討”,日本機械学会,機素潤滑設計部門第20回卒業研究コンテスト優秀発表,2014.9.8.
菱川貴雄;“形状適応性を持つ集積型マイクロ吸盤の研究”,日本機械学会,機素潤滑設計部門第20回卒業研究コンテスト優秀発表,2014.9.8.
三隅潤平;“配管内圧縮空気を利用した電力供給デバイスの開発”,日本機械学会,機素潤滑設計部門第20回卒業研究コンテスト優秀発表,2014.9.8.
下川一幸;日本機械学会 機素潤滑設計部門 第20回卒業研究コンテスト 卒業研究コンテスト優秀発表,岡山大学長,2014.10.29.
菱川貴雄;日本機械学会 機素潤滑設計部門 第20回卒業研究コンテスト 卒業研究コンテスト優秀発表,岡山大学長,2014.10.29.
三隅潤平;日本機械学会 機素潤滑設計部門 第20回卒業研究コンテスト 卒業研究コンテスト優秀発表,岡山大学長,2014.10.29.
Ryo Yoshioka, Shuichi Wakimoto, Koichi Suzumori;“Development of Pneumatic Rubber Actuator of 400μm in Diameter Generating Bi-directional Bending Motion”,2014 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics,Best Student Paper,2014.12.
大野晃寛,鈴森康一,脇元修一;“細径空圧人工筋肉を用いた能動織布の試作”,第15回門講演会,SI2014優秀講演賞,2014.12.14.
尾﨑隼人;学業および人物ともに優れ学生の模範,岡山大学工学部長,優秀学生賞,2016.3.25.
藤本望夢;学業および人物ともに優れ学生の模範,岡山大学工学部長,優秀学生賞,2016.3.25.
尾林万里江;学業成績が優秀であり他の学生の模範,岡山大学長,岡山大学学業成績優秀賞,2016.4.6.
神田岳文,廣岡大祐,山口智実,古城直道,鈴森康一;“微粒子励振型流量制御弁を用いた空気圧シリンダの速度制御”,公益財団法人 油空圧機器技術振興財団,2016.5.27.
脇元修一;“細径空気圧人工筋”,岡山大学研究推進産学官連携機構長,優秀賞,2016.11.11